今日のオープニングトレードポイント6月25日 海外投資家動向は

● 日経225波動デイトレードポイント

22500円売り

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+20円・・・22430円売り

● 日経平均は  22516円 176円安

東証1部の出来高は15億9,404万株、売買代金は2兆6,688億円

トルコとインドが米国に対して報復関税を発表し

21日のNYダウは8日続落となったことから

日経も下落しました。

先週 発表の投資主体別売買動向では

2018年6月第2週 2018/6 week2  ( 6/11 – 6/15 )

海外投資家は日本株現物を前週に続き

317億円の小幅買い越ししています。

また先物は(日経)海外投資家は

4241億円買い越しです

前週の

海外投資家は493億円の売り越しに対して

大幅買い転換となっています

その中でゴールドマンが売り玉を多く保有

BNBパリバが買い玉を多く保有しています。

日経は5月21日高値 23050円から4.3%押しがあって

上昇してきましたから

この波動でこのまま23050円を引値で上抜けてくれば

日経買いとなりますが

6月12日、13日と抜けずに引けていますから

買いの条件とすれば 直近で抜き返すことが必要となります。

日銀も目立たないように金融正常化に向って動いています。

アメリカ経済がピークを打って

下降に転じた時、金利引き上げができなくなれば

ドル安、円高に向かうと思われますが

その時は日銀は大幅な円高を回避するため

今度も大幅な量的緩和ができるのかです。

 

http://senman-trade.com/opin/index.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です