日経225 デイトレード 必勝ポイント GOLD タンカー 無人偵察機 


● 日経225波動デイトレードポイント




前日の結果




黒田日銀総裁は




日本経済に関して緩やかに成長しているとの見方




物価2%目標へのモメンタムが維持できなければ




追加緩和を検討すると発言しています




世界の




金融は再び緩和バブルへ向かいます




弱いのは何もできない日本




長期金利をゼロ%付近に誘導するという日銀の手法




短期金利と長期国債利回り目標達成のために必要な量の国債を買い入れるこの施策には




FRBもEBCも踏み切れない状況。




世界に流通するアメリカ国債を金利誘導のため




FRBが買い入れるのは無理がある。




ECBもどの国の国債を買い入れるのか決められない。




ある意味FRBもECBもできない最終手段に日銀が手を出していることになります。




追加緩和と言っても日銀の打ち手は限られます。




レンジ下限を割れた日経ですがそれでも




NYが下がるまでは大きくも下げられないと見ます。




21450円レンジ下限が今度は




戻り売りの目標となります




21450円売り




21050円あたりまでは




レンジ割れの波動で到達ありそう




としていましたが




キッチリ




21050円到達で




一時




20960円まで付けての




21010円引けでした




    ↓
オプション戦略公開 こちらから登録できます
https://1lejend.com/stepmail/k……?no=481387














::::::::::::::::::::::::::::::::::::




今日のポイント




イランがペルシャ湾のホルムズ海峡にあるイラン領ララク島沖で




燃料を密輸しようとした外国タンカーを拿捕




米政府はイラン側にタンカーの即時解放を要求していました。




そして




トランプ米大統領は無人機が艦船に接近してきたため




米海軍の艦船がペルシャ湾のホルムズ海峡で




イランの無人偵察機を撃墜したと明らかにしました。




ゴールドレンジ抜け上昇となってます




ブリッジウォーター・アソシエーツの




レイ・ダリオは低金利と量的緩和の時代は終わりを迎える




今後は資本主義と社会主義の対立が激しさを増す時代である




混乱への対応策は金投資に限るといっています。




ゴールドは既にすごいことになっていますが




続きそうですね。




NY連銀ウィリアムズ総裁は




金利がゼロ近辺にある場合でも低インフレに対応するため




早期に刺激策を打つ必要があると発言




NY株式は小幅上昇




世界の




金融は再び緩和バブルへ向かいます




弱いのは何もできない日本

(昨日書いた通りです)




レンジ下限を割れた日経です




















YOU TUBE

こちらから登録ください




    ↓
















◆routeway公式LINE@




LINEに登録すると




2000万円を稼ぎ出した トレードシステムを無料プレゼント しています




次々とクレームが来ているいわくつきのシステムを無料プレゼント




これは どう検証しても利益にはなります。




なぜならアービトラージ 鞘取りとは そういうものだからです。




LINEに登録して無料システム検証してみて下さい




こちらから今すぐLINEに登録する↓




     ↓
http://nav.cx/foX4EeF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です