日経225先物トレード8月2日 

ここ何週間か・・



http://225daytrade.com/archives/920

寄り付き前にシステムを確認するのが

10円、20円取る方法です。



http://225daytrade.com/archives/916

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

● 日経225波動デイトレードポイント

前日の結果

http://225daytrade.com/archives/916

確実に利益を取れるように

ロジックと詳細の説明を

確認してから使って下さい

 

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

● 日経平均は 22746円 192円高

東証1部の出来高は17億6,725万株、売買代金は2兆9,652億円

米中通商交渉再開観測による米国株高に加え

日銀が現行の強力な金融緩和を続けるという見方で

円安になったことも好感されました。

FRBはFOMCで、予想通りにフェデラルファンド金利の誘導目標を

1.75─2.00%に据え置きを決定しました。

経済は強く次回9月の会合で利上げを行う軌道から外れていないという内容です。

9月、12月の利上げが予想されています。

日銀が金利上昇を一定幅で容認したことから日本国債が軟調、

10年国債が0.125%と2年半ぶりの水準になったことも影響し、

米国債の売りはアジア時間から続きました。

10年債利回りは6月以降で初めて3%を上回りました。

アメリカは中国からの輸入品2000億ドル相当に関税を課す計画について、

税率を従来予定の10%から25%に引き上げることを検討中とのこと

関税引き上げは来月にも実施されるとのことです。

一方、中国は米中の通商問題を巡る「脅迫」は中国には通用しない

米国が貿易を阻害する一段の措置を講じれば、中国は報復すると言ったばかりです。

不気味に

NY株式市場ではハイテク株が下落していましたが

一旦、止まっています。

この後の動きによっては

重大場面もあり得ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です