結局 sell in May か?

日経平均は 22437円 252円安

東証1部の出来高は15億3,924万株、売買代金は2兆6,059億円

トランプ米政権が、輸入車に最高で25%の関税を検討していると

報じられたため貿易戦争再燃懸念で下落しました。

日経平均は

22500円で叩かれ続ける展開が続いていましたが

抜けてきたので強いとみるべきですが、

5月は上げたとしてもここからは

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言どおり

高値掴みに注意です。

・・・・としていましたが

一転 そのとおりの展開になってきました。

そしてなんと

日経が上昇していた

2018年5月第3週 2018/5 week3  ( 5/14 – 5/18 )の

投資主体別売買動向では

外人が日本株を

937億売り越しています。

海外投資家の5月に入ってからの動向では

2018年5月第1週 2018/5 week1  ( 5/1 – 5/2 )
17億買い越し
2018年5月第2週 2018/5 week2  ( 5/7 – 5/11 )
12億売り越し

と上昇局面で

外人の日本株買い越しは無いということです。

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言どおりの

外人ですが

目先の相場の動きは

貿易の問題、米朝首脳会談の問題で

下げてきています。

目先の下げ相場の最中に

外人買いはなさそうですから

今後は一旦、調整となるのかどうかです。

 

相場の上げ下げに関係なく
安定的に利益を取る
http://senman-trade.com/opin/index.html

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

下げたのはマーケットメイクのため??

ICOがプレセール割れしている理由を

マーケットメイクのためであり

どんなコインでも上がるコインはそうする・・・

だから、長期保有であがると言っているようですが

どうでしょうね?

 

ワオビットは

売り抜けしましたが

まだまだ、ICOに入れている

別のものが

上場予定です。

こちらにも若干入れていますが

どうなることか。

人数限定で参加可能のようです。

興味があれば一緒に確認してみて下さい

http://asm303.com/r/c/Ct3P/Oelm/3RyPG/

 

スピンドルも
プレセールから98%の大暴落。

ダメ。

プレセール250円?
上場後の価格が5円?

 

でしたか?

 

興味なかったので

価格に自信がないですが

どっちにしても

 

ダメ。

100倍確定と
盛大なプロモーションの●●コイン。

複数の取引所に上場して
見事にICO価格を割れて

 

ダメ。ダメ。

 

損な仮想通貨は

おいといて

相場の上げ下げに関係なく
安定的に利益を取る
http://senman-trade.com/opin/index.html

 

 

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-22/P93UF46S972801

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

● 日経225波動デイトレードポイント

22930円買い

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

● 日経平均は 23002円 72円高

東証1部の出来高は12億9,359万株、売買代金は2兆1,284億円

米中貿易戦争の懸念が後退し、

日経平均は約3カ月半ぶりに2万3,000円乗せとなってTOPIXは小幅安。

大和証券によるレーティング引き上げでで続伸となっています。

NYダウは約300ドルの値上がりで

米国は中国との貿易戦争を保留にしたことが

好感されています。

米10年債利回りは3.05%。

ニューヨーク原油WTI先物は大幅反発

6月限は96セント高の72.24ドル。

北海ブレントは71セント高の79.22ドルです。

インフレ率が上昇しFRBは年内はあと2回、

もしくは3回の利上げを実施する可能性が高まっているという見方

また出ています。

6月にも次回利上げの可能性があるとの見方です。

23日発表の5のFOMC議事要旨で

インフレ目標のレンジに関する内容次第では、

米長期金利の上昇が加速する可能性がありますので

これに注目です。

今の懸念材料は

米長期金利の上昇

米株安が日本株に波及。

新興国からの資金引き揚げというシナリオです。

もう一つのネガティブなシナリオは

アメリカ景気の減速

米株安、

金利引き上げが重荷となって

ドル安、円高

一方では今年は

5月以降も株式が上昇局面になるという

強気の見方もあります。

 

 

相場の上げ下げに関係なく
安定的に利益を取る
http://senman-trade.com/opin/index.html

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

怪しいICO案件は法的にOKか

 

巷(一部アフリエイター、インフルエンサー)が強烈にすすめていた

PATRON(パトロン)仮想通貨ICOの上場について

上場で売れたとしてもプレセールの売値の1/8 ?

ICOは上場即売りでも怪しくなってきましたね。


http://225daytrade.com/archives/361

 

しかし、誰もかれもが

あれだけ上がるのが確定のような言い方していては

いくら仮想通貨にインサイダー規制がないとはいえ

法的にどうなんでしょうかね。

株式情報だったとしたら断言した時点で完全にアウトですね。

どうしようもない無価値のトークンを

配当だって言って

何パーセント貰っても

無価値のものは無価値ですね

 

相場の上げ下げに関係なく
安定的に利益を取る
http://senman-trade.com/opin/index.html

カテゴリー: 未分類 | コメントする

米朝首脳会談に前のめりのトランプ大統領 ノーベル平和賞狙いとも

相場の上げ下げに関係なく
安定的に利益を取る
http://senman-trade.com/opin/index.html

実践して使える手法とは自分のライフスタイルに落とし込めるものでなければいけません。
どんなに利益を大きく取れる時があったとしても、

1日何時間もチャートを見ていなければならないのなら、
自分が本当にやりたいことができなくなってしまいます。

● 日経平均は 22838円 121円高

東証1部の出来高は14億7,347万株、売買代金は2兆3,870億円

米国株反発で反発しましたが、大引けにかけて伸びが少なくなりました。

4月に日本株現物を買い越しながら

例年と比べて大きな金額とは言えなかった

海外投資家の5月に入ってからの動向が気になりますが

2018年5月第1週 2018/5 week1 ( 5/1 – 5/2 )
17億買い越し
2018年5月第2週 2018/5 week2 ( 5/7 – 5/11 )
12億売り越し

と、大きな動きはありません。

今週、戻りメドを上抜いてきていますが

その場面でどれだけ外人が現物株を買っているかです。

どちらにしても

4月の腰の入っていない外人買いは頭に入れておくところです。

ドルは対円で4カ月ぶり水準まで上げてきています

米国債利回りが上昇し一時、7年ぶりの3.122%を付けました。

年4回の利上げ、年内さらに2回以上の利上げを見込む予想が強まっています。

利上げ回数の予想は現在コンセンサスが無くなって

指標の発表毎に揺れ動いています。

アメリカ株式市場は

原油高やドル高の影響を受ける大型株に対し、

小型株のラッセル2000は2日連続で終値で最高値。

米10年債利回りが7年ぶりの水準で金利敏感株には逆風です。

引き続き圧迫。通信.SPLRCLや不動産.SPLRCR、公益.SPLRCUなどの下げが目立った。

日経は戻りメド としていた 

22500円で叩かれ続ける展開が続いていましたが

抜けてきたので強いとみるべきですが、

5月は上げたとしてもここからは

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言どおり

高値掴みに注意です。

米朝首脳会談に前のめりのトランプ大統領 ノーベル平和賞狙いとも

まさかそんなことはないですね。

北朝鮮の体制維持は

アメリカも望むところです。
http://225daytrade.com/archives/374

カテゴリー: 未分類 | コメントする

核放棄

日経225オープ二ングトレード

机上の空論ではない手法とは実践できることです。
http://225daytrade.com/004/index.html

相場の上げ下げに関係なく
安定的に利益を取る
http://senman-trade.com/opin/index.html

実践して使える手法とは自分のライフスタイルに落とし込めるものでなければいけません。
どんなに利益を大きく取れる時があったとしても、
1日何時間もチャートを見ていなければならないのなら、
自分が本当にやりたいことができなくなってしまいます。

● 日経225波動デイトレードポイント

22760円買い

22730円買い

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+20円・・・22780円売り

● 日経平均は 22717円 100円安

東証1部の出来高は16億2,672万株、売買代金は2兆6,028億円

米10年債利回りが約7年ぶりの水準に上昇したことで

米国株が反落し、日本の1~3月期のGDPが9四半期ぶりマイナス成長と

なったことで日経は続落しました。

市場は自社株買い等、株主還元銘柄に敏感になっています。

またリミックスポイントがストップ高となって

仮想通貨関連株、マネックス、SBIも人気が付きました。

マネックスはマネーゲームになっています。

引き続き米10年債利回りが上昇し一時3.1%を超えています。

日経は戻りメド としていた 

22500円で叩かれ続ける展開が続いていましたが

抜けてきたので強いとみるべきですが、

1月末ももみ合いを抜けて上抜け上昇かと思ったところ

2月の日経3000円を越える

叩き落としがありました。

今回の上抜けはSQに絡めたダマシにならないかを

確認してから上昇についても遅くないです。

また、5月は上げたとしてもここからは

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言どおり

高値掴みに注意です。

米朝首脳会談 北朝鮮側が一方的な核放棄では話にならないと

会談中止を示唆していますが

1、最初から核放棄するつもりはないこと、首脳会談で経済制裁解除、資金呼び込みの果実が得られないこと

これが明確なので会談になっても不利だと判断した

2、首脳会談の前に一筋縄ではいかないよと、席を立つ構えのブラフをかました

3、今のまま、核で脅している方が体制維持に良いと思い直した

4、もともと出来レース。アメリカも北朝鮮の独裁政権を維持させたい。北朝鮮を脅威に見立てておいた方が

周囲の国に対するアメリカ覇権の抑えが効く。米軍基地の極東配備の理由にもなる

このタイミングで

地政学については絶対に見ておく価値があります。

ランドパワー&シーパワー

       ↓
http://asm303.com/r/c/CFDX/OnDu/5zyzk/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

残りの人生 好きな事だけやる

中高年千万トレーダープロジェクト

指数の相関性についてです。

質問も頂いていましたので

少し難しいかもしれないので

興味ある方だけでも確認下さい。

相関性についての動画
    ↓
https://youtu.be/kFm31kzZRJM

残りの人生 好きな事だけやる

それが
中高年千万トレーダープロジェクト

カテゴリー: 未分類 | コメントする

誰に勧められたか

これ真偽はどうでしょうかね?

まあいつものこととは言え

お気をつけて

http://www.goldmansachs.com/japan/warning-alert/index.html

嘘だったらですが

これを

だれがプロモーションして

誰がこれを推薦しているのでしょうかね。

勧めている人は

知らなかったじゃすまないと思いますけど。

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/7fWs/DG1Q/ggitU/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

証拠を出せるのか

チャートに張り付いてトレードしてる時間はない。

他にもやることがある。

自分にはやらなければならないことがある。

そもそも時間を掛けてトレードすれば勝てるものでもない。

かと言って

両替するだけで1億円確定・・・とか

特別な情報・・・と言われてお金を入れた

仮想通貨、ICOはたいしたことない。

そういう歯痒い思い・・・・・
   ↓
http://senman-trade.com/opin/index.html

ポンペオ米国務長官とボルトン国家安全保障担当が

北朝鮮の非核化を示す検証可能な証拠が得られれば、

米国は北朝鮮への投資を認める用意があるとの見解を示しました。

確かな証拠を出せないのが

犯罪者の言い逃れですが

北朝鮮の経済制裁が解除されれば

拉致問題は解決されない。

日本人には許されないことです。

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/7fWs/DG1Q/ggitU/

● 日経平均は22758 円 261円高

東証1部の出来高は16億6,275万株、売買代金は2兆9,302億円

米国で4月の消費者物価上昇率が市場予想を下回ったため

利上げペースが緩やかになるという見方

米朝首脳会談が6月12日と具体的に決定したことで

北朝鮮の非核化?期待もあるようで節目としていた

22500円をするりと抜けて上昇しました。

スズキは3年連続最高益更新で上昇。

日経は戻りメド としていた 

22500円で叩かれ続ける展開が続いていましたが

抜けてきたので強いとみるべきですが、

1月末ももみ合いを抜けて上抜け上昇かと思ったところ

2月の日経3000円を越える

叩き落としがありました。

今回の上抜けはSQに絡めたダマシにならないかを

確認してから上昇についても遅くないです。

また、5月は上げたとしてもここからは

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言どおり

高値掴みに注意です。

ドル円は日経の上昇ほど上がっていません

ただ、米金利上昇とドル高で新興国通貨の下落ペースは加速しています

中国人民元とマレーシアリンギ、タイバーツ以外は下落していて

アルゼンチンペソは年初来対米ドルで20%弱

トルコリラは10%強、ブラジルレアルも10%程度の下落幅です。

13年5月、バーナンキFRB議長がそれまでのヘリコプターマネー政策から

量的緩和縮小を示唆したことで米国金利が急騰しました。

それが株安、新興国通貨安につながったバーナンキ・ショックがありました。

その時の米10年債利回りは3%程度でした。

いまは2.97%です

2018年末までのアメリカ10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

その場合 今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
この10-20%下落の予測はすでに当たっていて

株価は下落しましたが

まだまだ 長期金利は3.25%になる前です。

そしてその後 更に

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

つまりどういうことかと言うと

長期金利は3%手前の時に既に

株価は10%ー20%の下落となりましたが

10年債利回りが4.5%に達するなら

20%-25%下落すると・・・・

3%手前の時に既に

株価は10%ー20%の下落ですから

もしも 長期金利が 4.5%に達するなら

20%-25%下落では済まないだろうということです。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

このコンセンサスが怪しくなりそうです。

金利上昇で

ドル高に動いていますが

アメリカからすると日本は為替監視対象国となっている事実は変わりません。

円安、日本株高には繋がりにくい状況です。

それから

一番重要な

市場におけるメインプレイヤーである海外投資家、外人の動きです。

これが昨年までとは違って

いつもなら大幅買い越しの4月

日本株の買いに腰が入っていませんでした。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ICOはすぐに売るべし

一流のプロトレーダーは
素人さんが
簡単に自分のようにはトレードできないと知っています

できるものならやってみな(笑)と思っています。

裁量を排除したトレードだけが

普通の人が選ぶべきトレードです
    ↓
http://senman-trade.com/opin/index.html

●ICOは上場 即売り

最近は爆上げ確定ICO案件というような

案内ばかりがひっきりなしに入ってきますね。

極秘情報も何もあったものではないです。

最終的にICOに入れたお金が

現金で帰って来て

儲かった・・・・となれば

それはOKですが、

上場して少し上がったとしてもホールドしているうちに

すぐに買い値まで

下がったのでは意味がないです。

そもそも

ICOに投資しても

上場しないリスクもありますから

それを考慮したらICOには

大きな投資はできないです。

その上でいくらか賭けるかです。

ICOは派手なプロモーションで大金を集めれば集めるだけ

需給が悪くなるので

売りを吸収できないで下りますね。

発行者、運営側、大量保有者はもちろん価格をキープするために

あとから買わせた人には

なるべく売りを出させないようにします。

例えば

証券会社が成長銘柄の株式新規公開(IPO)はをやるときは

資産価値に見合った価格が付きますし(マーケットも資産価値をわかって投資します)

上場した後も

その銘柄の成長によって株式価値が上がって行くことはあります。

よって株価も上がることは納得できます。

企業を所有することのできる会社の所有権

これが株式です。

株式は資産価値があります。株券を発行して増資して広く資金を調達し

取引所に上場するのがIPOです。

このIPOとは全く違うのが仮想通貨のICOです。

ICOという名目で集めたお金は全てトークンという何の資産価値もないものと

交換されます。

交換する方(発行者)は集めれば集めた分だけ

タダでそのお金が自分のものになります。

だからとにかくたくさんのお金を集めたいです。

そして、上手く上場できたなら

売却して現金に変えたいです。

そのお金を事業やサービスに回そうが何をしようが

集めた側の勝手です。

もちろん価格を下げたくないので

売りが出ないように

長期ホールドするメリットを言ってきますが

投資で賭けでお金をいれたなら

上場で売り逃げが正解でしょう。

仮想通貨には資産価値?に見合った価格が無いうえに

主幹事証券会社が企業の成長のためその銘柄を買い支えたり

投資家に勧めたりしませんから

買い手がいなくなれば需給関係で売られるだけです。

ICO案件は分散投資して

上場してくれたらラッキーだと思って

上場時にさっさと売りですね。

上場すると言ってお金を入れても

長い間塩漬けになるケースも多いですから

資金効率を上げるためには

上場時に即売却して

次の銘柄があれば行く。

発行者、運営側、大量保有者は買い支えたいです

だからホールドするメリットを言って来ますが

リスクを背負って資金を入れたのですから

発行者ではない投資家は買い支える必要はありません

さっさと上場で売り逃げが正解でしょう。

そしてまだ儲かると思うなら

次のICO銘柄に行けばいいですね。

発行者側はICOに人気を付けて

多くの金額を集めたいので

極秘情報と言っても

結局はあっちこっちから情報が流れてきます。

発行者はインフルエンサー

アフリエイターたちに大金を払って

広告、マーケティングを仕掛けてきます。

集めたお金が全てトークンという

資産価値もないものと

交換されます。

交換する方(発行者)は集めれば集めた分だけ

タダでそのお金が自分のものになります。

大金を払って

広告、マーケティングを仕掛けても大きな利益になります。

発行者側には最高の資金調達です。

インサイダー規制もない今

入ってくる情報は

安く仕入れた人が儲けるための情報だということを

充分わかってから行動するべきですね。

ICO案件は

上場したらラッキーです

さらに価格が上がって

利益になったら超ラッキーです。

そしたら喜んでさっさと売って

次に行く。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アメリカ長期金利 3%越えですが

机上の空論ではない手法とは実践できることです。
http://225daytrade.com/004/index.html

相場の上げ下げに関係なく
安定的に利益を取る
http://senman-trade.com/opin/index.html

実践して使える手法とは自分のライフスタイルに落とし込めるものでなければいけません。
どんなに利益を大きく取れる時があったとしても、
1日何時間もチャートを見ていなければならないのなら、
自分が本当にやりたいことができなくなってしまいます。
http://225daytrade.com/004/index.html

アメリカ長期金利 3%越えですが
その割に円安、ドル高には触れない

円安の割には 日経は戻りメド としていた 22500円で叩かれ続ける展開

2018年末までのアメリカ10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

その場合 今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
この10-20%下落の予測はすでに当たっていて

株価は下落しましたが

まだまだ 長期金利は3.25%になる前です。

そしてその後 更に

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

つまりどういうことかと言うと

長期金利は3%手前の時に既に

株価は10%ー20%の下落となりましたが

10年債利回りが4.5%に達するなら

20%-25%下落すると・・・・

3%手前の時に既に

株価は10%ー20%の下落ですから

もしも 長期金利が 4.5%に達するなら

20%-25%下落では済まないだろうということです。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

このコンセンサスが怪しくなりあそうです。

金利上昇で

ドル高に動いていますが

アメリカからすると日本は為替監視対象国となっている事実は変わりません。

円安、日本株高には繋がりにくい状況です。

それから

一番重要な

市場におけるメインプレイヤーである海外投資家、外人の動きです。

これが昨年までとは違って

いつもなら大幅買い越しの4月

日本株の買いに腰が入っていませんでした。

相場の上げ下げに関係なく
安定的に利益を取る
http://senman-trade.com/opin/index.html

カテゴリー: 未分類 | コメントする