今日のトレードポイント6月13日 

● 日経225波動デイトレードポイント

22820円を起点に上下と見ます

 

● 日経平均は  22878円 74円高

東証1部の出来高は12億3,809万株、売買代金は2兆3,089億円

米朝首脳会談の開始前に関係改善期待で

ドル高円安となって日経平均は一時23,000円に乗せました。

米朝首脳会談は

トランプ大統領の会見を見る限り

金委員長、トランプ大統領のパフォーマンスで終わったと

感じる人が多かったのではないでしょうか。

日本の対応などはこれからの推移を見て

決めていくのだと思いますから

会談の結果に今の段階で反応できないというところです。

日経先物の動きもあまりありません。

そんなことはないとは思いますが

韓国からの米軍撤退となれば

今の韓国政権は北朝鮮と融和を勧め

韓国は更に北朝鮮寄りの姿勢となるでしょう。

北朝鮮と韓国はまとめて

中国の影響下に置かれます

その環境下で

韓国からの米軍撤退後は

太平洋に出てくる中国、ロシアから見れば

太平洋に浮かぶ不沈空母として

日本はアメリカ軍の最前線となります。

中国からの圧力が大きくなります。

押し戻せないと

アジアは全て中国の影響下になり

アメリカはアジアから撤退。

日本は中華経済圏となります。

アジアはすべて中国経済圏となって

中国西部から中央アジアを経由して

ヨーロッパにつながる一帯一路と

海洋シルクロード

ロシア – 日本(釧路港) – 中国というルートが現実になって来るかもしれません。

FOMC,ECB理事会に焦点が移ります。

引き続きビットコインは下げています。

出来高も薄くなっていますから

年末に高値掴みした人も

今は戻らないと諦めて関心が離れているとみられます。

多くのICO案件もあきらめないといけないかもしれません。

カテゴリー: 日経225先物 今日のトレード パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です