日経225先物トレード チャート 必勝法 11月27日 アメリカは




(登録者限定で特別情報公開中)

https://line.me/R/ti/p/%40rgc0058y

    




::::::::::::::::::::::::::::::::::



● 日経225波動デイトレードポイント



前日の結果



前日のトレード
 
ドル円一時間足は

上昇波動に戻ると見せかけて

再びレジスタンスで抑えられています。

S&P500は頭を抑えられたまま

下げて来て前安値を伺う動き

日経も前回安値 21470円を下抜けば

(CMEでは21450円まで付けています)

21170円までサポートなしの状態です

戻り売りスタンスで

売りポイント

21580円と見ます。


21450円を抜ける下げがあれば

戻り売りの水準を

小さな波動で見て

下にずらしていく前提で見ます。


としていましたが



21580円売りは


持って上がられて

21620円で40円ロスカットでした





::::::::::::::::::::::::::::::::::::


今日のポイント



http://225daytrade.com





●  日経平均 21812円 165円45銭 高


円安推移に伴って電機や機械など輸出関連や

大阪万博開催決定で建設や倉庫・運輸関連、小売などの内需関連も上昇。

G20での米中会談の行方次第とみられていますが

来年にかけて世界景気は加速しないとの見方が大勢

しかしアメリカでは

S&Pの下げ、ディフェンシブ銘柄への逃避などが

リセッションを示唆したものではなく

行き過ぎだと考えている投資家も多いようです。

強いファンダメンタルズを反映していないと言います。

さてどうなるかですが、

ECBは予定通り12月で資産購入を終えるようです。





 

日経平均22000円割れは

PER12倍水準となり

さすがに割安感で一旦は買われました。


22000円そして重要なポイント

22500円を越えてくるのかどうかです。

その反発が弱ければ

日足的には

19580円あたりまでの下げも想定される

波動です。

としていましたが(以前からこのように書いています)

22000円は一旦突破し


22500円まであってまた叩かれています


その後レンジの動きが続きレンジ下限を割り込みましたが

押し目買いでもどし

10月の安値21000円割れまでは

まだ届いていません。



11月第2週投資部門別 株式売買状況では

海外投資家は

1369億円の売り越し。


月間では今年は


4月、7月をのぞいて

全て売り越しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です