毎日のポイント 波動デイトレードメールサービスについて

 
Array

毎日のポイント 波動デイトレードメールサービスのご案内

(過去のメール配信例)

波動デイトレードポイント 2021年 12月15日

 
おはようございます

● 日経225波動デイトレードポイント

前日

日経先物

28560円

売り

ポイント

と見ます

と見ます

としていましたが

失敗でした

●ポイントは基本

寄り前に

指値で注文

約定した場合
20円利確
50円ロスカットをします

相場を見ていないときはこれが基本で
相場を見れる場合はエグジットを裁量で変えることもよいと思います

ぴったり安値で買える高値で売れるといいのですが
そうもいかないので動きの中で
20円素早く抜けるように

相場を見なくても
勝率の高いポイントを出しているつもりです

2つポイントがある場合は
寄り前に 2つ注文を出すということになります
それぞれ別の注文です

約定タイミングも別になります

勝率は

何故 需給が相場を決めるのか


http://www.trade-literacy.com/……rade225-1/

少なくとも3勝1敗以上~75%程度を目指します

固いポイントだけエントリーすれば勝率は上がりますが

トレード回数は減ります

※ 日経アービも同じです

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

本日

日経先物

28430円

28520円

売り

ポイント

と見ます

今日のポイント

8月20日の安値を付けた過程で

日経は5月13日安値を割れたけど

TOPiXは割れていない

日経よりもTOPIXを見るべきですよと

していましたが

その時にマザーズは別です

これは底割れですとしていました

この見方は変わらず底割れです

12月6日はマザーズ指数は8月20日安値は下回らなかったものの

終値では8月20日を下回っています

そして昨日はキッチリ8月20日の安値も下回って確実に底割れしました

ここからのIPOラッシュでマザーズ銘柄の需給は引き続き悪化します

本日 IPOは

注目の ネットプロテクションズホールディングスです

これは通販業者にはおなじみの NP後払いという

コンビニ支払い等のできるサービスを提供している

決済業者です(シェアは大きそうですがシステムトラブルの連絡が頻繁にあります)

超大型案件で 想定時価総額1,205.6億円、吸収金額583.6億で需給の面で

今月IPOラッシュの中でも上値が重そうな代表IPOです

この結果で年末に向けてのIPOの動向が見えてきそうです。

一方

日経平均はドル建てベースでは8月20日の安値を

12月2日に割れましたが

そこからは反発中です

昨日の日経は反落

英国で新型コロナウイルスのオミクロンによる死者確認での懸念と

なりよりも岸田砲炸裂で

岸田首相が自社株買いガイドラインを作る可能性について言及したということで

下げ幅が拡大したようです。

これは以前も書きましたが

アメリカは株式資本主義で株価を上げることで

消費も強く経済を発展させてきました。

それに対して

岸田さんは株式市場を重視していません

これは外資に嫌われる大きな要因です

安すぎる日本株はポートフォリオに組み入れないといけないけれど

買いたくないと思わせます

日経平均は207円 0.7%安 28432円

TOPIX は 4.32ポイント 0.2%安の1973.81

昨晩の(先ほど終わった)米国株式市場は続落

11月の卸売物価指数上昇率が市場予想を上回り

FOMCでタカ派の見通しが強まると警戒

11月の米生産者物価指数は前年比で9.6%上昇し

過去最大の伸び

コアPPIも同月比7.7%上昇-過去最大の伸びです

アメリカの多くの事業者は原材料の上昇、物流ボトルネックで上昇するコストを

値上げで消費者に転嫁しているので

消費者物価が数カ月後に一段と上昇すると思われます

日本も消費者物価への転換は避けられない状況が近づいていますが

このタイミングで増税も近づいてきています

これも外資に嫌われる大きな要因です

ダウ 35544.18  -106.77  -0.30%

ナスダック総合   15237.64  -175.64  -1.14%

S&P総合500    4634.13   -34.84  -0.75%

トヨタの反撃が始まりました

株価にどう影響するか

トヨタはEVの世界販売台数を2030年に350万台目標を発表

200万台目標から引き上げ

EVへ4兆円規模の投資(EV以外の電動化投資も含めると8兆円の投資)

レクサスは30年までに欧州、北米、中国でEV比率を100%にすると発表

SQ明けの今週

年末年始に向け日本株反発の

正念場はここ数日

戻りが29000円で高値となるのか

年末年始に30000円チャレンジの可能性を残すのか

29100円を超える

ここからのもう一発の上げが無いと

買い手の利確、回転が効かない水準なので

それまでは疑心暗鬼の相場が続きそうです

ゴールドマンは昨日も

ブレずに先物売り越し継続です

3月限日経先物9000枚以上の売り越し

TOPIXも10000枚弱の売り越し

12月SQも持っていかれましたから

彼らの手口は無視するには怖いものです

ゴールドマン・サックスは

2022年の米経済成長率見通しを従来の4.2%から3.8%に引き下げています

12月第1週 2021/12 week1  ( 11/29 – 12/3 )

投資主体別売買動向は

外人は日本株現物を

1201億の売り越し

4週連続売り越し

そして

先物を見ると外人は

7069億の大幅売り越し

2週連続の売り越し(2週連続買い越しの後)

先物の内訳は

日経 4513億 売り越し

TOPiX 3508億売り越し

日経ミニ 960億買い越し

ミニTOPiX 1億買い越し

jpx  12億売り越し

マザーズ 3億買い越し

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ここからは
追記

日経波動は

8月20日安値 26954円から

9月14日高値 30795円まで

3841円上げましたが

9月14日高値 30795円から

10月6日安値 27293円まで

3502円の下げ

逆V字下げとなりましたが

また・・・・・・略

長期・・・円にむかう道筋はそのまま・・・・・略

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 
このページの下にある規約に同意し、お進みください。
※「同意する」にチェックがない場合、ボタンが無効となり、決済ページへ進むことができません※

 (過去のメール配信例)

波動デイトレードポイント 11月9日 売られた好業績、超絶決算はやはりチャンス

受信トレイ

伊藤

2021/11/09 7:30 (23 時間前)
 To ito
伊藤様

おはようございます

● 日経225波動デイトレードポイント

前日

日経先物

29680円-29700円を起点に上下と見ます

29680円より上で寄り付けば

29680円買いポイント

ワンチャンス

と見ます

としていましたが

29680円買い

成功

でした

●ポイントは基本

寄り前に

指値で注文

約定した場合
20円利確
50円ロスカットをします

相場を見ていないときはこれが基本で
相場を見れる場合はエグジットを裁量で変えることもよいと思いま

ぴったり安値で買える高値で売れるといいのですが
そうもいかないので動きの中で
20円素早く抜けるように

相場を見なくても
勝率の高いポイントを出しているつもりです

2つポイントがある場合は
寄り前に 2つ注文を出すということになります
それぞれ別の注文です

約定タイミングも別になります

勝率は

何故 需給が相場を決めるのか


http://www.trade-literacy.com/……rade225-1/

少なくとも3勝1敗以上~75%程度を目指します

固いポイントだけエントリーすれば勝率は上がりますが

トレード回数は減ります

※ 日経アービも同じです

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

本日

日経先物

29620円

29600円

買いポイント

と見ます

今日のポイント

昨日も引き続き

日本株は上げ下げするけど

アメリカは上げっぱなしです・・・

というよりも

アメリカは上げるけど日本は好決算でも売られる・・です

日経ニュースで下記驚きの報道

以前からの注目銘柄 東芝ですが

コングロマリットディスカウント(多くの事業を抱える複合企業の価値が、各事業の価値の合計より割安)を解消するために

インフラ、デバイス、半導体メモリーのそれぞれ3つの会社に分社再編成し

それぞれが2年後に上場する方針ということです。

はじめて聞いたケースですが

東芝の株主には新しい3社の株を割り当てるということです

コングロマリットディスカウントが解消され

新たにIPOとなれば逆に新規上場プレミアムが付くことが予想されますので

株価にはプラスになると思われます

買収、MBOが検討されていた東芝が起死回生で

打ってきた手は評価されそうだと思うのですが

株価の反応はどうでしょうか。

昨日ソフトバンクグループの決算発表

予想は付きましたが 2021年7~9月期の連結決算

最終損益が3979億円の赤字

ビジョン・ファンドで投資している

中国の投資先企業の株価が大幅に下落したことが原因ですが

決算説明会の孫社長の話によると

中国への投資は2割程度まで抑えているので

あまり心配ない。これからも中国の成長は期待できる・・

ということでした

また、投資先には十数社の上場を控えていて

今後も上場数は倍々になっていく流れを作っているので

その中には大玉に育つものもある

年末、年始にかけても指折り数えて楽しみにしてるということでし

投資会社なので収益のブレは仕方ないと言えば仕方ないと思います

市場の評価はどうか。

自社株買い1兆円も発表しています

それから先日書いた新光電気工業、レノバに続いて

昨日は超絶決算だったフルヤ金属、三井松島

フルヤはリサイクル資源でこれからの資源逼迫に合った銘柄で

PERも10倍以下になって四半期404%増

長期でも持てると思ってストップ高でも買いにいきましたが

ストップまでに寄ってからその後300円高で

何度かストップ高1500円高を付け引けもストップだったので

一旦利確としています。

三井松島は石炭関連で決算内容は良かったのですが

石炭へのネガティブさもあって寄り付き直後は

あまり伸びる動きが少なかったのですぐに売りましたが

引けまでには結構上がってしまいました

決算めいがらチャンスは続きます

今日はグローバルウェイ、フォースタートアップスの決算が出てい

両社とも直近にぎわっていて決算がどう影響するかです

マザーズで軽い銘柄なので派手に上下しそうだと思っています

週末 好決算(最高益)にも関わらず叩き売られた

商社株、海運株が好決算(最高益)

海運は買いが入りました。

商社も買いが入ったのですが

商事は引き続き売られています。

伊藤忠は上がり、商事は下がる

いつか見た光景で

またまた商事買い、伊藤忠売りを仕掛けて見ました

・・・どうなることでしょう・・・

10日の米消費者物価指数CPIに注目ですが

S&P500とナスダックは8営業日連続で最高値

ダウも上昇

テスラはマスクがツイッター上での投票を受けて

保有するテスラ株の約1割を売却するとしたことを受けて下落

昨日の先物の手口は

大きな動きはないですが

小さく外人は売り越し

ゴールドマンも日経、TOPIXとも

売りポジを抱えたまま

2021年10月第4週 2021/10 week4  ( 10/25 – 10/29 )

投資主体別売買動向は

外人は日本株現物を

1414億円の売り越し

前週

1081億の売り越しで

3週ぶりに売り越し転換しましたが引き続きの売り越し

先物は外人は

489億円の買い越し

前週外人は2551億買い越しでした

現物は売っても先物は4週ぶりの買い越しでしたが

引き続き先物は買い越し

先物の内訳は

日経 1381億 売り越し

TOPiX 1662億買い越し

日経ミニ 226億買い越し

ミニTOPiX 2億6千万円売り越し

jpx  8億5千万円売り越し

マザーズ 4億4千万円売り越し

TOPIX買いが目立ちます

決算発表が本格化してきます。

年内最後のチャンスと見て、買い、売りを

していきたいと思います

日経平均は下記 28875円がサポートとなるかです

アメリカからまた出遅れとなってきています・・・

としていましたが

29500円を超えて上に抜けてきたので

水準が変わって29500円がサポートとなるかです

8月20日安値 26954円から

9月14日高値 30795円まで

3841円上げましたが

9月14日高値 30795円から

10月6日安値 27293円まで

3502円の下げ

逆V字下げとなりましたが

またV字上げで

一気に前回高値 30795円までの上昇は普通は簡単ではありません

戻りメドとして

8月20日安値 26954円から

9月14日高値 30795円までの上げ幅の

半値 28875円

ここを抜けられるか・・・としていましたが

9月14日高値 30795円から

10月6日安値 27293円までの下げ幅の

半値は 29044円

半値戻りをクリアしてきました

28875円がサポートとなればさらに上昇を見込めます

としていましたが

28875円から29044円からの価格帯が

固い抵抗帯となっています

20日は高値29489円で上値を叩けれましたが

9月14日の前の高値は

6月15日の29480円

29500円を中心に2月から6月の4か月

日経がレンジを動いていましたので

居心地のいい場所

28875円から29044円でサポートされて

29500円を超えて上に抜けてくれば

11月、年末に向けて

日経年初来高値を付けて今年は終了という

想定の道筋が見えてきます

日経平均短期波動的には高値目標は

31134円、32716円となっていて

31134円、32716円まで上昇して

ここが年末年始の高値になれば

上出来です。

来年2022年、2023年中に目標の

35000円が強く見えてきそうです

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 
このページの下にある規約に同意し、お進みください。
※「同意する」にチェックがない場合、ボタンが無効となり、決済ページへ進むことができません※

 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;・・・・・・・

 (過去のメール配信例)

波動デイトレードポイント 3月12日 パニックはまだか

伊藤 info@ruteway.com

3月12日(木) 7:19
 To ito
伊藤様おはようございます

● 日経225波動デイトレードポイント

前日の結果

日経先物ポイントは

19680円買い

19540円買い

ポイント

と見ます

としていましたが

19680円買いは寄り付き買いで失敗

19540円買いは成功

でした

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日のポイント

前々日にNYダウは1167ドル高と反発

しかし昨日、日経平均は大幅反落

米経済対策の実現に対し懐疑的な見方が広がり

大引けの日経平均は前日比451.06円安の19416.06円

そして

ムニューシン米財務長官は11日

新型コロナウイルスの急速な感染拡大に対し

銀行規制当局が短期的な規制措置を複数検討しているが、金融市場に介入する必要はないと述べ

NYダウは前日の急反発をすべて帳消しの大幅安、

23553.22ドル  -1,464ドル -5.86%の泥沼

S&P500は高値から19%ダウン。
ベア相場入りの水準です。

既にリーマンショック並みとも言われていますが

リーマンショックの時は世界金融危機です。

NYダウは6か月間で47%以上下げています

今回のショックは景気をリセッションさせるでしょうが

金融危機につながるかというと

今のところはそこまでにはならない可能性が高いと見られます

もし、リーマンショック並みと言うなら

秋口まで今の倍以上の下げが続く覚悟となります。

目先は

パニックからのセーリングクライマックスで

一旦は反発、反騰

しばらく停滞相場が続く・・・(日柄調整)

という流れが待っています。

ではセーリングクライマックスは

東証1部売買代金は

2月28日 4兆1千億

3月10日 3兆8千億

3月11日 3兆1千億

空売り比率は48%を越えてきました

そして信用の評価損率は3月6日 先週末で ー20%を越えています。

この信用の買い残高2兆3千億円が追証で投げさせられる動きが出

目先のパニック、セーリングクライマックスとなります。

空売りの買戻しから急反発、先物の売り方や

巻き込まれた売り玉が持ち上げられ

慌てて買戻し。

これが起こるタイミングを見ていきます。

3月10日 目先のセーリングクライマックスかと思いきや

そうでもなさそうな状態となってきました

上記のタイミングを見ていきます。

今週に入ってから

日経のPBR1倍割れの水準と

日経の週足240移動線(アベノミクスが始まってから一度も割れたことが無い)が

20200円から20400円にあります。

パニックでここを割れると

18000円までの可能性はありますが

如何にも安い所には来ています。

・・・としていましたが

日経先物は18500円を安値に

反発しています

これで底打ちしたかどうかは

怪しくなりました。

目先は各国政府、中央銀行の経済、金融政策を期待です。

いまのところ政策は期待に対して空回りです。

バブル崩壊の場合株価は

一時的な30%程度の下落では済みません

今回は今はまだそもそも

そこまでの下げではありません。

そして、下げの後大きな反発をするかというと

そうではなく

その後は長い停滞相場を迎えます。

今は瞬間的な反発を迎えれば

1、売り玉の買い戻しでどこまで

持って上がられるか。

2、バブル崩壊とまで行かず一時的な

大きめの調整で済むのか

3、更に大底を付けに行くのか

2番底を探る動きとなるのか

これを見極めることになります。

戻り切ったところの売りに賭けるのか

底値確定後の買いに賭けるのか

YOU TUBE 動画で何度も話していますが

何が有っても大丈夫な資金管理厳守です

中長期は株式

短期はOPトレードを使うチャンスが来そうです

ちなみに月曜、火曜と少し株を買ってみましたが

これはまだ、ただの博打です。

リスク覚悟の資金の中での投資となります。

先物手口は

SQがらみで前日

死ぬほど売っていた外人は

引き続き売り越しです。

投資主体別売買動向では

2020年2月第2週は

前週買い越しに回った外人は再び日本株を

494億円の売り越し

2月第3週は

353億円の売り越し

そして

2月第4週は

3656億円の売り越し

今年に入ってからの売り越しが止まりません

戻りは叩かれるのが当然として

日経も

2番底を探るのか

それとも前回安値を割れて

底値到達まで20000円割れ

18000円と下落が続くのかこの見極めは重要になります。

ただ、溜まりに溜まったショートポジションの買戻しが

入れば瞬間的な上昇は

先週月曜に上げた比ではないと言えます

今日の日経先物ポイントは

19380円売り

19460円売り

ポイント

と見ます

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

 
このページの下にある規約に同意し、お進みください。
※「同意する」にチェックがない場合、ボタンが無効となり、決済ページへ進むことができません※

 

 (過去のメール配信例)

波動デイトレードポイント 3月18日 資金供給のあとは

受信トレイ

伊藤 info@ruteway.com

3月18日(水) 7:39
 To ito
伊藤様おはようございます

● 日経225波動デイトレードポイント

前日の結果

日経先物ポイントは

17000円売り

17540円売り

ポイント

と見ます

としていましたが

17000円売り成功

でした

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日のポイント

日銀はETF12兆円への増額で

昨日は1204億のETF買いを入れていました

それでようやく日経プラス引けとなりました。

ETF買いは3月に入ってそれまでの1回あたり

703億の買いから

1002億まで上げていましたが
(3月6回買い出動)

6兆円増額して

1回200億円の微妙な

総額でした。

TOPIX型のETF買いもあって

ここしばらく日経の下げにTOPIXの下げが追いつかず

サヤが一方的に離れていました。

日経アービはリーマンショック対応

(ある場面ではついて行かないというやつ)をしているほうが

正解となっています。

しかしそうはしなくても

デフォルトでやっていれば

トータルでは

心配することはないと思っています。

トランプ米大統領は総額1兆ドル規模の景気刺激策で

国民に最大1000ドルの小切手を支給する考えを示し

さらに、個人は最大100万ドル、企業は最大1000万ドルの税金納付を

無利息かつ罰則なしで90日間延期することを可能にする方針を示しています。

このあたりの素早さが

アメリカ。

安倍総理も無利息、無担保資金を

中小零細に・・・と言っていましたが

依然金湯機関からは

金利を要求されるケースもあるようです。

FRBは金融危機時の時のように

発行体から直接CPを購入する対策を打ち出しました

(CPは様々な企業が短期資金の調達源として発行)

流動性が提供されることを好感して

NYダウは1000ドル上昇

しかしドルが引き続き上昇

各国の中銀がドル資産の供給を行っていますが

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で経済が行き詰まるとの懸念で

流動性が高いドルに買いが入っています。

ECBはつなぎのリファイナンスオペを実施し、1091億ユーロを供給した

中銀は市場に資金を流し込みます

過去のクラッシュと違い

金融機関発ではないため、財政での刺激策が必要とされますが

まずは資金が詰まることを回避する

政策が打ち出され続けています。

暴騰プットしていた

オプションIVも剥がれるも

まだまだ高水準のチャンス?が続きます

ナイトでの先物が上昇したとはいえ

昨日朝に書いた

4月限 12000円プットは210円から

94円まで下落。

先週SQ前の月曜日

OPのIVが5年に一度、10年に一度の

水準と言いましたが

その状態です

止まらない恐怖とみるか

チャンスとみるか

マーケットは追加の

大型財政政策の催促となっています

目先は

パニックからのセーリングクライマックスで

一旦は反発、反騰

しばらく停滞相場が続く・・・(日柄調整)

という流れが待っていました。

日経は

リーマンショック並みのPBR0.8倍台を見れば

16800円程度

17000円を割り込んだところが

攻防の目処となるかもしれません・・・・

としていましたが

16000円を一時割れました

この水準はまだ買えないのかどうか

バブル崩壊の場合株価は

一時的な30%程度の下落では済みません

そして、下げの後大きな反発をするかというと

そうではなく

その後は長い停滞相場を迎えます。

今は瞬間的な反発を迎えれば

1、売り玉の買い戻しでどこまで

持って上がられるか。

2、バブル崩壊とまで行かず一時的な

大きめの調整で済むのか

3、底値確定で2番底を探る動きとなるのか

底打ちはまだ先になるのか

これを見極めることになります。

戻り切ったところの売りに賭けるのか

底値確定後の買いに賭けるのか

YOU TUBE 動画で何度も話していますが

何が有っても大丈夫な資金管理厳守です

相場をどうこうできるはずがない

その中でどうふるまうか

謙虚に対応します。

昨日の

先物手口は外人が

再び大幅に売り越しています

ゴールドマンも売り越し

投資主体別売買動向では

現物株を

3月1週も外人は

1535憶円の売り越し

今年に入ってからの売り越しが止まりません

外人は

現物は6000億円の売り越し

先物は3兆円を越える売り越しです

今日の日経先物ポイントは

16750円買い

ポイント

と見ます

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

>メールサービス申込みはこちらから<

 
※利用料金は

 
 月額9800円(税込み 月額4800円(税込み)
 30日毎の継続課金となります。
 
こちらの規約に同意し、お進みください。
※「同意する」にチェックがない場合、ボタンが無効となり、決済ページへ進むことができません※

規約





株式会社ルートウェイ(以下「弊社」という。)が運営する波動デイトレードメール配信サービス(以下「当システム」という。)を利用するにあたり、会員規約を下記の通り定めます。弊社への申込みにあたっては下記の条項に同意したものとし、会員は本規約を十分に理解した上で、自らの判断と責任において、当システムを利用するものとします。

第1条(定義)
当サービス利用規約(以下本規約という。)における用語を以下の通り定義します。
「会員」とは弊社が定める所定の手続きに従い、当サービスを使用する資格を持つ個人を指します。

第2条(本規約の範囲及び変更)
本規約は当サービスを利用するすべての会員に適用されるものとし、予告なく変更・追加することが出来るものとします。

第3条(会員登録)
当サービスの利用希望者は本規約、及びプライバシーポリシーに関する内容を承諾した上で、当サービスの利用を申し込むものとし、弊社がこれを承諾し、当該手続きが完了した時点で当サービスの利用契約が成立し、申込者は会員となるものとします。
未成年者、同業者が当システムの会員登録をすることは出来ません。

第4条(情報の秘匿)
会員は理由のいかんにかかわらず当サービスの内容を第三者に漏洩してはなりません。本規約に違反して使用された結果、弊社または第三者に何らかの損害が生じた場合、会員登録を抹消すると同時に、その全ての損害の賠償を請求するとともに、法的措置を取る場合があります。

第5条(退会、会員登録抹消)
会員は、退会手続きを申請することにより、いつでも退会出来るものとします。退会手続きを希望する会員は、会員自らが弊社サポートデスク(info@e-routeway.com)へ電子メールにて退会申請を行うものとします。弊社が退会申請を受け取って会員へ送信する退会確認メールをもって、会員と弊社の間で締結された契約が解約されるものとします。

ただし、会員が退会申請を行ってから弊社の処理が完了するまでに7日間を要しますので、次回課金日の7日前(当サービスは申込み日に課金され、その後30日毎に継続課金)までに退会申請をしない場合、次回の課金がされることを了承するものとします。

弊社では会員が以下の項目に該当するような場合、予告無く会員資格を停止又は抹消することが出来るものとし、その場合会員に対して支払済料金の返還行うことは一切ありません。また、退会にあたっての事務手数料の請求を行うことも一切ありません。

(1)本規約に違反した場合
(2)当サービスへの登録時における申告内容に虚偽があった場合
(3)会員が未成年者であった場合、会員が同業者であった場合
(4)取得した情報を第三者に漏洩したことが発覚した場合
(5)いかなる手段にかかわらず、弊社の営業を妨害した場合
(6)上記の他、弊社が当該会員を不適切と判断した場合

第7条(当サービスの使用期限)
当サービスは使用申込み日に使用料が課金され、その後30日毎に課金が行われます。退会の申請が無い限り以降も継続とし使用期限も30日毎の自動継続とします。退会申請をした後も次回の課金予定日までは使用可能となります。退会申請は次回課金日の7日前までに申請をしない場合、次回の課金がされることを了承するものとします。

第8条(サービスの停止、変更)
以下に該当する場合、会員に予告無く当サービスの停止、変更を行う事があります。また、弊社が当サービスの停止、変更を行ったことにより会員に損害が発生した場合でも、弊社はその責任を負うものではありません。
天災、火災、停電等の予測不能な事態により当サービスの提供が物理的に困難となった場合。システムの保守点検を緊急に要する場合。
サービス内容、システムに変更があった場合。
情報の保全など、合理的な理由で中断または中止の必要があると判断された場合。
その他、当サービスの提供が困難だと弊社が判断した場合。

第9条(通知・連絡)
弊社から会員への通知・連絡は電子メールを用いて行います。登録のメールアドレスに弊社が通知・連絡を行った際、弊社の責めに帰さない事由により、連絡・通知が完了しなかった場合、弊社は通知・連絡が完了したとみなします。
会員が弊社に対して連絡を行う場合は、電子メールにて行うものとします。

第10条(自己責任の原則)
会員は、当サービスを使用して投資する上で一切の責任は会員にあり、自己の投資に会員が全面的な責任を負うものとします。
弊社は、会員が当サービスを使用する事によって、当該会員が被る損害について、一切責任は負いません。
また、弊社は、連絡手段として利用される電子メールでの連絡の際、サーバの障害又はメールボックスの容量不足、メール受信制限等の事由等で連絡が取れなかった場合の損害及び損失について一切の責任を負いません。
当サービスにて提供される情報の精度に関して万全を期しておりますが、その完全性、正確性、適用性、有効性等を保証するものではないこと、また会員が弊社に支払った料金、投資により発生した一切の損害について、如何なる理由によっても弊社はその返金を受け付けられないことを会員は承諾するものとします。
投資資産の運用は任意のものであり、会員の意思に基づき、会員自身により行われるものであり、弊社が提供するシステム、サービス、情報は会員の投資を強制するものではありません。

第11条(著作権)
弊社、及び当サービスに関連する全ての画像、文章、コンテンツ等の著作権は弊社に帰属します。

第12条(免責事項)
各種データ、当サービスにて提供される情報の精度に関して万全を期しておりますが、その完全性、正確性、適用性、有効性等を保証するものではないこと不正確性等に関しては弊社で責任を負うところはなく、それに対しての保証等は一切発生しないものとします。
当サービスが中止・中断された場合、当サービス提供時期が遅延した場合、当サービス内容に誤りがあった場合についても、理由の如何にかかわらず、弊社は一切の責任を負いかねます。会員が加入されているプロバイダ及び通信回線の状況によって、当サービス及び、メンバーサイト等にアクセス出来ない場合に弊社は一切の責任を負わない事とします。
投資資産の運用は任意のものであり、当サービスによって会員個人及び第三者の受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員個人が負うものとします。本規約を確認しなかった事により会員に不利益が生じても弊社は一切責任を負わないものとします。

第13条(協議事項について)
当サービスの利用に関して本規約に定めがなく、紛争が生じたときは、誠意をもって協議の上これを決定するものとします。

第14条(準拠法)
当サービス利用契約の成立、効力、履行並びに解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

第15条(管轄裁判所)
弊社及び会員は、弊社と会員との間で当サービスに関する訴訟の必要性が生じた場合は、弊社本店登記地の管轄裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。




    9800円/月  

月額 4800円

 お申込みはこちら

 
特定商取引上の表記