イタリア買い

ギリシャもユーロから出て行くなら出て行けという意見も出てきていますが、

ギリシャの財務次官は10月に資金が底をつくと言っています。

欧州連合やIMFによる支援の必要性があらためて確認されたわけですが

先週末 ドイツ出身の欧州中央銀行ECBのシュタルク専務理事が国債買い入れに反対して辞任したように

ドイツは財政悪化国救済をしたくなくて仕方ないので益々、ギリシャのデフォルトが近づいているようです。

ECBもそのときは指を咥えて見ているだけになるかもしれません。

中国によるイタリア国債買い入れへの期待が広がったことで、

ユーロ圏債務危機に対する懸念が和らぎ

昨晩のNYダウは68ドル高の11061ドル。

NYダウの下値メドは

中期下落波動が続けば9197ドルも

頭に入れておかなければならないかもしれません。

終値で11000ドル以下で引けてくると売りの形が明確になります。

・・・としていましたが、

昨晩もザラ場安値10824ドルまであり、先週末に

引け値で 11000ドルを割れてきましたので

変わらず

9197ドルの下値目処も頭に入れます。

それにしても中国の欧州買い・・

中華帝国の世界支配が進むのでしょうか・・。

中国は資金で影響力を行使するのが上手いです。

かつての日本がエコノミックアニマルといわれていたころ、

今の中国のように日本のステータス、影響力を強めるような

投資を行っていたらとおもうと残念です。

今はエコノミックアニマルどころか

アニマルスピリットを失ってしまったといわれているようですが・・。

http://www.fcfpnet.com/point8.html

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です