日経225先物トレード8月6日

寄り付き前にシステムを確認するのが


10円、20円取る方法です。


   ↓


http://225daytrade.com/archives/916


::::::::::::::::::::::::::::::::::


日経225オープ二ングトレード


● 日経225波動デイトレードポイント


22500円買い


22550円を起点に上下と見ます


確実に利益を取れるように


ロジックと詳細の説明を
確認してから使って下さい


https://1lejend.com/stepmail/k……?no=256143


ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。


前日の結果


22600円売り


22600円を越えれば


22680円、22780円あたりまで上昇可能性ありと見ます
    ↓


http://225daytrade.com/archives/937


● 日経平均は 22525円 12円高


東証1部の出来高は13億9,949万株、売買代金は2兆3,264億円


米国雇用統計の発表を控え東京株式市場は様子見姿勢でした。


22,500円割れの水準では下げ渋っています。


アメリカ7月の非農業部門雇用者数の増加数は


予想の19万人を下回り


15万7000人にとどまったが、


5月と6月分が上方修正されたことで相殺され失業率は3.9%にやや低下しました。


9月利上げ12月利上げに進むと思われます。


元安中国株安で中国株は時価総額が6兆900億ドル(約680兆円)に目減り


これに対して日本株は6兆1700億ドルで時価総額で中国を抜きました。


日本株の時価総額が中国を抜いたのは2014年以来です。


元安、中国株安は


2015年のチャイナショック前夜に酷似しています。


人民元は貿易加重を基にした通貨バスケットに対しても、過去最安値付近です。


2018年7月第4週 2018/7 week4 ( 7/23 – 7/27 )


の海外投資家は日本株現物を


859億買い越しで、前週に続き買い越しです。


6月末から買い越し基調に変化しています。


不気味に


NY株式市場ではハイテク株が下落していましたが


一旦、止まっています。


この後の動きによっては


重大場面もあり得ます。


モルガン・スタンレーの株式ストラテジストは


直近のFB下げから始まったハイテク株の下げについて


成長率がピークに達しつつあり、


「売りは始まったばかりであり、2月に経験して以来で最も大きな調整となる見通しだ」


と言っています。


2015年チャイナショック前夜に酷似している


現在の状況には引き続き注意です。


変化日を迎えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です