自社株買いで株価は上がるのか


最近流行りの自社株買いですが




自社株買いで株はあがるか










2月にはソフトバンクグループが




1億1,200万株、6,000億円を上限とした




自社株買いを発表し、株がストップ高になりました。




様々な錬金術を見せるソフトバンクですが




株式市場からお金を吸い上げるためには




株価を上げることが錬金術の基本です。




自社株買いで株価が上昇すれば




資金を調達しやすくなりますね。




では




自社株買いで株はあがるのか。




今週9日午後2時に三菱商事が19年3月期連結決算、




20年3月期業績予想の発表とともに、




自己株式の取得・消却を発表しました。




これにより株価は上昇




一時161円高の3090円を付けました。




前場は、2868円まで下げていて




8日の年初来安値2915円を更新していました。




自社株買いは、取得株数上限1億2000万株(自己株式を除く発行済み株式総数の7.5%)、




取得金額上限3000億円で




取得期間は19年5月10日−20年5月8日




今回取得する自己株式のうち、ストックオプション充当を見込む500万株を除いた




全株を消却し予定日は20年5月29日。




この




発表で株価上昇となりました




2868円⇒3090円




が、翌々日




週末10日には




2844円の150円安




発表前の水準に戻りました。




同じくトヨタ自動車も




8日午後1時10分




発行済み株式総数の1.73%にあたる5000万株・3000億円を上限とする自社株買いを発表。




取得期間は5月15日から9月30日まで。




株価は、一時76円高の6900円を付けました




が、




週末10日には




株価は6537円と下げています。




自己株式を取得することによりマーケットに流通している株式を減らせば、




浮動株が減ります。一株当たりの価値が高まります。




そして需給が自社株買いの分だけタイトになりますから




売りの需要を減らすことができ、その結果、株価が上昇しやすいと言えます。




短期間にまとめて自社株買いを行えば別ですが(ソフトバンクは過去かなり短期で自社株買いをやっていました)




自社株買いの期間は半年程度にされていることが多いです。




例えば今回のトヨタの例で言えば

取得期間は5月15日から9月30日まで




5000万株・3000億円ということは一株6000円を




自社株買いの大まかな目安にしてるということです。




買いあがって




高値でいくらでも買うということではありません。




自社株買いを行うということは




自社の株が安値に放置されていて




企業としては買いやすいタイミングであるということ




そして




株価が割安になってるから




もっと株価を上げたいと思っている




という市場へのメッセージでもあります。




投資家がそれを評価して買い上げていくことで




株価が上昇することがあります。




冷静に見ると




企業の自社株買いそのものは、




株価を上昇させるというよりは株価の下支えの効果と言えます。




今日のポイント ↓








YOU TUBE

こちらから登録ください
    ↓















◆routeway公式LINE@




LINEに登録すると




2000万円を稼ぎ出した トレードシステムを無料プレゼント しています




・・・・・と言ったら、




と次々とクレームが来ているいわくつきのシステムを無料プレゼント




これは どう検証しても利益にはなります。




なぜならアービトラージ 鞘取りとは そういうものだからです。




LINEに登録すると無料システム検証してみて下さい




こちらから今すぐLINEに登録する↓




     ↓
https://line.me/R/ti/p/%40rgc0058y

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です