今日のオープニングトレード、ポイント10月25日、日経225、TOPIXアービトラージシステム・無料版 http://asm303.com/r/c/n5ST/4TEr/QBQw0/





● 最新版

日経225先物とTOPIX先物のアービトラージシステム


検証、実践、利益を重ねている新戦略


日経平均先物 売り 16720円,16720円,16980円,17180円.17220円


TOPIX先物  買い 1,346P,1,341P,1,351.5P,1,366P,1,367P,



●上げ下げを狙うだけのトレードとは全く違うという観点

NTトレード(日経225とTOPIXの鞘取り)

         ↓
日経225、TOPIXアービトラージシステム・無料版
http://asm303.com/r/c/n5ST/4TEr/QBQw0/





● 日経225波動デイトレードポイント





ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。


前日の結果

+0円////17100円買い・・・17180円まで




●日経225先物サイン


寄付き売り



● 日経平均は 17234円  49円高

東証1部の出来高は14億713万株、売買代金は1兆5,658億円

決算発表を控え、薄商いでしたが

業績は今回決算発表に含まれる7-9月期がボトムという見方

も出ていて堅い展開でした。


10月の米製造業購買担当者指数が2015年以来の高水準となりました。

また、シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は24日、

インフレ見通しと労働市場の改善が継続する限り、

2017年末までに3度の利上げが適切だろうと発言。

21日にはサンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁

19日にはニューヨーク連銀のダドリー総裁が、

利上げは近いとの見方を示しています。

これによって米国での年内利上げ観測が高まっています。

ただ、NYダウは77.32ドル高の18223.03ドルと上げています。

これは、予想を上回る決算も出ていることや

AT&Tが1087億ドルでタイムワーナーを買収する計画等

近々でも総額1240億ドルものM&Aが発表されていて

M&Aが活発なことで楽観的な見方が強まった面があります。

M&Aは現金の使い道としては自社株買いや

インフラ投資よりも企業の成長には良い方法だという見方です。



日経平均はようやく先週木曜に

面白くもないレンジを抜けてきました。

レンジ上限となっていた

9月5日 17156円

5月31日 17251円

この2つのうち

9月5日 17156円を越えてきました。

あとは5月31日 17251円を

終値ベースでしっかり超えるかどうかです。
(ザラバでは先週木曜日20日に17288円まで付けています)


ミニ 三尊天井を回避した形です。


5月31日 17251円

を越えてくれば 17500円を目指し



安値14864円とのダブルボトム完成となります。

目先17500円から17600円目標です。


その後は17900円

そして倍返しの20365円が目標となりますが

はたして。

野村証券は年内19000円と言い出していますね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント10月24日、野村は年内日経19000円と・・

● 最新版

日経225先物とTOPIX先物のアービトラージシステム


検証、実践、利益を重ねている新戦略


日経平均先物 売り 16720円,16720円,16980円,17180円.17220円


TOPIX先物  買い 1,346P,1,341P,1,351.5P,1,366P,1,367P,



●上げ下げを狙うだけのトレードとは全く違うという観点

NTトレード(日経225とTOPIXの鞘取り)

         ↓
日経225、TOPIXアービトラージシステム・無料版
http://asm303.com/r/c/n8xG/4YLR/QBQw0/





● 日経225波動デイトレードポイント


17100円買い


ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。


前日の結果

+0円




●日経225先物サイン


寄付き売り



● 日経平均は 17184円  50円安

東証1部の出来高は18億2,750万株、売買代金は2兆320億円

5連騰してたことで週末の利益確定の売りが出たようです。

また、鳥取の地震では

保険会社による保険金支払いのための円買いが入るのでは

という思惑もあって円高に振れたことも影響しました。

週末のニューヨークWTI先物12月限は前日比22セント高、50.85ドル

と50ドル台値固めとなって来ています。


またECBの政策金利と量的緩和プログラムの現状維持と

ECBのドラギ総裁の

量的緩和プログラムのテーパリング(縮小)否定表明の

流れを継いでユーロが下落し3月以来の安値となりました。


10月第2週(10月11日─10月14日)の海外投資家の売買動向は

現物株を1131億円の買い越し(前週は2805億円の買い越し)と

2週連続買い越しています。

10月に入って若干の買い越し基調です。


しかし、今年に入って外人は大幅売り越しで9月までに6.2兆円の売り越しとなったのは

先週書いたとおりです。

(過去最高売り越しは1987年の4.1兆円でした)


日経平均はようやく前日、木曜に

面白くもないレンジを抜けてきました。

レンジ上限となっていた

9月5日 17156円

5月31日 17251円

この2つのうち

9月5日 17156円を越えてきました。

あとは5月31日 17251円を超えるかどうかです。


目先はミニ 三尊天井を回避した形です。


5月31日 17251円

を越えてくれば 17500円を目指し



安値14864円とのダブルボトム完成となります。

目先17500円から17600円目標です。


その後は17900円

そして倍返しの20365円が目標となりますが

はたして。






※昨年の12月1日 高値20012円 から 2月12日 安値 14865円の

 半値波動の17439円

そして2月1日 戻り高値 17905円

もしこれを上回って引ければ

戻りも強いと判断できますが、

結局その後ここまで到達できていません



さて、昨年から注意を促してきた株価の暴落、経済の崩壊ですが

前半戦の重要変化日6月20日前後に向けて

どのような動きが出るかに注意をしていましたが

結果は見ての通りでした。


※6月24日に日経平均は

2月12日 安値 14865円に並ぶ

14864円まで突っ込みました。

6月14日にトレンドラインの16000円を割り込んだときに

前回安値 2月12日  14865円の15000円割れを

試しにいく場面もあるかとしていましたが

そうなりました。

もしこれを割れれば


次の安値めどは

2014年 10月17日の 14523円

2014年 4月14日の 13885円

までない状況です。


2012年11月25日 8135円を底に

アベノミクス相場がスタートしてから

2015年6月高値 20952円の半値波動

12817円割れは上昇相場の完全な終わりを意味します。



年初来からの連続下げなど異常なことが起きていますが
(TOPIXが大発会の4日から12日まで6営業日続落し、年始からの連続安記録としては過去最長を記録)

昨年から注意を促してきたことです。※





※2016年 には1989年バブル崩壊後のレンジ相場の

戻り高値23000円程度には戻る可能性が

まだまだ、まったくないわけではありません

1996年 6月26日高値 22750円をトップに

2001年まで続くレンジ相場


そのあとレンジを底抜けし

リーマンショックの2008年 10月28日安値6994円

それから4年後、まで 日経10000円を挟んでの

更に低い位置でのべたなぎのレンジ相場が続きました。

そして、2012年11月25日 8135円を底に

アベノミクス相場がようやく動き始めました。


しかし、その後3年、いまだ 1996年 6月26日の

戻り高値 22750円を超えられていません。

2016年はここまで戻せるかどうか。戻せるとすれば

最後のチャンスでしょう。※




個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。






変化日 11月30日




(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)



●今日の日経先物


日経先物は 17235円


上限 17350円、17500円
下限 17180円、17000円



というスタンスで見ます。







///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225


10月24日


17500
17350
17250
17180
17100●
17000






さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
http://asm303.com/r/c/n8xu/4YLR/QBQw0/

ブログ
http://asm303.com/r/c/n8xH/4YLR/QBQw0/
伊藤


新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/n8x1/4YLR/QBQw0/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

日経225とTOPIXアービトラージ勝率ほぼほぼ100%で利益を伸ばす方法


検証しながら実践中の

日経225とTOPIXアービトラージ勝率ほぼほぼ100%で利益を伸ばす方法 

動画アップしました。

興味あればご覧下さい。

https://youtu.be/-9bwrQmU3LQ


カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント10月21日、ダブルボトム

https://youtu.be/-9bwrQmU3LQ


::::::::::::::::::::::::::::::::::



● 最新版

日経225先物とTOPIX先物のアービトラージシステム


検証、実践を重ねている新戦略


日経平均先物 売り 16720円,16720円,16980円,17180円


TOPIX先物  買い 1,346P,1,341P,1,351.5P,1,366P,





日経平均先物 買い 16810円,


TOPIX先物  売り 1,343.5P,



決済



日経平均先物  17220円,


TOPIX先物   1,370.5P


+280000円




●上げ下げを狙うだけのトレードとは全く違うという観点

NTトレード(日経225とTOPIXの鞘取り)

         ↓
日経225、TOPIXアービトラージシステム・無料版
http://asm303.com/r/c/nsAk/4YTT/Gd5Tu/





アービトラージなので日経とTOPIX同じ枚数を売り買い反対方向に持ちます。


● 日経225波動デイトレードポイント





ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。


前日の結果

+0円・・・16930円買い・・・・・19870円まで



●日経225先物サイン


寄付き売り



● 日経平均は 17235円  236円高

東証1部の出来高は18億5,108万株、売買代金は2兆825億円

米国大統領選のテレビ討論会が

日本時間10時からの開始となりましたが

ヒラリー優勢は変わらずという見方で、

先回り買いが入りました。

日経は5日続伸で、高値引けとなりました。

ECBは政策金利と量的緩和プログラムの現状維持を発表しました

主要政策金利であるリファイナンスオペの最低応札金利は0で据え置き。

中銀預金金利はマイナス0.4%で維持

資産購入も月額800億ユーロで規模を変えず、

2017年3月まで、

またはECBの目指す2%弱へのインフレ率の持続的上昇が見られるまで継続。

ECBのドラギ総裁は量的緩和プログラムでの購入をまずテーパリング(縮小)することなく

唐突に停止することは恐らくないだろう。

2017年3月以降まで延長する公算が大きい

極めて大規模な金融緩和を維持することに引き続きコミットしていると表明しました。

一部、マーケットに出ていた資産買い入れのテーパリング(縮小)を否定した形です。

これによって

ユーロが対ドルで下落sぎ4カ月ぶりのユーロ安ドル高となっています。



日経平均はようやく

面白くもないレンジを抜けてきました。

レンジ上限となっていた

9月5日 17156円

5月31日 17251円

この2つのうち

9月5日 17156円を越えてきました。

あとは5月31日 17251円を超えるかどうかです。


目先はミニ 三尊天井を回避した形です。


5月31日 17251円

を越えてくれば 17500円を目指し



安値14864円とのダブルボトム完成となります。

目先17500円から17600円目標です。


その後は17900円

そして倍返しの20365円が目標となりますが

はたして。






※昨年の12月1日 高値20012円 から 2月12日 安値 14865円の

 半値波動の17439円

そして2月1日 戻り高値 17905円

もしこれを上回って引ければ

戻りも強いと判断できますが、

結局その後ここまで到達できていません



さて、昨年から注意を促してきた株価の暴落、経済の崩壊ですが

前半戦の重要変化日6月20日前後に向けて

どのような動きが出るかに注意をしていましたが

結果は見ての通りでした。


※6月24日に日経平均は

2月12日 安値 14865円に並ぶ

14864円まで突っ込みました。

6月14日にトレンドラインの16000円を割り込んだときに

前回安値 2月12日  14865円の15000円割れを

試しにいく場面もあるかとしていましたが

そうなりました。

もしこれを割れれば


次の安値めどは

2014年 10月17日の 14523円

2014年 4月14日の 13885円

までない状況です。


2012年11月25日 8135円を底に

アベノミクス相場がスタートしてから

2015年6月高値 20952円の半値波動

12817円割れは上昇相場の完全な終わりを意味します。



年初来からの連続下げなど異常なことが起きていますが
(TOPIXが大発会の4日から12日まで6営業日続落し、年始からの連続安記録としては過去最長を記録)

昨年から注意を促してきたことです。※





※2016年 には1989年バブル崩壊後のレンジ相場の

戻り高値23000円程度には戻る可能性が

まだまだ、まったくないわけではありません

1996年 6月26日高値 22750円をトップに

2001年まで続くレンジ相場


そのあとレンジを底抜けし

リーマンショックの2008年 10月28日安値6994円

それから4年後、まで 日経10000円を挟んでの

更に低い位置でのべたなぎのレンジ相場が続きました。

そして、2012年11月25日 8135円を底に

アベノミクス相場がようやく動き始めました。


しかし、その後3年、いまだ 1996年 6月26日の

戻り高値 22750円を超えられていません。

2016年はここまで戻せるかどうか。戻せるとすれば

最後のチャンスでしょう。※




個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。






変化日 11月30日




(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)



●今日の日経先物


日経先物は 17280円


上限 17350円、17500円
下限 17150円、17000円



というスタンスで見ます。







///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225


10月21日


17500
17350
17250
17150
17000
16950
16930●





さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
http://asm303.com/r/c/nsAF/4YTT/Gd5Tu/

ブログ
http://asm303.com/r/c/nsAA/4YTT/Gd5Tu/
伊藤


新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/nsAX/4YTT/Gd5Tu/


カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント10月20日、ブラックマンデー

● 最新版

日経225先物とTOPIX先物のアービトラージシステム


検証を重ねている 両建ての両建て作戦です。


日経平均先物 売り 16720円,16720円,16980円


TOPIX先物  買い 1,346P,1,341P,1,351.5P,




日経平均先物 買い 16810円,


TOPIX先物  売り 1,343.5P,



※アービトラージなので日経とTOPIX同じ枚数を売り買い反対方向に持ちます。


● 日経225波動デイトレードポイント


16930円買い


ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。


前日の結果

+20円・・・16920円買い



●日経225先物サイン


寄付き売り



● 日経平均は 16998円  35円高

東証1部の出来高は15億6,110万株、売買代金は1兆6,631億円

米大統領候補のテレビ討論会を控え様子見となりました。

閑散相場小幅の動きしかありません。

東証1部の9月の1日当たり売買代金は平均で2兆2988億円と

2年ぶりの低水準となっています。

下れば日銀がETFを買う、でも上値を追う投資家はいないという状況が

ずっと続いています。

年初から書いてきましたように、頼みの海外投資家は

アベノミクス相場に合わせて2013年に現物株を大量15兆円買い越し

で日本株が大きく上昇しました。

その後翌、2014年は8527億円買い越しと買い越し額は大幅に減少しました。

累計買越額のピークは2015年5月に18.8兆円となっていました。

しかし、今年に入って外人は大幅売り越しで9月までに6.2兆円の売り越しとなりました。

(過去最高売り越しは1987年の4.1兆円でした)

TOPIXが大発会の4日から12日まで6営業日続落し、

年始からの連続安記録としては過去最長を記録しました。

チャネラーがバシャールからの提言ということで

2016年秋にすべてが変わると言っている話は有名です。

「変化は瞬間に起こることもあれば、

ある程度の期間を経ての変化もある。

どちらにせよ、変化は2016年の秋に始まったと思える。

金融情勢、経済状況が突如変わる。

再度、経済的な大不況が起こる。

アメリカを筆頭に経済システムと税制の見直しが始まり、国の立て直しに入って行く・・・」

こんなことを言っています。

毎年10月になると暴落説が出てきますが

今年は特に需給がいびつなのが気になりますね。


ブラックマンデーから31年です。



日経平均は引き続き

面白くもないレンジ、レンジです。

転換線16856円でサポートされています。

レンジ上限

9月5日 17156円

5月31日 17251円に接近した

変化日・・7日近辺(11日)17074円が目先高値となっています。

レンジ上限

9月5日 17156円

5月31日 17251円

ここを超えるかに注目です。



9月5日 17156円を越えられないで

ショルダーラインの16500円を割り込むと

レンジとはいえ、ミニ 三尊天井となります。


下は16300円あたりに固いサポートがあります。

ここを

割り込めば

15824円近辺までの押しはありそうです。


一方

9月5日 17156円

5月31日 17251円

を越えてくれば 17500円を目指し

安値14864円とのダブルボトム完成となります。

目先17500円から17600円目標です。






※昨年の12月1日 高値20012円 から 2月12日 安値 14865円の

半値波動の17439円

そして2月1日 戻り高値 17905円

もしこれを上回って引ければ

戻りも強いと判断できますが、

結局その後ここまで到達できていません



さて、昨年から注意を促してきた株価の暴落、経済の崩壊ですが

前半戦の重要変化日6月20日前後に向けて

どのような動きが出るかに注意をしていましたが

結果は見ての通りでした。


※6月24日に日経平均は

2月12日 安値 14865円に並ぶ

14864円まで突っ込みました。

6月14日にトレンドラインの16000円を割り込んだときに

前回安値 2月12日  14865円の15000円割れを

試しにいく場面もあるかとしていましたが

そうなりました。

もしこれを割れれば


次の安値めどは

2014年 10月17日の 14523円

2014年 4月14日の 13885円

までない状況です。


2012年11月25日 8135円を底に

アベノミクス相場がスタートしてから

2015年6月高値 20952円の半値波動

12817円割れは上昇相場の完全な終わりを意味します。



年初来からの連続下げなど異常なことが起きていますが
(TOPIXが大発会の4日から12日まで6営業日続落し、年始からの連続安記録としては過去最長を記録)

昨年から注意を促してきたことです。※





※2016年 には1989年バブル崩壊後のレンジ相場の

戻り高値23000円程度には戻る可能性が

まだまだ、まったくないわけではありません

1996年 6月26日高値 22750円をトップに

2001年まで続くレンジ相場


そのあとレンジを底抜けし

リーマンショックの2008年 10月28日安値6994円

それから4年後、まで 日経10000円を挟んでの

更に低い位置でのべたなぎのレンジ相場が続きました。

そして、2012年11月25日 8135円を底に

アベノミクス相場がようやく動き始めました。


しかし、その後3年、いまだ 1996年 6月26日の

戻り高値 22750円を超えられていません。

2016年はここまで戻せるかどうか。戻せるとすれば

最後のチャンスでしょう。※




個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。






変化日 11月30日




(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)



●今日の日経先物


日経先物は 16985円


上限 17000円、17160円
下限 16930円、16830円



というスタンスで見ます。







///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225


10月20日


17160
17000
16950
16930●
16830
16780
16730




さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
http://asm303.com/r/c/ns83/4Caj/QBQw0/

ブログ
http://asm303.com/r/c/ns8w/4Caj/QBQw0/
伊藤


新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/ns8j/4Caj/QBQw0/




配信解除URL
http://asm303.com/r/d.php?t=27……uteway.com
※ワンクリックするだけで配信解除ができます
ワンクリック解除なのでご注意を

あくまで情報の提供が目的であり、内容には充分注意していますが、
内容の正確さが保証されたものではなく、投資を勧めるものでもありません。
投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。



● リアルオプショントレード塾に
参加された方々が次々に実践を行い


結果を出されている様子。


http://asm303.com/r/c/ns8W/4Caj/QBQw0/
 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

株は売っとけ

無料メルマガ

相場分析情報

メールアドレス登録をされていなければ


こちらから忘れずに登録をお願いします。




株は買うな、売れという理由

無料レポートです。

http://03auto.biz/clk/archives……vzuqw.html


来週の相場 日柄 波動については

後ほど計算して 掲載します。







先にやられてしまったですが

http://03auto.biz/clk/archives……tsrxb.html


これは・・
面白いですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

FXセミナー無料動画プレゼント

10分間のトレードで1日20万円の利益をノルマにしているFXトレーダー

そのセミナーが今だけ無料で見れます。


無料なので今すぐ見ておかれることお勧めです。


http://03auto.biz/clk/archives……hbeph.html





それから


SIGMAシステム
http://03auto.biz/clk/archives……ulbnh.html

と一緒にピコン、ピコンと逆転FXツールを表示させていますが



逆転FX


これは

自動売買システムではなく、シグナルツールですので、
お好みのブローカーでトレードできるものです。

http://03auto.biz/clk/archives……ssxye.html


各トレーダーが要求する売買頻度に併せて、
好みの時間足、通貨ペアで自由に使えるシステムで

点灯したシグナルは、アラートで教えてくれ、
また外出先でもメールでシグナルの内容をリアルタイムに
把握することができます。



現在39,800円で販売されていますが


さらに、4月1日から通常販売価格の49,800円に
値上げになるそうです。

が、

その前にも5000円の値上げが15日に予定されています。
明後日までは今の価格で手に入る・・ということのようです。


ですので39,800円での
販売はこれっきりで終了となってしまいます

ドンドン大幅値上げとなりますので

この機会に手にいれておかれることお勧めいたします。

http://03auto.biz/clk/archives……ssxye.html

カテゴリー: 未分類 | コメントする

円安も

相場分析無料メルマガ  メールアドレス登録は

こちらから

https://1lejend.com/stepmail/k……p?no=43936

●日経平均は 9647円  51円高


3日続伸となりました。円安でしっかりとした動きとなりました。

一方では東証1部騰落レシオは137.99%等

テクニカル面での過熱感もかなり意識されています。

先週末も外人が金融株等を買っていましたし

2012年2月第3週( 2月13日~2月17日 )の

東証投資部門別 株式売買状況 三市場では240,664,923千円の

海外投資家の買い越しとなっていて引き続き外人買いが続いています。

先週はじめに横ばいから上昇に転じた26週線に13週線にゴールデンクロスしましたが

先週末には25日線が下降から横ばいになった200日線(9040円)にゴールデンクロスしました。

長期線が下降局面でのゴールデンクロスではなく

横ばいから上昇へ変化する過程での

ゴールデンクロスなのでしっかりとした相場になってきている表れといえます。



今週は1月米耐久財受注、2月米消費者信頼感指数

2月中国PMI、HSBC2月中国PMI改定値、2月米ISM製造業景気指数などが発表されます。

またバーナンキ議長証言が29日に予定されています。

ECBによる3年物長期資金供給オペも月末に予定されています。


先週末のNY市場で円は、主要通貨に対して大幅下落し

対ユーロでおよそ4カ月ぶり、対ドルで7カ月半ぶり安値をつけています。


NYダウは1ドル安 12982ドル と小幅下落し

2008年のリーマンショック前につけた高値を上抜けすることはできなかったものの

S&P500はリーマンショック前の2008年6月6日以来、

約4年ぶりの高値で引けています。。

NYダウが高値を抜けれるかどうかに注目です。




日経平均はしっかりとした動きが続いていますが

そろそろ一旦上昇が止まるというのが

日柄的にも収まりが良いのです。果たしてそうなるでしょうか。

そしてさらに本日2月27日は重要変化日です。

ここから●日までは気の抜けない重要な

日柄が続きます。



※ 目先の押しの目処として見ていた

9358円、9235円、9167円、9070円

(転換線は9310円でさらに上昇しています。)

このあたりまで押さないで一気に上がらないとも限りません。


一押ししてから

⇒9522円(到達)、9764円、10100円、10374円あたりまで

というのがきれいな波動ですが

目先相場が上がるなら相場の方が正しいので仕方ありません。※

相場のことは相場に聞くしかありません。


ではどこまで押し目らしい押し目もなしで上がるかということですが

前回並み(2010年11月2日 9123円から 2011年1月13日 高値10620円まで)

の上昇とすると 9718円となります。

これは上記 上昇目処の第2目標 9764円に近い価格となります。


このあたりが順当なところですが

2011年2月17日 高値10891円から

2011年11月25日安値8135円の

3分の2戻しの9973円近辺まで

中期上昇波動に変化したばかりの強い相場なら一気に行くというのも想定内でしょうか。


そうは言っても押し目は作る訳ですから

ここで飛びつくよりは押し目待ちに分があるのは変わらずです。


押し目も作っていない今の段階では次の上昇波動第2波は

推測でしかなくなりますので

その計算は押しがあったところで再計算したいと思います。




※ NYダウは前回並みの中期波動と見るなら

2008年5月 高値13058ドルはクリアして13779ドル、

もしくは前回の2007年 10月高値 14164ドルを抜けて

14344ドル、14965ドルという計算になります。※


日経平均は1月18日に三角持ち合いを離れ

1月20日から短期上昇波動に変わりました。
(均衡表の好転)

また、中期では依然下落波動でしたが2月16日には中期でも上昇波動に変化しています。
(重要なポイントを引けで抜けてきつつ長期線が上向きに変化しています)



日経225よりも全体的な動きを表すTOPIXは

日経平均よりも早く2月8日には前回の重要ポイントを

上抜けてきていました。


日経平均値とTOPIXの動きはNT倍率で見られることが多いです。


NT倍率とは、日経平均をTOPIXで割った指数です。

日経平均は値がさ株中心のハイテク輸出株の影響が大きいのですが

TOPIXは東証一部全部の時価総額で計算されますので

日経平均よりもより市場全体を示す指数となります。

そしてどちらかというと時価総額の大きな金融等の内需株の影響が大きくなります。

一般的にはNT倍率が高いと、輸出株が高く

NT倍率が低いと内需株が高いということができます。

リーマンショック後にNT倍率は過去10年間無かったところまで上昇しています。

相場が下がるなかでも低迷する日本よりは

新興国中心の外需で輸出株が買われたといえるのでしょうが

為替でドル円がピークを付けた昨年10月末を頭に

NT倍率は下降トレンドになっています。

今度は相場が輸出株主導ではなく全体的に嵩上げになっていることがその理由ですが

もしかすると円安傾向にもかかわらず

これからは復興関連だけでなく大きな流れのなかで

内需にシフトして行くということの現れかもしれません。




個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。


※変化日

2月27日 、3月●日(重要)


(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)




●今日の日経先物

先週末の先物は

9580円から9530円のレンジでサポートされそう

上値目処 9650円

としていましたが


ザラ場安値 9570円
ザラ場高値 9640円

でほぼ想定どおりでした。



CMEは 9705 円

このあたりで寄り付いた場合

本日の先物は

●●されそう


上値目処 ●円
下値目処 ●円

というスタンスで見ます。


相場分析無料メルマガ  メールアドレス登録は

こちらから

https://1lejend.com/stepmail/k……p?no=43936


///////////////////////////////////////////////////////////////

カテゴリー: 225今日のトレードポイント | コメントする

では、一気にどこまで上がるか

相場分析無料メルマガ  メールアドレス登録は

こちらから

https://1lejend.com/stepmail/k……p?no=43936

●日経平均は 9595円  41円高



前日のNYダウの下落と

2月のユーロ圏購買担当者景気指数速報値でサービス部門が予想外に悪化し、

ユーロ圏経済がリセッションに陥るとの懸念から売り優勢で始まったものの

円安で輸出株などへの買いが入り上昇して終わりました。

ザラ場高値9609円まであって戻り高値をさらに更新しています。

中期下落波動に慣れていた感覚からするととにかく強い相場に感じます。


先物の30足均衡表を見ても20EMAで押さえられていますが

雲ではしっかりサポートされている状況です。

http://225nk.blogspot.com/2012……st_23.html


変化日と雲のねじれが重なるhttp://225nk.blogspot.com/2012……t_23.html” target=”_blank”>

21日から23日あたりで一旦上昇が止まるというのが

日柄的にも収まりが良いのですが

※ 目先の押しの目処として見ていた

9358円、9235円、9167円、9070円

(転換線は9279円でさらに上昇しています。)

このあたりまで押さないで一気に上がらないとも限りません。


一押ししてから

⇒9522円(到達)、9764円、10100円、10374円あたりまで

というのがきれいな波動ですが

目先相場が上がるなら相場の方が正しいので仕方ありません。※

相場のことは相場に聞くしかありません。


ではどこまで押し目らしい押し目もなしで上がるかということですが

前回並み(2010年11月2日 9123円から 2011年1月13日 高値10620円まで)

の上昇とすると 9718円となります。

これは上記 上昇目処の第2目標 9764円に近い価格となります。


このあたりが順当なところですが

2011年2月17日 高値10891円から

2011年11月25日安値8135円の

3分の2戻しの9973円近辺まで

中期上昇波動に変化したばかりの強い相場なら想定内でしょうか。


そうは言っても押し目は作る訳ですから

ここで飛びつくよりは押し目待ちに分があるのは変わらずです。


押し目も作っていない今の段階では次の上昇波動第2波は

推測でしかなくなりますので

その計算は押しがあったところで再計算したいと思います。


また変化日にもなっている3月●日は

かなり重要な日柄となります。

●●はいろいろ重なる日柄なので

・・・・に要注意です。


昨晩のNYダウは

46ドル高 12984ドル

米失業保険申請件数や住宅価格指数を好感して買いが入って上げました。

NYダウの波動は下記お伝えしているとおりです。


※ NYダウは前回並みの中期波動と見るなら

2008年5月 高値13058ドルはクリアして13779ドル、

もしくは前回の2007年 10月高値 14164ドルを抜けて

14344ドル、14965ドルという計算になります。※




個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。


※変化日

2月21日、2月●日(重要)3月●日


(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)




●今日の日経先物

昨日の先物は


9550円から9500円のレンジでサポートされそう


上値目処 9610円


としていましたが


ザラ場安値 9500円
ザラ場高値 9610円

でほぼ想定どおりでした。



CMEは 9595 円

このあたりで寄り付いた場合

本日の先物は

●●されそう


上値目処 ●円
下値目処 ●円

というスタンスで見ます。


相場分析無料メルマガ  メールアドレス登録は

こちらから

https://1lejend.com/stepmail/k……p?no=43936


///////////////////////////////////////////////////////////////

日経225デイトレード波動分析

カテゴリー: 225今日のトレードポイント | コメントする

ねじれの日

相場分析無料メルマガ  メールアドレス登録は

こちらから

https://1lejend.com/stepmail/k……p?no=43936

●日経平均は 9554円  90円高


NYダウが横ばいだったことや過熱感などから利益確定売りに押されると思われましたが

中国PMIが前月から改善したことからのアジア株の上昇と

80円台を回復する円安で東証1部の銘柄の9割近くが上がりました。

なんと東証2部総合指数は27営業日続伸で史上最高記録となっています。


変化日でもあり上昇目処の第一目標9522円に到達したことから

さすがに 一旦調整の一押しがありそうな場面と思われましたが

ザラ場の戻り高値更新で9564円まで。

押し目待ちに押し目なしとなっています。

日足チャートから見ても一旦下げてから・・・

と思われましたがそうは行かないのが相場です。

本日も高値近辺で小さく持ち合うようなことがあれば

小休止からさらに上昇になってもおかしくないチャートになってしまいます。



こうなると

目先の押しの目処として見ていた

9358円、9235円、9167円、9070円

このあたりまで押さないで一気に

次の上昇の目処9764円まで上がらないとも限りません。


一押ししてから

⇒9522円(到達)、9764円、10100円、10374円あたりまで

というのがきれいな波動ですが

目先相場が上がるなら相場の方が正しいので仕方ありません。


転換線は9255円で上記9235円に近い価格となっています。


そうは言っても押し目は作る訳ですから

ここで飛びつくよりは押し目待ちに分があるというものです。


そして今日は均衡表雲のねじれの日です。

21日変化日 23日雲のねじれと

ここ数日は・・・・●となっています。









日本銀行前副総裁武藤氏がブルーブバーグのインタビューで次のように語っていました。

「ギリシャやポルトガルはマイナス成長の中で増税しており、フランスやイタリアも増税を計画している。

イタリアはマイナス成長だし、フランスも日本より成長率は低いが、財政赤字の悪影響が差し迫ってくると、

経済にとって良いか悪いかという判断より、増税しないとデフォルトの淵に立ってしまう。

日本はそうなる前に賢明な判断をすべきだ」
http://www.bloomberg.co.jp/new……Q0X01.html

経済はどうでもいいから増税だ。増税しないとデフォルトだ。

デフォルトを避けるために増税だ。・・と恐ろしい話ですね。


増税しなければ年金や医療などの社会保障経費が賄えない

社会保障のしっかりした安心社会を作るための増税・・・・

という大義名分だったので増税も仕方ないかなと思う人も

いたかもしれません。


しかし、デフォルトを避けるのを目的とした後ろ向きな意味での

増税をすべきだと聞かされると

日本は本当にギリシャか?と思わされてしまいますね。


そもそも増税よりも前に消費税増税分以上のものを

削ればいいだけの話です。

民主党は今月はじめに行政構造改革実行法案で

国家公務員の総人件費の2割にあたる1.1兆円の削減を目指すとして

いましたが、結局は各府省が「総人件費管理計画」を作れということで

削減される側の国家公務員任せにしています。

削減される側が真剣に考えるでしょうか?

さらに岡田副総理は数値目標をぶち上げて、実現可能性に疑問符がついては困ると

総人件費2割削減を明言していませんでした。

国家公務員の総人件費削減の問題だけを取ってもこんな状況です。

いかにも進んでいるように見せながら、余計に突っ込まれないようにそっとしておいて

本当は削減すべきものを隠したり守ったりしている・・・・・

ということに皆そろそろ気づいています。






個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。


※変化日

2月21日、2月●日(重要)3月●日、


(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)




●今日の日経先物

昨日の先物は


9480円から9530円のレンジで動きそう

レンジを離れれば


下値目処 9450円、9410円


としていましたが


ザラ場安値 9430円

でほぼ想定どおりでした。



CMEは 9570 円

このあたりで寄り付いた場合

本日の先物は

●●されそう


上値目処 ●円
下値目処 ●円

というスタンスで見ます。




///////////////////////////////////////////////////////////////



相場分析無料メルマガ  メールアドレス登録は

こちらから

https://1lejend.com/stepmail/k……p?no=43936

カテゴリー: 225今日のトレードポイント | コメントする