今日のオープニングトレード 6月27日

日経225オープ二ングトレード

● 今日のトレードシステムサインは

SHIN   寄り付き  サインなし

DREAM    売り  利確 180円   ロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

22230円買い

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+20円・・・22230円売り

+20円・・・22320円売り





● 日経平均は  22342円 3円高

東証1部の出来高は13億5,443万株、売買代金は2兆3,416億円

米国株大幅安で安く始まったが、時間外でNYダウ先物が戻してきているのをみて

押し目買いが入りました。

ダラス地区連銀のカプラン総裁が

FRBの金融政策はなお緩和的で少なくともあと2回の

利上げが実施される可能性があると発言し

まだもう少しドルの上値があると意識されています。

そして、日本にも要請があった

米国の同盟各国に対してのイラン産原油の輸入停止。

11月からと言われていて

原油先物は2%強急伸、2カ月ぶりに70ドルを突破しています。

米WTI原油先物が2.45ドル(3.6%)高の70.53ドル

北海ブレント先物は1.58ドル(2.11%)高の76.31ドルです

原油上昇で資源株などが上げてNYダウも上昇しています。

日経は5月21日高値 23050円から4.3%押しがあって

変化日としていた5月30日を底に上昇してきましたから

この波動でこのまま23050円を引値で上抜けてくれば

日経買いとなりますが

6月12日、13日と抜けずに引けて

時間が経過してきました。

日経買いの条件とすれば 直近で抜き返すことが必要となりますが

難しくなってきています。

逆に5月30日安値22018円を割り込んで引けると

下落波動に転換します。

この波動については


http://225daytrade.com/archives/688

 

 

波動トレードでは こういうのは投資対象にしません





 

先週 発表の投資主体別売買動向では

2018年6月第2週 2018/6 week2  ( 6/11 – 6/15 )

海外投資家は日本株現物を前週に続き

317億円の小幅買い越ししています。

また先物は(日経)海外投資家は

4241億円買い越しです

前週の

海外投資家は493億円の売り越しに対して

大幅買い転換となっています

その中でゴールドマンが売り玉を多く保有

BNBパリバが買い玉を多く保有しています。

5月月間では海外投資家は現物株を

7412億円売り越しとなっていますので

6月からは若干買い越しに転じています。

日銀も目立たないように金融正常化に向って動いています。

アメリカ経済がピークを打って

下降に転じた時、金利引き上げができなくなれば

ドル安、円高に向かうと思われますが

その時は日銀は大幅な円高を回避するため

今度も大幅な量的緩和ができるのかです。

一旦は下がりそうな日経・・・と書いていましたが

一旦下げるならこの程度では済まないと思いますので

下げたもののまだまだ底は堅いという展開が続きます。

また、このあたりで こつんと底を打つのか

年初に付けた

24000円台でアベノミクスからの3段上げは終了となるのか

それとも 新たな波動で30000円を目指すのか

その場合も一旦下げてからの方が上げやすそうですが

どうなるかです。

ECB理事会では量的緩和を

今年9月以降は月間150億ユーロに縮小し、

年内に終了する方針を決定しました。

ただ、金利については少なくとも2019年夏まで

必要な限り、現在の水準にとどまるとの見通しを示し、

買い入れ策を終了させても早急に急激な政策引き締めに

動かない方針を示しました。

ECBが初めての利上げに着手する時期の予想が

19年9月に3カ月間後ずれしていますが

明らかに金融緩和終了へ舵を切り始めた世界の中央銀行

ここには昨日までに書いたように

日銀の緩和縮小も含まれます。

金利の引き上げよりも金融資産の上昇にとってマイナスになるのは

供給される資金が減ることです。

日銀は、

長期国債を年間残高増加額を約80兆円を「めど」としつつ、買い入れを行ってきましたが

その姿勢は

完全に変わっています。

2カ月前に次のようなニュースが出ていました。

日銀が3月末に保有する国債残高は、

前年同月に比べて約48.6兆円(額面ベース)の増加にとどまり、

増加額は2013年11月以来約4年4カ月ぶりに50兆円の大台を割り込んだ。

日銀が3日に公表した「日本銀行が保有する国債の銘柄別残高」によると、

3月30日現在の保有国債残高は416.4兆円と前月末に比べて2.3兆円減少した。

日本株のバリューは割安で

配当利回り=10年国債利回りとなる水準まで

株式が上昇するとすれば

日経3万円から4万円の計算が成り立ちますが

日本株のショートに着手したという

世界最大のヘッジファンドブリッジウォーター・アソシエーツは

イタリアの銀行など欧州大手企業株の空売りポジションも2兆3400億円積み上げています。

現物株の

2013年の年間外人買い越し額は

15兆3766億円という大きな金額で

アベノミクス第一幕を牽引しましたが

2014年は1兆902億円の買い越し

2015年は1215億円の買い越しと

買い越し額は激減しています。

そしてアメリカだけの売買動向をみれば

2013年の大幅買い越しから

14年、15年とも大幅売り越しに転じていました。

そして

2016年に日本株を3兆6887億円売り越した外人でしたが

2017年 年間トータルでは現物2市場(東証名証)で

7532億円の

買い越し基調に戻っています。

2018年は

1月第1週の4851億円の大幅買い越しから

大幅売り越し転換しています。

2月も

1兆1424億円の大幅売り越しでした。

4月に買い越しになりましたが前年までと比較すれば

買いに腰が入っていません。

そして5月売り越しに転換しました。

個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。

変化日 7月5日

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

●今日の日経先物

日経先物は  22285円

上限 22230円、22580円
下限 22350円、22450円

というスタンスで見ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225

6月27日

22450
22350
22320
22230
22150
22050
21900

 

 

 

カテゴリー: 225今日のポイント | コメントする

今日のオープンングトレードポイント6月26日 NYダウ波乱

● 日経225波動デイトレードポイント

22230円売り

22320円売り

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+20円・・・22500円売り

● 日経平均は  22338円 179円安

東証1部の出来高は11億9,625万株、売買代金は1兆9,932億円

トランプ米大統領が技術流出を防ぐために

中国資本が25%以上を占める企業に対し

米国のITや航空宇宙 バイオテクノロジーなどの

企業に対する買収を禁じる計画と報じられ警戒感から

円高が進み日経平均は下落しました。

トランプ大統領が欧州の自動車に新たな関税を賦課した場合

EUはまたもや、対抗するとEUのカタイネン副委員長が言っており

米国と主要諸国との貿易摩擦はエスカレートしています。

S&P500とナスダックは2カ月以上ぶりとなる大幅な下げで

NYダウは長期上昇波動の基準となる200日線を割りこみました

日経は5月21日高値 23050円から4.3%押しがあって

変化日としていた5月30日を底に上昇してきましたから

この波動でこのまま23050円を引値で上抜けてくれば

日経買いとなりますが

6月12日、13日と抜けずに引けて

時間が経過してきました。

日経買いの条件とすれば 直近で抜き返すことが必要となりますが

難しくなってきています。

 



日経225先物で波動トレードを行うための無料講座はこちらから登録できます


https://1lejend.com/stepmail/k……?no=256143

カテゴリー: 日経225先物 今日のトレード | コメントする

今日のオープニングトレードポイント6月25日 海外投資家動向は

● 日経225波動デイトレードポイント


22500円売り




ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。


前日の結果



+20円・・・22430円売り



● 日経平均は  22516円 176円安

東証1部の出来高は15億9,404万株、売買代金は2兆6,688億円

トルコとインドが米国に対して報復関税を発表し

21日のNYダウは8日続落となったことから

日経も下落しました。



先週 発表の投資主体別売買動向では

2018年6月第2週 2018/6 week2  ( 6/11 – 6/15 )

海外投資家は日本株現物を前週に続き

317億円の小幅買い越ししています。


また先物は(日経)海外投資家は

4241億円買い越しです


前週の

海外投資家は493億円の売り越しに対して

大幅買い転換となっています

その中でゴールドマンが売り玉を多く保有

BNBパリバが買い玉を多く保有しています。



日経は5月21日高値 23050円から4.3%押しがあって

上昇してきましたから

この波動でこのまま23050円を引値で上抜けてくれば

日経買いとなりますが

6月12日、13日と抜けずに引けていますから

買いの条件とすれば 直近で抜き返すことが必要となります。



日銀も目立たないように金融正常化に向って動いています。

アメリカ経済がピークを打って

下降に転じた時、金利引き上げができなくなれば

ドル安、円高に向かうと思われますが

その時は日銀は大幅な円高を回避するため

今度も大幅な量的緩和ができるのかです。

 

http://senman-trade.com/opin/index.html

 

カテゴリー: 日経225先物 今日のトレード | コメントする

日経225&TOPIX 6月22日



 

NT倍率 12.96倍

しばらくなかった

チャンスですね。

カテゴリー: 日経225先物 今日のトレード | コメントする

今日のオープ二ングトレード 6月20日 下げたが

日経225オープ二ングトレード


● 今日の新バージョン・トレードシステムサインは


寄り付き  売り



● 日経225波動デイトレードポイント



22270円売り

22370円売り

 

もうすでに 10時現在

22270円どころで叩かれています





ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。


前日の結果



+0円・・・・22700円売り・・・22570円まで



● 日経平均は  22278円 401円安

東証1部の出来高は14億9,463万株、売買代金は2兆6,675億円

トランプ米大統領が新たに2,000億ドル規模の

中国からの輸入品に10%の追加関税を検討するよう指示したことなどから

東京株式市場は続落しました。

ドル円、上海株、NYダウ先物も売られていました。

中国も断固として反撃すると表明したことで

NYダウは下落し一時419ドル安まであって

287ドル安 年初来でマイナスになってきました。

VIX指数は約3週間ぶりの水準14.68まで上昇しました。

大豆を中心に農産物の先物相場も急落しています。




一旦は下がりそうな日経・・・と書いていましたが

一旦下げるならこの程度では済まないと思いますので

下げたもののまだまだ底は堅いという展開が続きます。


年初に付けた

24000円台でアベノミクスからの3段上げは終了となるのか

それとも 新たな波動で30000円を目指すのか

その場合も一旦下げてからの方が上げやすそうですが

どうなるかです。

カテゴリー: 日経225先物 今日のトレード | コメントする

まだまだ



Z3、Z2で叩かれてみごとに下落

 

 

カテゴリー: 日経225先物 手法 | 1件のコメント

今日のオープニングトレードポイント6月19日

● 日経225波動デイトレードポイント



22700円売り



ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。


前日の結果



-40円・・・・22750円買い



● 日経平均は  22680円 171円安

東証1部の出来高は13億5,288万株、売買代金は2兆2,568億円

米中貿易摩擦激化と大阪で発生した地震による影響が警戒されました。


貿易戦争への不安が広がったことで、

安全資産とされる円やスイスフランに対してドルの頭が重くなってきました。

ECBが来年にかけて金利を据え置くとの見方からユーロの上値も引き続き重いです。


一旦は下がりそうな日経ですが

下げたものの底は堅いという展開が続きます。

24000円台でアベノミクスからの3段上げは終了となるのか

新たな波動で30000円を目指すのか

どうなるかです。

カテゴリー: 225今日のポイント | コメントする

6月18日 22800円堅いが

日経225オープ二ングトレード


● 今日の新バージョン・トレードシステムサインは

買い⇒ 買い値+120円で利確 買い値-90円でロスカット

できない場合は大引けで決済します



● 日経225波動デイトレードポイント



22750円買い



ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。


前日の結果



22800円を起点に上下と見ます




● 日経平均は  22851円 113円安

東証1部の出来高は16億8,394万株、売買代金は3兆791億円

ECBが債券買い入れは年内に終了するが

政策金利は来年夏まで据え置く方針を示し

ユーロ安ドル買いの動きで円は対ドルで円安となりました。

ECBの金融正常化の動きが少し後になりましたが

トランプ政権が中国製品への関税を発表し

これに対し中国は直ちに報復を表明しました。

NY市場はテクノロジー株や工業株が値下がり

S&P500は0.1%安の2779.42

NYダウは84.83ドル下げて25090.48ドルとなっています。

米通商代表部が公表した対中関税リストに掲載された製品は1102品目

中国が競争優位を目指すハイテク分野を狙い撃ちし

米国の発表の数時間後、

中国財政省は米国からの輸入品545品目

約340億ドル相当に7月6日から25%の追加関税を課すリストを公表しています。


週末に225トレーダーと話をしていたのですが

下りますね?

もちろんそう思います。

どのくらいと思います?

僕は悲観論者なので・・。

既に売りの準備に入っています。


下るかと思うとすぐに22800円に戻る日経先物ですが

どうなるかです。

カテゴリー: 日経225先物 今日のトレード | コメントする

エントリーポイントとバランス

エントリーポイントとバランス

 

トレードするのに必要なこと
相場は上か下か持合いしかない
どこに向かうのか
相場が転換する場面と
全体的なバランスを捉える

 

 

時間(日柄)
波動
値幅
転換点(トレードポイント)

をあわせて見て行く事で相場予測
に近づいて来ました

 

しかし、実際にトレードするのには

決まり(ルール)を明確にすることが必要

それを見ていきます

 

 

 

波動トレードのエントリーについて

エントリーするのは4パターンだけ

エントリーまでのステップ、ルール

 

 

 

波動トレードでのエントリーは

1、上昇トレンドの押し目買い

2、下降トレンドの戻り売り

3、底値圏からの反発買い

4、天井圏からの反落売り

持合い離れ→×

 

 

上昇トレンドの押し目買い



 

 

下降トレンドの戻り売り



 

底値圏からの反発買い



 

天井圏からの反落売り



 

波動トレード エントリーステップ1

週足チャート2年半以上を見る

中期のチャートの方向を見る

上向きか、下向きか、持合いか

13週移動平均・・・・遅い

MACDライン・・・早く反応

トレンドラインを引く

 

 

波動トレード エントリーステップ2

日足チャート6か月を見る

短期のチャートの方向を見る

週足チャートで見た1~4のそれぞれのパターンに対して、

日足チャートで買いサイン、売りサインを見る

1、上昇トレンドの押し目買い

2、下降トレンドの戻り売り

3、底値圏からの反発買い

4、天井圏からの反落売り

 

 

1、上昇トレンドの押し目買い

週足チャート2年半以上を見て上昇トレンド(対数)
上昇トレンドのレンジ下方に来ていて
日足チャート 6か月で見て
日足が上昇サインになったらエントリー

 

上昇トレンドの押し目買いパターン 週足



 

 

上昇トレンドのレンジ下方に到達
直近切り上がり



 

 

 

次に日足 6か月チャートでエントリータイミングを見る

日足が下降トレンドラインを抜けてきて、上昇に転じ

なおかつ直前の安値が前回の安値を上回ることが確定したら、

直近の高値を終値で抜いた次の日の寄付きでエントリー

陽線引けで抜けてくれば尚よい

 

 

日足6か月トレンドラインを上抜けて買い準備



 

 

日足が下降トレンドラインを抜けてきて、上昇に転じ
なおかつ直前の安値が前回の安値を
上回ることが確定したら、
直近の高値を終値で抜いた次の日の
寄付きでエントリー
陽線引けで抜けてくれば尚よい



 



374000円から4.5%押し したので

次に374000円を 終値で抜けてきたら 翌日 寄付きエントリー

 

 

1月4日 379000円引け 陽線引け◎⇒1月5日 373000円エントリー



 

 

目標株価は?



 

基本計算



 

日柄の目途を付ける



92日後、96日後 3月14日、3月21日・・

 

日柄でトレンドラインの位置を見る



92日後 3月14日・・・・・

 

 

ロスカットは直前の主な高値、安値を抜けて引けたら。
(4%ではなくその前)



 

 

※注意

ロスカットと目標利益を比較してロスの方が大きいようならNG、

ロスカットを小さくするか目標利益がもともと少なければエントリーしない。

ロスカットを設定すべき高値、安値が離れている場合

目標利益、資金管理を考慮して設定する。

1トレードの損失は総投資資金の2%に抑える。

5銘柄に投資すると1銘柄当たりの資金は全体の20%程度となる。

5銘柄に投資できる状態で3銘柄に投資して残りは

チャンスのためにキャッシュポジションを持っておくという割合

この場合ロスカットを10%から15%に設定すれば、

1銘柄のロスカットは総資金の2%程度に収まる

この割合で行くと10銘柄の場合は利益との兼ね合いでロスカットを大き目にできる、

 

 

5銘柄 の場合

1銘柄の投資資金は 総資金の20%

ロスカット10%なら 総資金に対するロスは2%

10銘柄 の場合

1銘柄の投資資金は 総資金の10%

ロスカット10%なら 総資金に対するロスは1%

 

 

 

エントリー前に節目と合わせて

均衡表でバランスを確認しておく

雲に抑えられたりするポイントはあるか?

好転、逆転は?

雲の切れ間は動きが大きくなる・・・・など

目標株価以外の決済要因の判断に使う

買い銘柄、売り銘柄、両方とも持つ

 

 



 

 

目標株価の決済はザラバ

ロスカットは引けで抜けるか、割れるか

安値、高値の動きを引け値ベースで確認して、目標に達していなくても

利確ライン、ロスカットラインを動かしていく

雲の抵抗ライン日柄も考慮する

※ システムトレードでは対応できない部分

 

 

雲で抑えられるケース



 

利確ポイントの移動



 

 



 

 

2、下降トレンドの戻り売り

 

週足チャート2年半以上を見て下降トレンド
下降トレンドのレンジ上方に来ていて
日足チャート 6か月で見て
日足が下降サインになればエントリー

 

下降トレンドの戻り売り



 

日足 チャート 6か月でのサインは

日足が上昇トレンドラインを割れてきて、下降に転じ

なおかつ直前の高値が前回の高値を下回ることが確定したら、

直近の安値を終値で抜いた次の日の寄付きでエントリー

陰線引けで抜けてくれば尚よい





 

 

下降トレンドの戻り売りパターン 週足
下降トレンドのレンジ上方に 接近 直近切り下がり



 

 

 

下降トレンドの戻り売りパターン 日足



 

下降トレンドの戻り売りパターン 日足



 

1473円安値を付けて1536円まで4.2%戻して安値確定
終値で1473円を割れて引けた

翌日寄付きで売り
4月13日 1444円引け(陰線)
4月16日 (翌日) 寄付き1444円 売り

目標株価 日柄は

http://225daytrade.com/archives/650

 

別の銘柄 下降トレンドの戻り売りパターン 週足
下降トレンドのレンジ上方に到達



 

下降トレンドの戻り売りパターン 日足
日足は上昇トレンドラインを割れてきていない



トレンドラインを割って 519円高値確定すれば売り
6月5日 473円を割れて引ければ売り、(473円から519円まで9.7%戻し)

ただし、4月16日 465円など過去の安値が節目として抵抗になるので
465円割れまで待つ

 

 

 

3、底値圏からの反発買い

 

大前提は日経平均の状況
日経平均は上向きか、下向きか
長期下降している銘柄
週足チャート2年半以上を見て下降トレンド
下降トレンドのレンジ下方に来ていて
週足チャートが切り上がり
日足チャート 6か月で見て
日足が上昇サインとなればエントリー

 

底値圏からの反発買い



日足が下降トレンドラインを抜けてきて、上昇に転じ

なおかつ直前の安値が前回の安値を上回ることが確定したら、

直近の高値を終値で抜いた次の日の寄付きでエントリー

陽線引けで抜けてくれば尚よい

 

 

 

底値圏からの反発買い パターン 週足

週足チャート2年半以上を見て下降トレンド
下降トレンドのレンジ下方に来ていて週足チャートが切り上がり



 

底値圏からの反発買い パターン 日足



日足が下降トレンドラインを抜けてきて、上昇に転じ
なおかつ直前の安値(102円)が前回の安値(97円)を
上回ることが確定したら、

(108円から5.5%の押し102円を付けて次に 直近の高値 108円を上抜ければ安値確定)

次の日の寄付きでエントリー
陽線引けで抜けてくれば尚よい

5月30日 109円が抵抗とならないかを見るために
109円を上抜けて引ければ 買い

 



 

 

日柄、基本数値の 172日で見ると
8月2日前後に注意



 

基本計算



8月2日 前後のトレンドラインは144円、38.2%戻しで136円、

基本計算は152円 、135円から150円程度を 一応の目途

ロスカットは97円を割れて引けたら



 

 

3、底値圏からの反発買い パターンと

4、天井圏からの反落売り パターンは

日経平均の状況(全体の相場)を見てというのが前提となるが

底割れ、急上昇の可能性があるので特にロスカットは厳格に行う

 

 

 

4、天井圏からの反落売り

大前提は日経平均の状況日経平均は上向きか、下向きか

週足チャート2年半以上を見て上昇トレンド

上昇トレンドのレンジ上方に来ていて

週足チャートが切り下がり日足チャート 6か月で見て

日足が下降サインとなればエントリー

 

天井圏からの反落売り 週足



天井圏からの反落売り



 

日足が上昇トレンドラインを割れてきて、下降に転じ
なおかつ直前の高値が前回の高値を
下回ることが確定したら、
直近の安値を終値で抜いた次の日の
寄付きでエントリー
陰線引けで抜けてくれば尚よい

 

天井圏からの反落売り 日足







 

戻し幅が3.2%戻しと

4%未満のため 戻しが少なく安値確定と判断できない

4%以上の戻しがあって安値確定後、

直近の安値(このままなら5160円)を割れて引ければ翌日売りエントリー

 



バランスを確認すると 雲の下限が5147円となっていて

直近の安値(このままなら5160円)を割れるかは 重要

 



105日前後の 対等数値に注目

 

 

ここまでのまとめ

全体的な相場の方向性を考慮して中期トレンドで4つのパターンを選ぶ

短期のトレンドでエントリーポイントを見る

日柄、バランス(均衡表)、節目、トレンドライン等を確認して

基本計算を参考に目標株価を算出する

ロスカットを設定してエントリー波動の変化、日柄、ローソク足パターンなどを

確認しながら必要があれば、利確、ロスカットポイントを変更していく

 

ここまで、チャートのパターン、波動、時間
目標株価算出、エントリーポイント、ルールについて見てきました。
すべてが全体的に関係していることがわかると思います。

 

日経225先物で波動トレードを行うための無料講座はこちらから登録できます



https://1lejend.com/stepmail/k……?no=256143

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: エントリーポイントとバランス | コメントする

波動計算、目標価格の出し方

波動計算、目標価格の出し方

 

目標株価算出のステップ

目標株価算出の4ステップ
1、基本計算
①.V計算
②.N計算
③.E計算
④.NT計算
⑤.√計算
2、対数計算
3、節目計算
4、限定値計算

 



 



 



 



 

 

NT計算はあまり出現しない

基本は3計算値V,N,Eのどれかに該当することが多い

仲値・・・V,N,Eの計算値でEには大きい

Nには小さい・・・・などの場合

EとNの間の価格を付けてくることがある

 

 



 



 



 

 



 



 



 



 



 



 

 

対数計算

 

2、対数チャートで週足トレンドラインを引く

週足長期(3年以上)の対数チャートを表示し

上昇トレンドは 下値支持線を引いて

上値(主要な高値を起点)に下値支持線と平行なラインを表示

下降トレンドは 上値抵抗線を引いて

下値(主要な安値を起点)に上値抵抗線と平行なラインを表示

 

 

週足長期(3年以上)の
対数チャートを表示

 



 



 

3、節目計算

過去の高値、安値、3分の1、半値、フィボナッチ、雲の上下等から上昇、

下降の目途と基本計算値を比較する。

過去 20年以上ない価格のため

節目となるポイントなし
(この時点で32年ぶりの1000円割れ)

 

 

 

4、限定値計算

直近の上昇幅、下降幅から上昇、下降幅を限定する



 



 



 

中期 674円? 対数チャートも同じくらい

短期 976円、908円、859円

短期トレンドライン 1050円(目標達成)

過去の高値、安値、3分の1、半値過去 20年以上ない価格のため
節目となるポイントなし
(32年ぶりの1000円割れ)

 



 



 



 



 



 



 



直近の半値水準(節目)は 556円

N 計算値 583円では大きい

E 計算値 543円 では小さい

仲値=563に近い

トレンドラインは 570円

仲値=563円…候補

 



 



 



 



 

時間(日柄)
波動
値幅
をあわせて見て来ました
相場予測の精度が上がってきました。
次はエントリーポイントについて見ていきます

http://225daytrade.com/archives/688

 

 

日経225先物で波動トレードを行うための無料講座はこちらから登録できます



https://1lejend.com/stepmail/k……?no=256143

 

 

 

カテゴリー: 日経225先物 手法, 目標価格の出し方 | コメントする