日経225デイトレード 必勝ポイント 5兆7千億 売り越し


● 日経225波動デイトレードポイント




前日の結果




S&P500は反発




メキシコ財務公債省の突然のトップ交代を受けて




メキシコ・ペソが急落、そして




ポンドが一時約2年ぶりの安値となって




ドルが上昇。




下げすぎていたポンドは戻ると見ていたトレーダーも多いようですが




更に下落です。




パウエルFRB議長議会証言を前に様子見となりますが




金利引き下げの可能性ありと言及するのでしょう。




さて




昨日 野村が21500円プット 600枚 売ってますね。




買いじゃなくて売りです。




21500円以下にならないと踏んでるのでしょうかと・・。




一方




外資一部は




21000円から21500円までの着地にしたい




感じですが・・どうなるか




日経は21450円割れでレンジの下限抜けるか




割れたらついて行く




21550円ー21720円までの上レンジに戻るか




21720円までの上昇を狙う




という戦略が続きましたが




ナイトセッションでは




レンジ下限の21450円を割れるかと思いきや




21440円まで落ちて一旦戻り




21450円を




しっかり下割れすればついて行きます。




21580円売りポイント




としていましたが




21570円まで








::::::::::::::::::::::::::::::::::::




今日のポイント




外人は今年日本株を5兆7千億円売り越しで




5月からも一貫して週ベースで売り越しています




パウエル議長は中国との貿易戦争などのリスク




力強い6月の雇用統計を受けても米金融当局の見通しは変わらなかったと議会証言




トランプ大統領のプレッシャーに負けたわけではないでしょうが




想定通り今月のFOMCで政策金利を引き下げるという見方が強まりました。




S&P500は史上初3000ポイント乗せがありました。




日経は動かず




    ↓
オプション戦略公開 こちらから登録できます
https://1lejend.com/stepmail/k……?no=481387











LINEに登録すると




2000万円を稼ぎ出した トレードシステムを無料プレゼント しています




・・・・・と言ったら、

「30万円とか50万円とか払っていくつもトレード塾に参加したけど全然だめだった。それと同じでしょう」




「そんなものがあったら貧乏なトレーダーはいないはずだ」




と次々とクレームが来ているいわくつきのシステムを無料プレゼント




これは どう検証しても利益にはなります。




なぜならアービトラージ 鞘取りとは そういうものだからです。




LINEに登録すると無料システム検証してみて下さい




こちらから今すぐLINEに登録する↓




     ↓
http://nav.cx/foX4EeF




YOU TUBE

こちらから登録ください




    ↓













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です