結局 sell in May か?

日経平均は 22437円 252円安

東証1部の出来高は15億3,924万株、売買代金は2兆6,059億円

トランプ米政権が、輸入車に最高で25%の関税を検討していると

報じられたため貿易戦争再燃懸念で下落しました。

日経平均は

22500円で叩かれ続ける展開が続いていましたが

抜けてきたので強いとみるべきですが、

5月は上げたとしてもここからは

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言どおり

高値掴みに注意です。

・・・・としていましたが

一転 そのとおりの展開になってきました。

そしてなんと

日経が上昇していた

2018年5月第3週 2018/5 week3  ( 5/14 – 5/18 )の

投資主体別売買動向では

外人が日本株を

937億売り越しています。

海外投資家の5月に入ってからの動向では

2018年5月第1週 2018/5 week1  ( 5/1 – 5/2 )

17億買い越し

2018年5月第2週 2018/5 week2  ( 5/7 – 5/11 )

12億売り越し

と上昇局面で

外人の日本株買い越しは無いということです。

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言どおりの

外人ですが

目先の相場の動きは

貿易の問題、米朝首脳会談の問題で

下げてきています。

目先の下げ相場の最中に

外人買いはなさそうですから

今後は一旦、調整となるのかどうかです。

 

相場の上げ下げに関係なく

安定的に利益を取る

http://senman-trade.com/opin/index.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です