日経225先物 注文(発注)の出し方 SBI証券 


ここでは日経225先物について




実際に注文を出す。(発注をする)やり方について




説明します。




日経225先物は 日経225先物 取引時間 に書いてあるようにhttp://225daytrade.com/archive……2%E9%96%93




日中は 朝8:45から15:15までの取引となります。







それ以前にも予約注文を入れることができます




また、 ナイトセッションは16:30から翌朝5:30までの取引となりますしかし、日中取引 が15:15に終わってナイトセッションが始まる16:30までの間は




データ処理が終了するまでシステム的な理由で




(証券会社によって時間が違いますが)注文を一時受け付けない時間があるので注意です。




それでは日経225先物の発注手順です。




SBI証券について説明します








ログイン後 右の先物・オプション取引を選びます








上のタブから「取引」を選びます。








次に商品から 日経225先物 またはミニ日経225先物を選びます(ミニは日経225先物の10分の1の取引金額です)




そして、限月 から取引する限月を選びます




注意:事前に設定をしていないとミニの場合一番近い限月が表示されますので日経225先物と同じ限月(メジャーSQ限月)に合わせて取引する場合に間違えてしまいます。限月を選択するのを忘れないように。








それから 注文の形態ですが 通常 OCO IFD IFDOCO から選びます。




通常注文とは・・・指値、成行、引成、逆指値・・等の通常の注文です。




成行 注文とは・・




価格の限度を指定せずに発注し、最良の売呼値又は買呼値と順次対当する注文 のことです。







成り行きにはFAKとFOKがあります。




成行FAKは 




未約定の注文は失効、
約定できないものは失効、キャンセルされます。




成行きFOKは 




全数量が直ちに約定しない場合には全て失効、キャンセルされます。




指値には次のようなものがあります。




FAK  
         
通常の指値注文で、約定できるものだけ約定され、約定できないものは失効、キャンセルされます。
FOK   通常の指値注文で 全数量が直ちに約定しない場合には全て失効、キャンセルされます。



最良指値注文(FAK)   成り行きと同じく注文にぶつけますが成り行きと違うのは最良の価格(一番近い価格)で約定しますが、
最良の価格(一番近い価格) で約定されないで注文が残る場合未執行数量は、失効キャンセルされます。
最良指値注文(FOK)    
成り行きと同じく注文にぶつけますが成り行きと違うのは最良の価格(一番近い価格)で約定しますが、
全数量が直ちに 最良の価格(一番近い価格) で約定されない場合には、全数量が失効、キャンセルされます。






これらの注文の違いは実際は板が厚い場合あまり問題になることはありませんが、 板が薄い場合に大量の注文をFOKで出すと、全く約定しない事態となります。 約定を優先させるために何か特別な事情がない限り常にFAKで注文を出せば良いと言えます。




最大指値・・・・・




買注文ならば値幅上限の指値、売注文ならば値幅下限の指値で発注する注文




これは 板が厚い場合、発注枚数が少ない場合には ほぼ成行と同じです。




引成・・・・・




プレクロージング時間開始直後に成行(FAK)を発注する注文







逆指値・・・・





価格が売買注文時から「指定の価格まで上昇したら成行または指値で買い」、「指定の価格まで下落したら成行または指値で売り」とする注文




ここまで通常注文でしたが、 次は特殊な注文です。




OCO注文とは




OCO 
   
           
2つの注文を出して一方が約定した場合に、未約定のもう一方の注文を自動でキャンセルする注文です。
※ レンジ相場の際にレンジ上限で売り指値、レンジ下限で買い指値を発注する際などに使えます。

OCO注文の価格は2つの注文が2ティック(呼値)以上離れていないと発注できません。







2つの注文のそれぞれに取引区分 売、または、買、を入れます




IFD注文とは




IFD                      
                
ある指値(逆指値)が約定した際、予め指定して待機させておいた子注文を自動で発注させる注文です。
例えば、指値21000円買が約定したら、21150円で利食いの予約注文を自動で発注するように設定したりするのに使います。逆指値と組み合わせると注文が入った後のストップ・ロスに利用することもできます。例えば21000円買が約定した後 20500円まで下がったらストップ・ロスを入れるという使い方もできます。







IFDOCO注文とは




IFDOCO         If done One Cancels the Otherの略で
もし 注文が約定したら、待機注文が2つ(利食い、ロスカット等)自動発注されます。その後OCO注文のどちらかが約定したら未約定注文を自動取消します。
※決済注文(OCO)の価格は2ティック(呼値)以上離さないと発注が行えません。



IFDOCO注文は忙しい人や相場を見ていられない人には有効な注文です。あらかじめ狙った場所に注文を出しておいてその価格で約定出来たら自動で利確注文とロスカット注文を出してくれるので相場を見ていなくても安心してトレードができてしまいます。相場の読みさえ的確なら相場を見なくても利益を出せる注文形式です。個人的にはデイトレードにも多用します。
IFDOCO注文 であらかじめ利確とロスカットを設定してしまいます。その後で利確(決済注文)の価格を変更して行けばロスカットを設定したまま、相場の動きを見て決済価格を変えていけます。なので急に相場が動いて大きな損に巻き込まれるということがなくなります。また、ロスカットができない人、ロスカットができない場面とかもあると思いますが予め自動的にロスカットを入れているので、ロスカット出来ない病も克服できます。値動きの大きいときなどは約定から利確までほんの数秒で自動で行われて利益になることもあります。一瞬のチャンスをものにすることもできるので
IFDOCO注文 は絶対に使いたい注文です











以上 SBI証券での日経225先物の注文の出し方でした。




適切な注文を使ってみて下さい。




YOU TUBEでの発信も行っていきます
チャンネル登録はこちらから お願いします



























◆routeway公式LINE@







LINEに登録すると







2000万円を稼ぎ出した トレードシステムを無料プレゼント しています







・・・・・と言ったら、







「そんなものがあったら貧乏なトレーダーはいないはずだ」

とクレームが来たいわくつきのシステムを無料プレゼント







先着120名







こちらから今すぐLINEに登録する↓







     ↓
https://line.me/R/ti/p/%40rgc0058y




































































































コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です