日経225 デイトレード 必勝ポイント トランプ 





● 日経225波動デイトレードポイント




前日の結果

NYダウ




S&P500は5月31日以来の大幅な下落率となりました




FRBは10年半ぶりの利下げを決定。0.25ポイント引き下げ。




一部では0,5の利下げが決定されるとの予想も出ていた。




パウエル議長はFOMC後の会見で、




一度きりとは言っていないとは言ったものの




今回の利下げが長期の利下げ局面の開始ではないという発言。




追加利下げがあるのかは不明と見られ




追加利下げ期待が後退。




日経は




前回高値21800円を超えられず




ダブルトップになって




下げています。




一旦




長い間レンジの下限だった




21450円―21440円で頭を抑えられそう




21440円売りポイント




21550円売りポイント




と見ます




としていましたが




21440円売りは失敗




21550円には20円届かずでした




ナイトでは21570円を付けて大幅下落




    ↓
オプション戦略公開 こちらから登録できます
https://1lejend.com/stepmail/k……?no=481387











::::::::::::::::::::::::::::::::::::




今日のポイント




トランプ大統領は3000億ドル相当の中国製品に対し




10%の制裁関税を課すと発表。9月1日に発動すると表明




ドル安円高




NY株式市場下落となりました。




米政府は日本と韓国に「休止協定」を検討するよう呼び掛けているという報道もありました。




輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国」から韓国を除外するというあれです。




対北朝鮮への連携の問題はあるでしょうが




日韓の通商関係が悪化すれば、両国経済がともに阻害されるだけでなく、




影響は負の連鎖とともに他に波及する恐れがあると懸念されているようです。




米中貿易戦争の方こそ




休止協定を検討すべしという感じです。




トランプ発言で市場が揺れるのは慣れましたが




景気後退懸念が現実化するこの環境では




市場の影響は大きいです。




FRBの金利引き下げ圧力は強まります




しかし、日銀は打つ手なし




NYダウよりもナイトの日経の下落の方がきつく




トランプ発言では日本市場の方がいつも影響大となります。




日経は




前回高値21800円を超えられず




詳細は↓











YOU TUBE

こちらから登録ください




    ↓
















◆routeway公式LINE@




LINEに登録すると




これは どう検証しても利益にはなります。




なぜならアービトラージ 鞘取りとは そういうものだからです。




LINEに登録して無料システム検証してみて下さい




こちらから今すぐLINEに登録する↓




     ↓
http://nav.cx/foX4EeF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です