日経225デイトレード 必勝ポイント SQ決済は危険


● 日経225波動デイトレードポイント




前日の結果




週末はユーロが大幅安で対ドルでは




直近2年間の最低水準。




そして週明け早朝から円は対ドルで上昇




中国人民元は下落




米政府が1日から中国製品に追加関税を発動




これを受けて消費者マインド指数は7月から8.6ポイント低下で




低下幅は2012年12月以降で最大となっています。




そして




週末発表された中国の8月のPMIが悪化




49.5と、7月の49.7から低下し




市場予想を下回っています




日経はレンジ上限の




20750円で叩かれたものの




ナイトセッションでは




20790円と




8月9日以来の 




20750円レンジ上抜けもありました




しかし




その後は




20750円以下のレンジに押し戻されています




レンジ上限の




20750円




レンジ下限の




20100円




をしっかり抜けるかに注目




20680円売りポイント




20750円売りポイント




と見ます




20750円をしっかりル抜けた場合の




その上は




21150円の波動




としていましたが




20680円に届かず




20660円まででした。




大きな下げと反発を狙える




今だからこそ




    ↓
オプション戦略公開 こちらから登録できます
https://1lejend.com/stepmail/k……?no=481387











::::::::::::::::::::::::::::::::::::




今日のポイント




8月23日時点の裁定残がマイナス1兆4251億円と積み上がっています




裁定は買い残が積み上がるのが通常




しかし今回は




売り残が11週連続で積み上がり




売り残(買いー売り)金額は過去最大。




通常は先物売り、現物買いで




買い残が積みあがるところ




先物が理論値よりも安いため、先物売り、現物買いとはならず




現物が売られて、先物買いの状態(特に外資の先物買い、現物売り)




これがSQで反対売買で決済される可能性がある




ということです。




現物買いの要因となる反面




先安感が強いともいえます。




SQまでの動きと




異常SQ値(SQだけ価格が飛んでしまう)に注意です。




OP決済はSQ持ち越しにすると




思ったよりもSQ値だけ高くなったりする可能性があるので




注意です。




SQ値が高くなると




実際はその価格を付けずに下げてしまうという




幻のSQということもあります




その場合は株価は下げる傾向があるという




アノマリーが過去強烈でした。




ともかく




メジャーSQ,来週に注意。




先物切り替え(ロールオーバー)も




SQ値で行わずその前に切り替えが安全です。
(アービの場合)




日経先物は詳細











YOU TUBE

こちらから登録ください




    ↓
















◆routeway公式LINE@




LINEに登録すると




2000万円を稼ぎ出した トレードシステムを無料プレゼント しています




・・・・・と言ったら、

「30万円とか50万円とか払っていくつもトレード塾に参加したけど全然だめだった。それと同じでしょう」




「そんなものがあったら貧乏なトレーダーはいないはずだ」




と次々とクレームが来ているいわくつきのシステムを無料プレゼント




これは どう検証しても利益にはなります。




なぜならアービトラージ 鞘取りとは そういうものだからです。




LINEに登録して無料システム検証してみて下さい




こちらから今すぐLINEに登録する↓




     ↓
http://nav.cx/foX4EeF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です