日経225デイトレード 8月9日 日米通商協議でポジティブサプライズはないだろ

● 日経225波動デイトレードポイント

22620円売り

22710円売り

22450円買い

22360円買い

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

22620円買い OK

22520円買い 出来ず

22780円売り +50円

22680円を上抜けそうな動きですが

目先

22620円前後をサポートとして

22780円まで到達するか

22520円のサポートまで押すか

と見ます。

としていましたが

寄付き後

キッチリ 22620円まで押してサポートされ

その後 22780円まで到達するか

としていた22780円まで到達し

高値は22790円まででした。

この手法では

寄り付き前にシステムを確認するのが

10円、20円取る方法です。

   ↓

http://225daytrade.com/archives/916

※注

確実に利益を取れるように

ロジックと詳細の説明を

確認してから使って下さい

https://1lejend.com/stepmail/k……?no=256143

● 日経平均は 22644円 18円安

東証1部の出来高は14億4,982万株、売買代金は2兆5,466億円。

米国の対中関税発動にも関わらず

中国の7月輸出が前年同月比12.2%増と6月の11.2%増と

市場予想の10%増を上回り後場は上昇。

日米通商協議を控えて様子見となりました。

アメリカが23日付で中国からの輸入品160億ドル、

279品目に25%の追加関税を課すと発表したことに対して

中国はこれに対する対抗措置で

同じく160億ドル、333品目に25%の追加関税を課すと発表しています。

日経は

目先の7月18日高値(22949円)を抜けてくるかどうかです。

      ↓

http://225daytrade.com/archives/688

そして安値は7月23日 22341円まであって

高値から 2.5%押しです。

押し目とすれば最低水準をクリアしていますがこれが

目先の押し目となるか

大きな下げにつながるか。

押し目前の高値22949円と 

押し目の22341円の間のレンジ相場が続きます

レンジの高値と安値どちらを抜けてくるかです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です