日経225先物デイトレード チャート 必勝法 利益激減


YOU TUBEでの発信も行っていきます
チャンネル登録はこちらから















◆routeway公式LINE@




LINEに登録すると




先着120名




こちらから今すぐLINEに登録する↓




     ↓
https://line.me/R/ti/p/%40rgc0058y




::::::::::::::::::::::::::::::::::




● 日経225波動デイトレードポイント




前日の結果




1月17日、18日の




G20財務相・中央銀行総裁代理会議で政策総動員的な方針が出るのでは




という意見もでてきています。




日経は20000円が壁にならずに




すんなり越えられるなら




戻りメドは21500円ー21650円の波動というのは変わらず。




先週末の雇用統計とFRB議長の柔軟な姿勢を




市場は好感しましたが今度は




12月の米非製造業総合景況指数が57.6と、




昨年7月以来の低水準となっています。




日経上値の抵抗ラインは沢山ありますが




戻りの押し目買いスタンスで




買いポイント




20100円




19850円




と見ます。




としていましたが




20100円買い 成功




でした。




::::::::::::::::::::::::::::::::::::




今日のポイント




この波動は




戻りメドは21500円ー21650円を目指す波動・・・




というのは変わらず。




短期的には




20150円から20170円ラインを割り込まなければ




日経上値の抵抗ラインは沢山ありますが




戻りの押し目買いスタンスで










ゴールドマンは景気後退をみこんで




年末の米10年債利回りを3%と、従来予想を50ポイント引き下げています。




ドイツ債利回り、カナダ債利回りも




大幅に下方修正しています。




JPモルガンのストラテジストによると




S&P500種株価指数が昨年9月20日から今年1月3日までの期間に16%下落したのは、




投資家が2019年の利益のが9%減少する確率が50%以上であると言っています。




ただ、それでも




記録的な自社株買い戻しや世界の他の国・地域と比較すると




他を上回る企業利益拡大、




増収加速で米国株が優位と見ています





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です