核合意?

2010年から検証、実践、検証、実践を何度も何度も繰り返してきた結果、
今時点で最高のものに落とし込みました。

机上の空論ではない手法とは実践できることです。
実践して使える手法とは自分のライフスタイルに落とし込めるものでなければいけません。
どんなに利益を大きく取れる時があったとしても、
1日何時間もチャートを見ていなければならないのなら、
自分が本当にやりたいことができなくなってしまいます。
http://225daytrade.com/004/index.html

米国がイラン核合意を離脱し、対イラン制裁を再開すると
トランプ大統領が発表したことで
イラン産原油の供給途絶や中東情勢の不安定化を招く可能性がある?とみられています。

経済制裁でイランの原油生産が減少し始める可能性があり
イランの生産量は向こう1年─1年半で最大で日量60万バレル減少する見通しも出ています。
WTI原油は徐々に上昇し80ドルを目指すとの見方もあります。

ただ核合意については
アメリカ以外の他の5国は合意を継続しますし

アメリカのイラン孤立化政策は今に始まったことではありません。

もともと核拡散防止条約 NPTは公平、公正なものではなく
強者の論理 でしかありません。

国際法も 国連も 強国には関係ないのが
この世界の事実ですね。

正義や公平さで動いては行かないとわかっているだけでも
ニュースをどうとらえて行くか
市場にどう影響があるかを
見極めやすくなるかもしれません。

仮想通貨のICOで資金が塩漬けになっていませんか?
http://225daytrade.com/004/index.html

こればっかりで申し訳ないですが

重要な話なので。

外人は日本株を

4月に関しては過去17年連続で買い越しています。

今年も

4月は17年連続の

買い越し基調となりました。

が、

なんと4月最終週は売り越しです。

1509億円の売り越しです。

4月1カ月間では

2071億円の買い越しとなりました。

が、

これは

2017年4月

7555億円買い越し

2016年4月
8604億円買い越し

2015年4月
1兆9953億円買い越し

と比較してあまりに

小幅の買い越しでしかありません。

これ 異常事態ですよ。

  

カテゴリー: 未分類 | コメントする

プレゼント企画も終了です:もう躊躇しない 今日のオープニングトレードポイント5月8日

中高年千万トレーダープロジェクトの
参加受付は先日完全に終了しました。

本当にありがとう。

あなたを含めて

1000人以上の投資をしている仲間が
この手法に興味をもってくれ、

そして、その中の多くの人が
自由な時間を持って自分の人生を
充実して進んで行くことに共感してくれるとともに

「自分もやってみたい!」

と、いままでのトレードとは一線を画した
このプロジェクトに
第一歩を踏み出してくれたことを
心から嬉しく思います。

そして、一緒になって

マーケットの上げ下げに関係なく
利益を上げて行きながら
自分の本当にやりたいこと
やるべきことに集中できる生活を叶えるため

既に参加者は動き始めています。

ところで

あなたは覚えていらっしゃるでしょうか?

ある方から寄せられた
熱烈なリクエストをきっかけに

不安を極力排除した
特別なメールを後日お知らせします。

・・・・とあなたに言ったことを・・・

そう言ったものの・・・・・

これは

自分にかかる負担と責任が桁違いに大きいので

正直今の今まで

あなたにメールするのをためらっていました。

情けない話ですが躊躇していました。

GWの間ずっと考えていました。

覚悟してこのプロジェクトをやると言ったのにです。

しかしあなたが

不安を排除したいという気持ちは当然です。

「決断できなかった。」

「今までのように稼げなかったら嫌だ。」

「これ以上、借金を増やしたくないから。」

・・・そういう気持ちは当然です。

繰り返しになりますが

これは不安を極力排除したいという方限定のオファーです。

全員にお送りしてはいません。

もし該当者以外にこのメールが送られていましたら

スルーして下さい。

特別オファーの参加費は正直かなり高くなります

でも躊躇するのはもう止めにします。

あなたが不安を極力排除したいというオファーを受け取りたい場合は

こちらからオンライン説明会に申し込んでください。
       ↓

http://asm303.com/r/c/CLWd/DdbN/5zyzk/

原油価格が上昇しています

原油価格が2014年以来の高値を付けています

原油高で企業にかかるコストが増え

物価と賃金の上昇圧力も強まっています

FRBはあと2回の年内利上げと言っていますが

利上げペースが早まる可能性は?

そして、前日会計基準の変更で大きな損失を計上した

バークシャーのウォーレン・バフェット氏は

アップル株を買い増したと公表していましたが

アップル株を100%保有したいとまで言っています。

そのバフェット氏ですが

相変わらず

ビットコインには完全否定の発言を繰り返しています。

ビットコインには「おそらく殺鼠剤を二乗した殺傷力がある」と言っています。

アップルは全部欲しい、ビットコインは危険極まりない

ということです。

そろそろ企業の決算発表もピークを過ぎてきますので

目先高値掴みには注意のタイミングでしょうか。

追伸

もう躊躇しません

あなたが不安を極力排除したいというオファーを受け取りたい場合は

こちらからオンライン説明会に申し込んでください。
       ↓

http://asm303.com/r/c/CLWd/DdbN/5zyzk/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント4月27日 コインチェックから誰が金を取ったか

毎日、決まった時間に1日10分以内でできる

裁量無しで勝てる理由と再現性のある

リスク最小の手法。

参加の方は

5月1日からスタートとなります。

楽しみにしておいてください。

   ↓

http://asm303.com/r/c/Cmzi/DXNT/3RyPG/

参加された人には

コミットして行きます

また申し込まれた方は、お支払いを3日以内にお願いします。

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/Cmzd/DXNT/3RyPG/

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

寄付き 売り

+250円で利確  -180円でロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

22330円買い

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+0円・・・・22180円買い

● 日経平均は 22319円 104円高

東証1部の出来高は15億2,037万株、売買代金は2兆7,856億円

昨日の注目は

マネックス。

子会社化した仮想通貨交換業者のコインチェックの

業績見通しを発表し、営業利益は537億円で特別損失は473億円、

税引前利益は63億円

これでストップ高でした。

以前、買収発表のときに

マネックスは

2018年3月期の数字はまだ出ていないとして

内容については今の時点では非公開としていました。

その時にこのメルマガでは

※直近の数字が知りたいですしそれが見えないと良く見えない状態ですが

2016年から2017年に売り上げ(取扱い金額?)が9倍になっています。

2018年はこれ以上の伸びでしょうから

売り上げが10倍から20倍に伸びたとしたら・・・・

・・・もし、2018年3月に純資産が前年の21倍になっていたら

810億円になっている計算です。

純資産が10倍少し増えていれば

NEMの補てんを

ぎりぎり自己資金で行えたことになります。

:::::::::::::::
と書きました。で

発表されたのは売り上げ626億円

営業利益は537億円で特別損失は473億円、

税引前利益は63億円

ここでいう売り上げは先日の IR からすると

取り扱い手数料と思っていいので

ほぼ粗利となっています。

ここから販管費88億を引いても(人件費、家賃、広告費等でしょう)

営業利益は537億出ています。

そして

この営業利益はそのまま、純資産となるでしょうから

NEMの補てん金だと思われる

特別損失473億円、をここから捻出できたということです。

想定したように

純資産は21倍にはなっていませんでしたが

大きくは外してなあったと思います。

そしてコインチェックは

儲けをほぼ吐き出して

誰かがその儲けを取っていたということです。

誰なのかは完全に

誰も触れなくなりました。

無茶苦茶闇が深そうです。

そして毎週追いかけている外人動向は

4月第3週も

1151億円の買い越しで

例年通り4月買い越し基調ですが

下記書いているとおり

例年の比ではないくらい

小幅な買い越しでしかありません。

次は1月29日高値 24129円から

3月26日 安値 20347円の

半値戻りの22238円に来ました

ここから

2月27日高値 22502円を抜けられるかです。

2018年末までのアメリカ10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
(すでに下落しましたが3.25%になる前です)

今度は

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

このコンセンサスが怪しくなってきています。

金利上昇で

ドル高に動いていますが

(ドル円109円台)

アメリカからすると日本は為替監視対象国となっている事実は変わりません。

それから

一番重要なのは

市場におけるメインプレイヤーである海外投資家、外人の動きです。

今日発表予定の4月第3週外人の日本株売買動向に注目ですが

先週発表の 外人の日本株売買動向では

2018年4月第2週 2018/4 week2 ( 4/9 – 4/13 )に

845億円買い越し

その前週

2018年4月第1週 2018/4 week1 ( 4/2 – 4/6 )は

外人は日本株を

1584億円買い越しています

4月に入って例年通り買い越し基調になっていますが

これは

2017年4月

7555億円買い越し

2016年4月
8604億円買い越し

2015年4月
1兆9953億円買い越し

と比較してあまりに

小幅の買い越しでしかありません。

2月の暴落場面でショート(売り)したモノを

一部買い戻している程度で

本格的な買いを入れている状況ではありません。

日経平均は

1月29日高値 24129円から

3月26日 安値 20347円の

半値戻りの22238円と

2月27日高値 22502円を抜けられるかです。

ここを抜けて外人が本格的に買いを入れてくれば

5月高相場へ向かいますが

そうでなければ

今年は前半戦は盛り上がらずに秋口まで

行く可能性が濃厚になります。

例年夏場は相場が盛り上がらないので

外人が買いに来ても

買いに来なくても

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言どおり

5月中に売っておく用意をしておくことが正解となりそうです。

アメリカは半期に一度の為替報告書で

中国、ドイツ、日本、韓国、スイスを引き続き

為替監視対象国に指定しインドも監視対象国リストに追加しています。

先週発表の

2018年4月第1週 2018/4 week1 ( 4/2 – 4/6 )の

売買動向ですが

外人は日本株を

1584億円買い越しています

(個人は1246億円売り越しです。)

外人の日本株売りは

1月第2週から留まることなく継続し

11週連続で日本株を売り越していましたが

3月第4週に

外人が日本株現物を12週ぶりに買い越しました

小幅48億円ですが買い越しです

外人は

4月に関しては過去17年連続で買い越しています。

そして過去10年は年間で最も買い越し規模が大きい月となっています。

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言になる

所以です。

日本株は

ここから好決算の追い風があれば

例年通り4月、5月の上昇に向かうことができるのか・・。

ここからが前半戦のヤマ場です。

前半戦のヤマ場を逃すと

年末までチャンスは遠のくと思われます。

4月、5月の上昇に向かうことができなければ

昨年秋19200円台から始まった日経平均の連騰劇前の水準

19200円あたりが見えてきます。

2018年3月第4週 2018/3 week4 ( 3/26 – 3/30 )の

投資主体別売買動向では

外人が日本株現物を12週ぶりに買い越しました

小幅48億円ですが買い越しです。

しかしトータルでは

3月も外人の日本株売り越しは続き

第1週 3754億円の大幅売り越し

第2週1728億円の売り越し

第3週4541億円の売り越しでした。

外人の日本株売りは

1月第2週から継続していました。

11週連続で日本株を売り越していました。

日本株のバリューは割安で

配当利回り=10年国債利回りとなる水準まで

株式が上昇するとすれば

日経3万円から4万円の計算が成り立ちますが

日本株のショートに着手したという

世界最大のヘッジファンドブリッジウォーター・アソシエーツは

イタリアの銀行など欧州大手企業株の空売りポジションも2兆3400億円積み上げています。

不安材料としては

下記にずっと書いているように

外人が大幅売り越し

それと

これ以上の金融緩和はあり得ない日銀は

ドル安に対して打つ手がありません。

日銀が年内に緩和縮小に向けて動き出した場合

円高に一気に動くリスクは高まります。

今年の注目はFRB,ECBが舵を切った緩和縮小に

日銀がいつついて行くかです。

18年度にも日銀の金融政策変更の可能性があるという一部見方も出ています。

現物株の

2013年の年間外人買い越し額は

15兆3766億円という大きな金額で

アベノミクス第一幕を牽引しましたが

2014年は1兆902億円の買い越し

2015年は1215億円の買い越しと

買い越し額は激減しています。

そしてアメリカだけの売買動向をみれば

2013年の大幅買い越しから

14年、15年とも大幅売り越しに転じていました。

そして

2016年に日本株を3兆6887億円売り越した外人でしたが

2017年 年間トータルでは現物2市場(東証名証)で

7532億円の

買い越し基調に戻っています。

2018年は

1月第1週の4851億円の大幅買い越しから

大幅売り越し転換しています。

2月も

1兆1424億円の大幅売り越しでした。

個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。

変化日 5月1日、

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

●今日の日経先物

日経先物は  22440円

上限 22500円、22650円
下限 22330円、22250円

というスタンスで見ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225

4月27日

22650
22500
22400
22330
22250

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かで自由な仲間となる

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
伊藤

【公式メディア】

◆routeway公式LINE@登録↓ (登録者限定で特別情報公開中)

http://asm303.com/r/c/CmzJ/DXNT/3RyPG/

◆ ブログ
http://asm303.com/r/c/CmLS/DXNT/3RyPG/

◆ HP
http://asm303.com/r/c/CmLn/DXNT/3RyPG/

◆ メルマガ
新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/CmLR/DXNT/3RyPG/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント4月25日、金利上昇でコンセンサスが

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/Cf5P/DA3G/8y9gO/

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

寄付き 売り

+250円で利確  -180円でロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

22150円売り

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+0円・・・・22100円買い

● 日経平均は 22278円 190円高

東証1部の出来高は14億6,994万株、売買代金は2兆4,349億円

アメリカ長期金利が3%に接近し

ドルが買われて108円後半の円安となりました。

東京市場は反発しました。

原油高。アメリカ金利高で石油関連、金融株が買われました。

前日 米10年債利回りは2.998%と、

約4年ぶりの高水準を更新していましたが、

ついに

2014年1月以来の高水準となる3.003%と

3%超えの場面がありました。

3.25%以上に上昇すれば、投資家が株式などのリスク資産から

米国債に資金を移動する可能性があると見られています。

アメリカ株式市場ですが

キャタピラーが通年の利益見通しを引き上げたものの

1-3月が利益のピークだとの経営陣の発言で

嫌気され大幅安。業績期待から買われていた株式への不安が出ています。

アルファベットも急落し、

S&P500は前日比1.3%安

NYダウ平均は424.56ドル下げています。24024.13ドル。

2018年末までのアメリカ10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
(すでに下落しましたが3.25%になる前です)

今度は

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

このコンセンサスが怪しくなってきています。

金利上昇で

ドル高に動いていますが

(ドル円109円台もありました)

アメリカからすると日本は為替監視対象国となっている事実は変わりません。

それから

一番重要なのは

市場におけるメインプレイヤーである海外投資家、外人の動きです。

先週発表の 外人の日本株売買動向ですが

2018年4月第2週 2018/4 week2 ( 4/9 – 4/13 )に

845億円買い越していて

前週

2018年4月第1週 2018/4 week1 ( 4/2 – 4/6 )は

外人は日本株を

1584億円買い越しています

4月に入って例年通り買い越し基調になっていますが

これは

2017年4月

7555億円買い越し

2016年4月
8604億円買い越し

2015年4月
1兆9953億円買い越し

と比較してあまりに

小幅の買い越しでしかありません。

2月の暴落場面でショート(売り)したモノを

一部買い戻している程度で

本格的な買いを入れている状況ではありません。

日経平均は

1月29日高値 24129円から

3月26日 安値 20347円の

半値戻りの22238円と

2月27日高値 22502円を抜けられるかです。

ここを抜けて外人が本格的に買いを入れてくれば

5月高相場へ向かいますが

そうでなければ

今年は前半戦は盛り上がらずに秋口まで

行く可能性が濃厚になります。

例年夏場は相場が盛り上がらないので

外人が買いに来ても

買いに来なくても

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言どおり

5月中に売っておく用意をしておくことが正解となりそうです。

アメリカは半期に一度の為替報告書で

中国、ドイツ、日本、韓国、スイスを引き続き

為替監視対象国に指定しインドも監視対象国リストに追加しています。

先週発表の

2018年4月第1週 2018/4 week1 ( 4/2 – 4/6 )の

売買動向ですが

外人は日本株を

1584億円買い越しています

(個人は1246億円売り越しです。)

外人の日本株売りは

1月第2週から留まることなく継続し

11週連続で日本株を売り越していましたが

3月第4週に

外人が日本株現物を12週ぶりに買い越しました

小幅48億円ですが買い越しです

外人は

4月に関しては過去17年連続で買い越しています。

そして過去10年は年間で最も買い越し規模が大きい月となっています。

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言になる

所以です。

日本株は

ここから好決算の追い風があれば

例年通り4月、5月の上昇に向かうことができるのか・・。

ここからが前半戦のヤマ場です。

前半戦のヤマ場を逃すと

年末までチャンスは遠のくと思われます。

次は1月29日高値 24129円から

3月26日 安値 20347円の

半値戻りの22238円と

2月27日高値 22502円を抜けられるかです。

4月、5月の上昇に向かうことができなければ

昨年秋19200円台から始まった日経平均の連騰劇前の水準

19200円あたりが見えてきます。

2018年3月第4週 2018/3 week4 ( 3/26 – 3/30 )の

投資主体別売買動向では

外人が日本株現物を12週ぶりに買い越しました

小幅48億円ですが買い越しです。

しかしトータルでは

3月も外人の日本株売り越しは続き

第1週 3754億円の大幅売り越し

第2週1728億円の売り越し

第3週4541億円の売り越しでした。

外人の日本株売りは

1月第2週から継続していました。

11週連続で日本株を売り越していました。

日本株のバリューは割安で

配当利回り=10年国債利回りとなる水準まで

株式が上昇するとすれば

日経3万円から4万円の計算が成り立ちますが

日本株のショートに着手したという

世界最大のヘッジファンドブリッジウォーター・アソシエーツは

イタリアの銀行など欧州大手企業株の空売りポジションも2兆3400億円積み上げています。

不安材料としては

下記にずっと書いているように

外人が大幅売り越し

それと

これ以上の金融緩和はあり得ない日銀は

ドル安に対して打つ手がありません。

日銀が年内に緩和縮小に向けて動き出した場合

円高に一気に動くリスクは高まります。

今年の注目はFRB,ECBが舵を切った緩和縮小に

日銀がいつついて行くかです。

18年度にも日銀の金融政策変更の可能性があるという一部見方も出ています。

現物株の

2013年の年間外人買い越し額は

15兆3766億円という大きな金額で

アベノミクス第一幕を牽引しましたが

2014年は1兆902億円の買い越し

2015年は1215億円の買い越しと

買い越し額は激減しています。

そしてアメリカだけの売買動向をみれば

2013年の大幅買い越しから

14年、15年とも大幅売り越しに転じていました。

そして

2016年に日本株を3兆6887億円売り越した外人でしたが

2017年 年間トータルでは現物2市場(東証名証)で

7532億円の

買い越し基調に戻っています。

2018年は

1月第1週の4851億円の大幅買い越しから

大幅売り越し転換しています。

2月も

1兆1424億円の大幅売り越しでした。

個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。

変化日 5月1日、

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

●今日の日経先物

日経先物は  22085円

上限 22150円、22250円
下限 22000円、21830円

というスタンスで見ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225

4月25日

22350
22250
22150
22100
22000
21830
21750

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かで自由な仲間となる

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
伊藤

【公式メディア】

◆routeway公式LINE@登録↓ (登録者限定で特別情報公開中)

http://asm303.com/r/c/Cf5r/DA3G/8y9gO/

◆ ブログ
http://asm303.com/r/c/Cf5I/DA3G/8y9gO/

◆ HP
http://asm303.com/r/c/Cf5z/DA3G/8y9gO/

◆ メルマガ
新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/Cf5L/DA3G/8y9gO/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント4月24日、今日の18:00開始

日経225オープ二ングトレード

寄付き 売り

+250円で利確  -180円でロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

22100円買い

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

22100円を起点に上下と見ます

● 日経平均は 22088円 74円安

東証1部の出来高は13億4,383万株、売買代金は2兆1,614億円

日本企業の決算発表本格化を控え様子見姿勢でした。

米国債利回りが上昇しています。

米10年債利回りは2.998%と、

約4年ぶりの高水準を更新しています。

米国債の供給増や原油含むコモディティー価格の上昇で

インフレ加速を織り込んできているのでしょうか。

WTI原油 は 68.89ドルと上げています。

原油価格は今まで50ドルを超えるとシェールオイルの供給が

採算的に追いつくことから

60ドル70ドルはなさそうに見えましたが

70ドル超えも十分にあり得ると見る向きも増えてきました。

2018年末までのアメリカ10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
(すでに下落しました)

今度は

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

現在アメリカ10年債は2.7%台まで低下の後

3%直前の水準となってきました。

金利上昇で

ドル高に動いていますが

アメリカからすると日本は為替監視対象国となっている事実は変わりません。

それから

一番重要なのは

市場におけるメインプレイヤーである海外投資家、外人の動きです。

先週発表の 外人の日本株売買動向ですが

2018年4月第2週 2018/4 week2 ( 4/9 – 4/13 )に

845億円買い越していて

前週

2018年4月第1週 2018/4 week1 ( 4/2 – 4/6 )は

外人は日本株を

1584億円買い越しています

4月に入って例年通り買い越し基調になっていますが

これは

2017年4月

7555億円買い越し

2016年4月
8604億円買い越し

2015年4月
1兆9953億円買い越し

と比較してあまりに

小幅の買い越しでしかありません。

2月の暴落場面でショート(売り)したモノを

一部買い戻している程度で

本格的な買いを入れている状況ではありません。

日経平均は

1月29日高値 24129円から

3月26日 安値 20347円の

半値戻りの22238円と

2月27日高値 22502円を抜けられるかです。

ここを抜けて外人が本格的に買いを入れてくれば

5月高相場へ向かいますが

そうでなければ

今年は前半戦は盛り上がらずに秋口まで

行く可能性が濃厚になります。

例年夏場は相場が盛り上がらないので

外人が買いに来ても

買いに来なくても

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言どおり

5月中に売っておく用意をしておくことが正解となりそうです。

アメリカは半期に一度の為替報告書で

中国、ドイツ、日本、韓国、スイスを引き続き

為替監視対象国に指定しインドも監視対象国リストに追加しています。

先週発表の

2018年4月第1週 2018/4 week1 ( 4/2 – 4/6 )の

売買動向ですが

外人は日本株を

1584億円買い越しています

(個人は1246億円売り越しです。)

外人の日本株売りは

1月第2週から留まることなく継続し

11週連続で日本株を売り越していましたが

3月第4週に

外人が日本株現物を12週ぶりに買い越しました

小幅48億円ですが買い越しです

外人は

4月に関しては過去17年連続で買い越しています。

そして過去10年は年間で最も買い越し規模が大きい月となっています。

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言になる

所以です。

日本株は

ここから好決算の追い風があれば

例年通り4月、5月の上昇に向かうことができるのか・・。

ここからが前半戦のヤマ場です。

前半戦のヤマ場を逃すと

年末までチャンスは遠のくと思われます。

次は1月29日高値 24129円から

3月26日 安値 20347円の

半値戻りの22238円と

2月27日高値 22502円を抜けられるかです。

4月、5月の上昇に向かうことができなければ

昨年秋19200円台から始まった日経平均の連騰劇前の水準

19200円あたりが見えてきます。

2018年3月第4週 2018/3 week4 ( 3/26 – 3/30 )の

投資主体別売買動向では

外人が日本株現物を12週ぶりに買い越しました

小幅48億円ですが買い越しです。

しかしトータルでは

3月も外人の日本株売り越しは続き

第1週 3754億円の大幅売り越し

第2週1728億円の売り越し

第3週4541億円の売り越しでした。

外人の日本株売りは

1月第2週から継続していました。

11週連続で日本株を売り越していました。

日本株のバリューは割安で

配当利回り=10年国債利回りとなる水準まで

株式が上昇するとすれば

日経3万円から4万円の計算が成り立ちますが

日本株のショートに着手したという

世界最大のヘッジファンドブリッジウォーター・アソシエーツは

イタリアの銀行など欧州大手企業株の空売りポジションも2兆3400億円積み上げています。

不安材料としては

下記にずっと書いているように

外人が大幅売り越し

それと

これ以上の金融緩和はあり得ない日銀は

ドル安に対して打つ手がありません。

日銀が年内に緩和縮小に向けて動き出した場合

円高に一気に動くリスクは高まります。

今年の注目はFRB,ECBが舵を切った緩和縮小に

日銀がいつついて行くかです。

18年度にも日銀の金融政策変更の可能性があるという一部見方も出ています。

現物株の

2013年の年間外人買い越し額は

15兆3766億円という大きな金額で

アベノミクス第一幕を牽引しましたが

2014年は1兆902億円の買い越し

2015年は1215億円の買い越しと

買い越し額は激減しています。

そしてアメリカだけの売買動向をみれば

2013年の大幅買い越しから

14年、15年とも大幅売り越しに転じていました。

そして

2016年に日本株を3兆6887億円売り越した外人でしたが

2017年 年間トータルでは現物2市場(東証名証)で

7532億円の

買い越し基調に戻っています。

2018年は

1月第1週の4851億円の大幅買い越しから

大幅売り越し転換しています。

2月も

1兆1424億円の大幅売り越しでした。

個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。

変化日 5月1日、

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

●今日の日経先物

日経先物は  22220円

上限 22250円、22350円
下限 22100円、22000円

というスタンスで見ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225

4月24日

22500
22350
22250
22150
22100
22000
21830

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かで自由な仲間となる

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
伊藤

【公式メディア】

◆routeway公式LINE@登録↓ (登録者限定で特別情報公開中)

http://asm303.com/r/c/CxAe/DAnu/3RyPG/

◆ ブログ
http://asm303.com/r/c/CxA7/DAnu/3RyPG/

◆ HP
http://asm303.com/r/c/CxAC/DAnu/3RyPG/

◆ メルマガ
新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/CxAY/DAnu/3RyPG/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント4月20日、弱い外人、恐怖指数

こんな簡単な方法で2402万円を安定的に稼げるのが

日経とTOPIX のアービトラージなんです。

 ↓
http://asm303.com/r/c/CZPf/Dkr6/8y9gO/

日経とTOPIX のアービトラージで利益を取るキモを

公開しています。

明日からでもできると思います

トレードルールも公開しています。

超簡単ですが

やってみて下さい
   ↓
http://asm303.com/r/c/CZPf/Dkr6/8y9gO/

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/CZPm/Dkr6/8y9gO/

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

寄付き 売り

+250円で利確  -180円でロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

22200円売り

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+0円・・・・22100円買い

● 日経平均は 22191円 32円高

東証1部の出来高は15億7,719万株、売買代金は2兆5,927億円

日米首脳会談の共同会見でトランプ大統領が為替に言及しなかったため

安心感から買いが先行しましたが日本の政治リスクもあり上値を抑えられています。

そしてアメリカからすると日本は為替監視対象国となっている事実は変わりません。

どこかで叩かれる可能性は大きいです。

それから

一番重要なのは

市場におけるメインプレイヤーである海外投資家、外人の動きです。

昨日発表の 外人の日本株売買動向ですが

2018年4月第2週 2018/4 week2 ( 4/9 – 4/13 )に

845億円買い越していて

前週

2018年4月第1週 2018/4 week1 ( 4/2 – 4/6 )は

外人は日本株を

1584億円買い越しています

4月に入って例年通り買い越し基調になっていますが

これは

2017年4月

7555億円買い越し

2016年4月
8604億円買い越し

2015年4月
1兆9953億円買い越し

と比較してあまりに

小幅の買い越しでしかありません。

2月の暴落場面でショート(売り)したモノを

一部買い戻している程度で

本格的な買いを入れている状況ではありません。

日経平均は

1月29日高値 24129円から

3月26日 安値 20347円の

半値戻りの22238円と

2月27日高値 22502円を抜けられるかです。

ここを抜けて外人が本格的に買いを入れてくれば

5月高相場へ向かいますが

そうでなければ

今年は前半戦は盛り上がらずに秋口まで

行く可能性が濃厚になります。

例年夏場は相場が盛り上がらないので

外人が買いに来ても

買いに来なくても

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言どおり

5月中に売っておく用意をしておくことが正解となりそうです。

昨日VIXの清算値が急加速しました。

意図的に押し上げられたとの見方もあります。

株価急落がすればVIXは上昇しますが

S&P500先物が横ばいで動いていないときに

株価急落に備える取引の注文が殺到し

VIXの公式清算値を押し上げたので

この動きは不気味ではあります。

今年のダウ暴落の時に

跳ね上がったVIXを思い出します。

アメリカは半期に一度の為替報告書で

中国、ドイツ、日本、韓国、スイスを引き続き

為替監視対象国に指定しインドも監視対象国リストに追加しています。

先週発表の

2018年4月第1週 2018/4 week1 ( 4/2 – 4/6 )の

売買動向ですが

外人は日本株を

1584億円買い越しています

(個人は1246億円売り越しです。)

外人の日本株売りは

1月第2週から留まることなく継続し

11週連続で日本株を売り越していましたが

3月第4週に

外人が日本株現物を12週ぶりに買い越しました

小幅48億円ですが買い越しです

外人は

4月に関しては過去17年連続で買い越しています。

そして過去10年は年間で最も買い越し規模が大きい月となっています。

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言になる

所以です。

日本株は

ここから好決算の追い風があれば

例年通り4月、5月の上昇に向かうことができるのか・・。

ここからが前半戦のヤマ場です。

前半戦のヤマ場を逃すと

年末までチャンスは遠のくと思われます。

次は1月29日高値 24129円から

3月26日 安値 20347円の

半値戻りの22238円と

2月27日高値 22502円を抜けられるかです。

4月、5月の上昇に向かうことができなければ

昨年秋19200円台から始まった日経平均の連騰劇前の水準

19200円あたりが見えてきます。

2018年3月第4週 2018/3 week4 ( 3/26 – 3/30 )の

投資主体別売買動向では

外人が日本株現物を12週ぶりに買い越しました

小幅48億円ですが買い越しです。

しかしトータルでは

3月も外人の日本株売り越しは続き

第1週 3754億円の大幅売り越し

第2週1728億円の売り越し

第3週4541億円の売り越しでした。

外人の日本株売りは

1月第2週から継続していました。

11週連続で日本株を売り越していました。

2018年末までのアメリカ10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
(すでに下落しました)

今度は

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

現在アメリカ10年債は2.7%台まで低下の後

2.8%台のもみ合いに戻っています。

日本株のバリューは割安で

配当利回り=10年国債利回りとなる水準まで

株式が上昇するとすれば

日経3万円から4万円の計算が成り立ちますが

日本株のショートに着手したという

世界最大のヘッジファンドブリッジウォーター・アソシエーツは

イタリアの銀行など欧州大手企業株の空売りポジションも2兆3400億円積み上げています。

不安材料としては

下記にずっと書いているように

外人が大幅売り越しに転じていることと

(過去の例でいうと外人が大幅売り越しに転じると日経は下げるのですが

昨年秋以降下げずにようやく下げました)

円高懸念が浮上していることです。

日本企業の来期の会社計画の対ドル前提レートが

105円程度なら、微増益にとどまる可能性もあり

●堅調な経済指標が続き地合いは好調で

さらに上値を試す展開が予想されます。

しかし、急激な円高でその前提が崩れれば

調整は少し深くなるかもしれません。●

これ以上の金融緩和はあり得ない日銀は

ドル安に対して打つ手がありません。

日銀が年内に緩和縮小に向けて動き出した場合

円高に一気に動くリスクは高まります。

今年の注目はFRB,ECBが舵を切った緩和縮小に

日銀がいつついて行くかです。

18年度にも日銀の金融政策変更の可能性があるという一部見方も出ています。

現物株の

2013年の年間外人買い越し額は

15兆3766億円という大きな金額で

アベノミクス第一幕を牽引しましたが

2014年は1兆902億円の買い越し

2015年は1215億円の買い越しと

買い越し額は激減しています。

そしてアメリカだけの売買動向をみれば

2013年の大幅買い越しから

14年、15年とも大幅売り越しに転じていました。

そして

2016年に日本株を3兆6887億円売り越した外人でしたが

2017年 年間トータルでは現物2市場(東証名証)で

7532億円の

買い越し基調に戻っています。

2018年は

1月第1週の4851億円の大幅買い越しから

大幅売り越し転換しています。

2月も

1兆1424億円の大幅売り越しでした。

個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。

変化日 5月1日、

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

●今日の日経先物

日経先物は  22180円

上限 22200円、22350円
下限 22100円、21980円

というスタンスで見ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225

4月20日

22500
22350
22200
22150
22100
21980
21830

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かで自由な仲間となる

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
伊藤

【公式メディア】

◆routeway公式LINE@登録↓ (登録者限定で特別情報公開中)

http://asm303.com/r/c/CZP0/Dkr6/8y9gO/

◆ ブログ
http://asm303.com/r/c/CZPP/Dkr6/8y9gO/

◆ HP
http://asm303.com/r/c/CZPr/Dkr6/8y9gO/

◆ メルマガ
新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/CZPI/Dkr6/8y9gO/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント4月19日、前半ヤマ5月相場は

明日からでもできる

2402万円を叩き出した

簡単な方法を無料公開

明日 4月19日木曜日までの期間限定です

やってみて下さい
   ↓
http://senman-trade.com/funnel/lesson2wc5ey2/

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/7fWs/DG1Q/ggitU/

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

寄付き 売り

+250円で利確  -180円でロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

22100円買い

21980円買い

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

21800円を起点に上下と見ます

● 日経平均は 22158円 310円高

東証1部の出来高は14億5,861万株、売買代金は2兆5,467億円

米国で次期国務長官となるCIA長官が数週間前に北朝鮮を訪問し

金正恩委員長と面会していたといことで

米朝協議の期待?も出て上げました。

一つの戻りの節目22000円をクリアしましたが

引き続き

日経平均は

1月29日高値 24129円から

3月26日 安値 20347円の

半値戻りの22238円と

2月27日高値 22502円を抜けられるかです。

ここを抜けて来なければ

前半戦ヤマ場なしでそのうちにまた

トランプ大統領の中間選挙対策で

貿易戦争が蒸し返されることになりそうです。

5月高相場へ向かえるか。

FRBは地区連銀経済報告で、「堅調」な企業の借り入れ、

消費支出の増加、労働市場の引き締まりで米経済は引き続き

成長軌道に乗っているとの認識を示しています。

利上げ継続姿勢が続くとみられています。

それはアメリカ金利のフラット化

長期金利と短期金利の差が縮まる状態に表れています。

アメリカ2年債利回りは2.427%と金利引き上げを見越して

上昇しているのに対して長期金利であるアメリカ30年債利回りの上昇は小幅

のためイールドカーブのフラット化進んでいます。

長短利回り格差は約10年ぶりの低水準となっています。

5年債と30年債の利回り差も縮まっています。

アメリカは半期に一度の為替報告書で

中国、ドイツ、日本、韓国、スイスを引き続き

為替監視対象国に指定しインドも監視対象国リストに追加しています。

先週発表の

2018年4月第1週 2018/4 week1 ( 4/2 – 4/6 )の

売買動向ですが

外人は日本株を

1584億円買い越しています

(個人は1246億円売り越しです。)

外人の日本株売りは

1月第2週から留まることなく継続し

11週連続で日本株を売り越していましたが

3月第4週に

外人が日本株現物を12週ぶりに買い越しました

小幅48億円ですが買い越しです

外人は

4月に関しては過去17年連続で買い越しています。

そして過去10年は年間で最も買い越し規模が大きい月となっています。

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言になる

所以です。

日本株は

ここから好決算の追い風があれば

例年通り4月、5月の上昇に向かうことができるのか・・。

ここからが前半戦のヤマ場です。

前半戦のヤマ場を逃すと

年末までチャンスは遠のくと思われます。

次は1月29日高値 24129円から

3月26日 安値 20347円の

半値戻りの22238円と

2月27日高値 22502円を抜けられるかです。

4月、5月の上昇に向かうことができなければ

昨年秋19200円台から始まった日経平均の連騰劇前の水準

19200円あたりが見えてきます。

2018年3月第4週 2018/3 week4 ( 3/26 – 3/30 )の

投資主体別売買動向では

外人が日本株現物を12週ぶりに買い越しました

小幅48億円ですが買い越しです。

しかしトータルでは

3月も外人の日本株売り越しは続き

第1週 3754億円の大幅売り越し

第2週1728億円の売り越し

第3週4541億円の売り越しでした。

外人の日本株売りは

1月第2週から継続していました。

11週連続で日本株を売り越していました。

2018年末までのアメリカ10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
(すでに下落しました)

今度は

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

現在アメリカ10年債は2.7%台まで低下の後

2.8%台のもみ合いに戻っています。

日本株のバリューは割安で

配当利回り=10年国債利回りとなる水準まで

株式が上昇するとすれば

日経3万円から4万円の計算が成り立ちますが

日本株のショートに着手したという

世界最大のヘッジファンドブリッジウォーター・アソシエーツは

イタリアの銀行など欧州大手企業株の空売りポジションも2兆3400億円積み上げています。

不安材料としては

下記にずっと書いているように

外人が大幅売り越しに転じていることと

(過去の例でいうと外人が大幅売り越しに転じると日経は下げるのですが

昨年秋以降下げずにようやく下げました)

円高懸念が浮上していることです。

日本企業の来期の会社計画の対ドル前提レートが

105円程度なら、微増益にとどまる可能性もあり

●堅調な経済指標が続き地合いは好調で

さらに上値を試す展開が予想されます。

しかし、急激な円高でその前提が崩れれば

調整は少し深くなるかもしれません。●

これ以上の金融緩和はあり得ない日銀は

ドル安に対して打つ手がありません。

日銀が年内に緩和縮小に向けて動き出した場合

円高に一気に動くリスクは高まります。

今年の注目はFRB,ECBが舵を切った緩和縮小に

日銀がいつついて行くかです。

18年度にも日銀の金融政策変更の可能性があるという一部見方も出ています。

現物株の

2013年の年間外人買い越し額は

15兆3766億円という大きな金額で

アベノミクス第一幕を牽引しましたが

2014年は1兆902億円の買い越し

2015年は1215億円の買い越しと

買い越し額は激減しています。

そしてアメリカだけの売買動向をみれば

2013年の大幅買い越しから

14年、15年とも大幅売り越しに転じていました。

そして

2016年に日本株を3兆6887億円売り越した外人でしたが

2017年 年間トータルでは現物2市場(東証名証)で

7532億円の

買い越し基調に戻っています。

2018年は

1月第1週の4851億円の大幅買い越しから

大幅売り越し転換しています。

2月も

1兆1424億円の大幅売り越しでした。

個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。

変化日 5月1日、

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

●今日の日経先物

日経先物は  22180円

上限 22200円、22330円
下限 22100円、21980円

というスタンスで見ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225

4月19日

22330
22270
22200
22100
21980
21830

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かで自由な仲間となる

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
伊藤

【公式メディア】

◆routeway公式LINE@登録↓ (登録者限定で特別情報公開中)

https://line.me/R/ti/p/%40rgc0058y

◆ ブログ
http://225daytrade.com/

◆ HP
http://www.trade-literacy.com/

◆ メルマガ
新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/stepmail/kd.php?no=74207

カテゴリー: 未分類 | コメントする

無料ツール:ダウンロードOKですか?:

次の動画を今日の夜20時に公開します

次の動画では

明日からでも

利益の出せる簡単なルールを公開します。

やってみて下さい。

その前に

こちらの動画をみておいて下さい。
    ↓
http://asm303.com/r/c/CVMo/DkRV/5QC1Y/

あなたにも事情があると思います

あまり人に言いたくない事情もあるとおもいます。

私にも家族の事情というものがあります。

人に言わなくたって

とにかく自分で受け入れていればいいですよね。

50歳を過ぎましたから

あと10年か20年か・・・

自由に幸せにやって行きたいと思っています。

大切な人と過ごす時間が少なくなっていく

後悔しないようにしたいですね。

※ LINE登録をしていなければ

こちらから

LINE登録をしておいてください。

http://asm303.com/r/c/CVM9/DkRV/5QC1Y/

http://asm303.com/r/c/CVMK/DkRV/5QC1Y/

登録後にダウンロードできるツールですが、

このツールは

次の動画で公開する明日から利益の出せる

簡単なルール。

これを試せるようになっています。

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かで自由な仲間となる

カテゴリー: 未分類 | コメントする

無料動画:トレードが下手くそです。

動画公開中です

     ↓
http://asm303.com/r/c/CVU9/Dp00/5QC7l/

あなたは

トレードの練習をすれば上手くなる。

もしかしたら「億トレーダー」になれると思っていませんか?

何事においてもそうですが

上手い人、下手な人がいます。

トレードには向いていない人もいるというのが現実です。

プロトレーダーでもなければ

裁量トレードでは継続して勝ち続けるのは非常に難しい。

一生懸命やっているのに安定して利益を出すことができない。

90%の人は継続して勝つことができないので

どこかで大損をして

市場から退場して行きます。

あなたも裁量トレードで勝つことを諦める時が来るかもしれません。

だから多くの人にとっては

トレードするなら

再現性と勝てる理由のある

安定した手法が必要になります。

それが可能なのがアービトラージ(さや取り)です。

アービトラージはリスク最小ですが

アービトラージと言っても流動性の小さい

仮想通貨ではダメです。

仮想通貨アービトラージは自分の注文で価格が飛んだりするからです。

しっかりとした流動性のある市場で行うべきです。

例えば640兆円の市場規模のある

日本の株式市場を対象にしたアービトラージ。

日経平均を使ったアービトラージです。

でも、日経平均を使ったアービトラージが

再現性があって

勝てる手法だったとしても

それだけではまだダメです。

なぜなら

トレード手法は

どれだけ儲かっても・・・・

安定していても・・・・

再現性があっても・・・

自分のライフスタイルに合ったものしか使えないからです。

何時間もチャートの前でチャンスを待つ・・・

1日に何回も何回も何回も・・サインが出るのを確認する・・・

こんなことをしていたら

やりたいこと、やるべきことができなくなってしまいます。

あなたには大切なこと、やるべきことがあります。

トレードに時間を掛けている場合じゃないです。

そもそも

あなたは

何のためにトレードをするのでしょうか。

少なくとも私はトレードで

3つの自由を手に入れたいと思っていました。

1、大切な人と過ごす自由な時間
2、やりたいことができる経済の自由
3、誰にも依存することのない精神の自由です。

そのためのトレードです。

だから自分の大切な時間を

トレードだけに使うようなことは

あなたにはお勧めしません。

毎日、決まった時間に1日10分以内でできる

裁量無しで勝てる理由と再現性のある

リスク最小の手法を

いますぐ確認しておいてください。

     ↓
http://asm303.com/r/c/CVU9/Dp00/5QC7l/

次の動画では

明日からでも

利益の出せる簡単なルールを公開します。

その前に

こちらの動画をみておいて下さい。
    ↓
http://asm303.com/r/c/CVU9/Dp00/5QC7l/

期間限定 19日木曜までの公開です。

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かで自由な仲間となる

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
伊藤

【公式メディア】

◆routeway公式LINE@登録↓ (登録者限定で特別情報公開中)

http://asm303.com/r/c/CVUK/Dp00/5QC7l/

◆ ブログ
http://asm303.com/r/c/CVUB/Dp00/5QC7l/

◆ HP
http://asm303.com/r/c/CVUM/Dp00/5QC7l/

◆ メルマガ
新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/CVUV/Dp00/5QC7l/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント4月17日、強硬姿勢で行く

1日10分の

たった3ステップで

4268万円の利益を出す。
    ↓
http://asm303.com/r/c/CMA8/Dp9V/8y9gO/

そして

明日からでもできる

2402万円を叩き出した

簡単な方法を無料公開しています

4月19日木曜日までの期間限定

    ↓
http://asm303.com/r/c/CMA5/Dp9V/8y9gO/

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/CMA6/Dp9V/8y9gO/

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

寄付き 売り

+250円で利確  -180円でロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

21800円を起点に上下と見ます

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+0円・・・21750円買い‥‥・21760円まで

● 日経平均は 21835円 56円高

東証1部の出来高は13億1,043万株、売買代金は2兆388億円

米英仏によるシリア攻撃は一度限りだという見方から

東京株式市場は上昇しましたが

上値が重い展開です。決算内容と政治的、外部要因との綱引きで

外人の買いは例年通り入ってきている様子でしたが

4月相場が盛り上がりません。

S&P500は約1カ月ぶりの高値で前週末比0.8%高の2677.84

NYダウは212.90ドル上げて24573.04ドルと

シリア攻撃や、貿易を巡る懸念が後退しています。

日本にとっては輸出への影響はまだ安心できません。

アメリカは半期に一度の為替報告書で

中国、ドイツ、日本、韓国、スイスを引き続き

為替監視対象国に指定しインドも監視対象国リストに追加しています。

それからトランプ大統領はロシアと中国が

通貨切り下げゲームをしているとツイッターで言っています。

ロシアまで為替操作をしているとしています。

ロシアは経済制裁が原因で

ロシアルーブルが下がっているのではないかと思うのですが

為替を操作していると名指しされています。

ロシアへの追加制裁を検討しており、近い将来に決定されるだろうとも言っていて

対ロシアへの強硬姿勢が続きます。

追加経済制裁を受けるロシアは

疲弊してくれば

何かしらの手を打ってくるでしょうが

それがシリアを舞台にしたことなのか何なのか

一般的に言われているよりも

もっときな臭い感じがしています。

ゴールドマンのレポートでは

為替の変動相場制を採用している15カ国の新興国では

金融政策と米金利との関連性が弱まっているという結果が出ています。

米金利が上がる過程でも以前ほど

途上国による急激な利上げサイクルをもたらす可能性が低いということです。

これは新興国への投資を強気に見れる材料です。

先週発表の

2018年4月第1週 2018/4 week1 ( 4/2 – 4/6 )の

売買動向ですが

外人は日本株を

1584億円買い越しています

(個人は1246億円売り越しです。)

外人の日本株売りは

1月第2週から留まることなく継続し

11週連続で日本株を売り越していましたが

3月第4週に

外人が日本株現物を12週ぶりに買い越しました

小幅48億円ですが買い越しです

外人は

4月に関しては過去17年連続で買い越しています。

そして過去10年は年間で最も買い越し規模が大きい月となっています。

sell in May (株は5月に売ってどこかへ行け)という格言になる

所以です。

日本株は

ここから好決算の追い風があれば

例年通り4月、5月の上昇に向かうことができるのか・・。

ここからが前半戦のヤマ場です。

前半戦のヤマ場を逃すと

年末までチャンスは遠のくと思われます。

次は1月29日高値 24129円から

3月26日 安値 20347円の

半値戻りの22238円と

2月27日高値 22502円を抜けられるかです。

4月、5月の上昇に向かうことができなければ

昨年秋19200円台から始まった日経平均の連騰劇前の水準

19200円あたりが見えてきます。

2018年3月第4週 2018/3 week4 ( 3/26 – 3/30 )の

投資主体別売買動向では

外人が日本株現物を12週ぶりに買い越しました

小幅48億円ですが買い越しです。

しかしトータルでは

3月も外人の日本株売り越しは続き

第1週 3754億円の大幅売り越し

第2週1728億円の売り越し

第3週4541億円の売り越しでした。

外人の日本株売りは

1月第2週から継続していました。

11週連続で日本株を売り越していました。

2018年末までのアメリカ10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
(すでに下落しました)

今度は

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

現在アメリカ10年債は2.7%台まで低下の後

2.8%台のもみ合いに戻っています。

日本株のバリューは割安で

配当利回り=10年国債利回りとなる水準まで

株式が上昇するとすれば

日経3万円から4万円の計算が成り立ちますが

日本株のショートに着手したという

世界最大のヘッジファンドブリッジウォーター・アソシエーツは

イタリアの銀行など欧州大手企業株の空売りポジションも2兆3400億円積み上げています。

不安材料としては

下記にずっと書いているように

外人が大幅売り越しに転じていることと

(過去の例でいうと外人が大幅売り越しに転じると日経は下げるのですが

昨年秋以降下げずにようやく下げました)

円高懸念が浮上していることです。

日本企業の来期の会社計画の対ドル前提レートが

105円程度なら、微増益にとどまる可能性もあり

●堅調な経済指標が続き地合いは好調で

さらに上値を試す展開が予想されます。

しかし、急激な円高でその前提が崩れれば

調整は少し深くなるかもしれません。●

これ以上の金融緩和はあり得ない日銀は

ドル安に対して打つ手がありません。

日銀が年内に緩和縮小に向けて動き出した場合

円高に一気に動くリスクは高まります。

今年の注目はFRB,ECBが舵を切った緩和縮小に

日銀がいつついて行くかです。

逆に言うと

それまでは市場のコンセンサスは

「市場は強い」・・・でした。

しかし、ここしばらくの相場では

日銀の金融緩和、米国金利高が

ドル高、円安に繋がらない動きになっています。

現物株の

2013年の年間外人買い越し額は

15兆3766億円という大きな金額で

アベノミクス第一幕を牽引しましたが

2014年は1兆902億円の買い越し

2015年は1215億円の買い越しと

買い越し額は激減しています。

そしてアメリカだけの売買動向をみれば

2013年の大幅買い越しから

14年、15年とも大幅売り越しに転じていました。

そして

2016年に日本株を3兆6887億円売り越した外人でしたが

2017年 年間トータルでは現物2市場(東証名証)で

7532億円の

買い越し基調に戻っています。

2018年は

1月第1週の4851億円の大幅買い越しから

大幅売り越し転換しています。

2月も

1兆1424億円の大幅売り越しでした。

個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。

変化日 5月1日、

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

●今日の日経先物

日経先物は  21820円

上限 21800円、22000円
下限 21800円、21680円

というスタンスで見ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225

4月17日

22100
22000
21900
21800
21750
21680

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かで自由な仲間となる

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
伊藤

【公式メディア】

◆routeway公式LINE@登録↓ (登録者限定で特別情報公開中)

http://asm303.com/r/c/CMAo/Dp9V/8y9gO/

◆ ブログ
http://asm303.com/r/c/CMA9/Dp9V/8y9gO/

◆ HP
http://asm303.com/r/c/CMAK/Dp9V/8y9gO/

カテゴリー: 未分類 | コメントする