今日のオープニングトレード、ポイント3月16日、大幅売り越し続く

これからは

一転世界中で規制強化に動き出した

仮想通貨にこだわらないこと!!

アービトラージシステムを

無料ダウンロードで

こちらから試してみて下さい。

http://asm303.com/r/c/CcJQ/DxWb/3RyPG/

仮想通貨ではないです。

内藤さんの店で

対談してきました。

       ↓
http://asm303.com/r/c/CcJc/DxWb/3RyPG/

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/CcJG/DxWb/3RyPG/

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

寄付き 買い

+250円で利確  -180円でロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

21570円買い

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+20円・・・・21630円売り

● 日経平均は 21803円 26円高

東証1部の出来高は11億7,463万株、売買代金は2兆2,350億円

トランプ政権の通商、外交政策への懸念でドルが売られ、

ドル円で105円台突入の円高で

日経平均も一時221円安まで下落したがNYダウ先物の上昇で切り返しました。

FOMC会合を来週に控え、NY市場では

ドルのショートポジションを解消する動きがみられドルが買い戻されています。

ロシアによる2016年の米大統領選への介入疑惑を捜査するモラー連邦特別検察官が

トランプ大統領の一族が経営する会社に

文書の提出を求める召喚状を送ったと報じられたことで

NY株式市場はダレました。

昨日発表の

投資主体別売買動向では現物株を

2018年3月第1週 2018/3 week1 ( 3/5 – 3/9 )に

海外投資家(外人)は引き続き

3754億円の大幅売り越しです。

個人の買い越し額は713億円と

外人売りに対しては

少なくなってきました。

1月第1週の4851億円の日本株大幅買い越しから

大幅売り越し転換している外人ですが

2月の外人の売買動向は現物株で

1兆1424億円の大幅売り越しです。

その分個人が

1兆2482億円

買い越していました。

外人売り場面で買っている

個人投資家

個人は7週連続で日本株を買い越し、

7週連続の買い越し累計買越額は1兆3700億円越えです。

外人と個人はいつも反対の動きをします。

日経平均は

2月27日の戻り高値22502円から

3月5日の安値20937円までの

半値戻し波動21719円を

12日に越えてきました。

この次は2月27日高値 22502円を越えてこれるかに注目となります。

2018年末までのアメリカ10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
(すでに下落しました)

今度は

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

現在アメリカ10年債は2.8%台でもみ合いとなっています。

日本株は変化日から下落

引き続き調整場面です。

日本株のバリューは割安で

配当利回り=10年国債利回りとなる水準まで

株式が上昇するとすれば

日経3万円から4万円の計算が成り立ちますが

日本株のショートに着手したという

世界最大のヘッジファンドブリッジウォーター・アソシエーツは

イタリアの銀行など欧州大手企業株の空売りポジションも2兆3400億円積み上げています。

不安材料としては

下記にずっと書いているように

外人が大幅売り越しに転じていることと

(過去の例でいうと外人が大幅売り越しに転じると日経は下げるのですが

昨年秋以降下げずにようやく下げました)

円高懸念が浮上していることです。

日本企業の来期の会社計画の対ドル前提レートが

105円程度なら、微増益にとどまる可能性もあり

●堅調な経済指標が続き地合いは好調で

さらに上値を試す展開が予想されます。

しかし、急激な円高でその前提が崩れれば

調整は少し深くなるかもしれません。●

これ以上の金融緩和はあり得ない日銀は

ドル安に対して打つ手がありません。

日銀が年内に緩和縮小に向けて動き出した場合

円高に一気に動くリスクは高まります。

今年の注目はFRB,ECBが舵を切った緩和縮小に

日銀がいつついて行くかです。

逆に言うと

それまでは市場のコンセンサスは

「市場は強い」・・・でした。

しかし、ここしばらくの相場では

日銀の金融緩和、米国金利高が

ドル高、円安に繋がらない動きになっています。

現物株の

2013年の年間外人買い越し額は

15兆3766億円という大きな金額で

アベノミクス第一幕を牽引しましたが

2014年は1兆902億円の買い越し

2015年は1215億円の買い越しと

買い越し額は激減しています。

そしてアメリカだけの売買動向をみれば

2013年の大幅買い越しから

14年、15年とも大幅売り越しに転じていました。

そして

2016年に日本株を3兆6887億円売り越した外人でしたが

2017年 年間トータルでは現物2市場(東証名証)で

7532億円の

買い越し基調に戻っています。

2018年は

1月第1週の4851億円の大幅買い越しから

大幅売り越し転換しています。

2月も

1兆1424億円の大幅売り越しでした。

個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。

変化日 2月28日、3月14日

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

●今日の日経先物

日経先物は  21650円

上限 21680円、21770円
下限 21570円、21450円

というスタンスで見ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225

3月16日

21800
21770
21700
21680
21570
21500
21450

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かな仲間となる

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
伊藤

【公式メディア】

◆routeway公式LINE@登録↓ (登録者限定で特別情報公開中)

http://asm303.com/r/c/CcJu/DxWb/3RyPG/

◆ ブログ
http://asm303.com/r/c/CcJH/DxWb/3RyPG/

◆ HP
http://asm303.com/r/c/CcJ1/DxWb/3RyPG/

◆ メルマガ
新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/CcJ3/DxWb/3RyPG/

あくまで情報の提供が目的であり、内容には充分注意していますが、
内容の正確さが保証されたものではなく、投資を勧めるものでもありません。
投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【無料プレゼント】今日のオープニングトレード、ポイント、3月14日、オウンゴール

中高年限定のシステムを

無料ダウンロード

千万トレーダーになる・・・・・

こちらから試してみて下さい。

http://asm303.com/r/c/CQmf/D2Vb/3RyPG/

アービトラージシステムを

無料ダウンロードで

こちらから試してみて下さい。

http://asm303.com/r/c/CQmm/D2Vb/3RyPG/

内藤さんの店で

対談してきました。

       ↓
http://asm303.com/r/c/CQm0/D2Vb/3RyPG/

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

私も申し込んだICO案件

Wowbit・・・WWB・・・

盛り上がってきました!!

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/CQmP/D2Vb/3RyPG/

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

寄付き 買い

+250円で利確  -180円でロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

21670円売り

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+20円・・・・21630円売り

● 日経平均は 21968円 144円高

東証1部の出来高は12億2,152万株、売買代金は2兆3,364億円

NYダウ反落で日経平均も反落し始まったものの

円高一服で上昇し高値引けとなりました。

森友学園文書書き換えの影響は無しという相場でした。

アメリカでは

トランプ米大統領がティラーソン国務長官を解任し、

後任にポンペオCIA長官を指名したことでドルが下落しました。

NYダウは171ドル下げて25007ドルとなっています。

「森友学園」スキャンダルと言われる中で

円の上昇を見込む投資家も多くドル円100円目標という人もいます

麻生財務相の辞任に発展すれば日本株への打撃は大きいと見ます。

そこへ興味深い記事が下記ありました。

http://asm303.com/r/c/CQmr/D2Vb/3RyPG/

要するに

財務省が、学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる決裁文書の書き換えを認めたことで、

国民の財務省への信頼が失墜し、財務省が進めたくて仕方ない消費税増税の流れが

変わるのではないかという見方です。

財政再建に向けて確実な増税を求めてきた財務省の失態が

来年10月に実施予定だった消費税率10%への引き上げ実施に影を落とすということです。

国民の負担が膨らむ“不人気”政策の消費税増税を進めることは

この状況では難しくなる。

財務省は自らの過ちで3度目の増税延期を受け入れなければならないかもしれない・・。

「森友学園」スキャンダルを政権が乗り切れば

消費増税再延期の道筋も見えて来ます。

これは経済と目先の株価にとっては好ましいことになります。

日経平均は

2月27日の戻り高値22502円から

3月5日の安値20937円までの

半値戻し波動21719円を

12日に越えてきました。

この次は2月27日高値 22502円を越えてこれるかに注目となります。

1月第1週の4851億円の日本株大幅買い越しから

大幅売り越し転換している外人ですが

2月も

外人の日本株売りは継続しています

2月の外人の売買動向は現物株で

1兆1424億円の大幅売り越しです。

そして

現物株と先物を合わせると

1月第2週からで

約7兆円売り越しとなっています。

約4.9兆円積みあがっている

先物の売り越しを買戻しに動くのか、

2013年以降買い越した現物株15兆円のポジションの売りが続くのか

アメリカ市場の動きに左右されます。

2月の外人の売買動向は

1兆1424億円の大幅売り越し

その分個人が

1兆2482億円

買い越しています。

外人売り場面で買っている

個人投資家

個人は6週連続で日本株を買い越し、

外人が6446億円売り越した週は

7458億円の買い越しで

ブラックマンデーのあった1987年10月3週の 6505億円を上回り

過去最大の買い越しとなっています。

6週連続の買い越し累計買越額は1兆3000億円越えです。

外人と個人はいつも反対の動きをします。

2018年末までのアメリカ10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
(すでに下落しました)

今度は

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

しかし、

抵抗ラインの2.94%を突破したことで

今週中に10年債利回りが3%を試す可能性はあると見られています。

アメリカ10年債3%水準は2013年以来となります。

日本株は変化日から下落

引き続き調整場面です。

日本株のバリューは割安で

配当利回り=10年国債利回りとなる水準まで

株式が上昇するとすれば

日経3万円から4万円の計算が成り立ちますが

日本株のショートに着手したという

世界最大のヘッジファンドブリッジウォーター・アソシエーツは

イタリアの銀行など欧州大手企業株の空売りポジションも2兆3400億円積み上げています。

不安材料としては

下記にずっと書いているように

外人が大幅売り越しに転じていることと

(過去の例でいうと外人が大幅売り越しに転じると日経は下げるのですが

昨年秋以降下げずにようやく下げました)

円高懸念が浮上していることです。

日本企業の来期の会社計画の対ドル前提レートが

105円程度なら、微増益にとどまる可能性もあり

●堅調な経済指標が続き地合いは好調で

さらに上値を試す展開が予想されます。

しかし、急激な円高でその前提が崩れれば

調整は少し深くなるかもしれません。●

これ以上の金融緩和はあり得ない日銀は

ドル安に対して打つ手がありません。

日銀が年内に緩和縮小に向けて動き出した場合

円高に一気に動くリスクは高まります。

今年の注目はFRB,ECBが舵を切った緩和縮小に

日銀がいつついて行くかです。

逆に言うと

それまでは市場のコンセンサスは

「市場は強い」・・・でした。

しかし、ここしばらくの相場では

日銀の金融緩和、米国金利高が

ドル高、円安に繋がらない動きになっています。

現物株の

2013年の年間外人買い越し額は

15兆3766億円という大きな金額で

アベノミクス第一幕を牽引しましたが

2014年は1兆902億円の買い越し

2015年は1215億円の買い越しと

買い越し額は激減しています。

そしてアメリカだけの売買動向をみれば

2013年の大幅買い越しから

14年、15年とも大幅売り越しに転じていました。

そして

2016年に日本株を3兆6887億円売り越した外人でしたが

2017年 年間トータルでは現物2市場(東証名証)で

7532億円の

買い越し基調に戻っています。

2018年は

1月第1週の4851億円の大幅買い越しから

大幅売り越し転換しています。

個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。

変化日 2月28日、3月14日

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

●今日の日経先物

日経先物は  21575円

上限 21670円、21770円
下限 21500円、21400円

というスタンスで見ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225

3月14日

21930
21800
21770
21700
21670
21550
21500
21400

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かな仲間となる

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
伊藤

【公式メディア】

◆routeway公式LINE@登録↓ (登録者限定で特別情報公開中)

http://asm303.com/r/c/CQmI/D2Vb/3RyPG/

◆ ブログ
http://asm303.com/r/c/CQmz/D2Vb/3RyPG/

◆ HP
http://asm303.com/r/c/CQmL/D2Vb/3RyPG/

◆ メルマガ
新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/CQma/D2Vb/3RyPG/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント3月13日、安倍政権の危機に繋がれば下がるが

アービトラージシステムを

無料ダウンロードで

こちらから試してみて下さい。

http://asm303.com/r/c/CQTK/D2hg/WJhFg/

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/CQTB/D2hg/WJhFg/

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

寄付き 買い

+250円で利確  -180円でロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

21630円売り

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+0円・・・・21480円買い・・・・・21500円まで

● 日経平均は 21824円 354円高

東証1部の出来高は12億5,360万株、売買代金は2兆3,973億円

週末の米国株高で日経平均は500円超挙げて21971円までありましたが

財務省が決裁文書を書き換えた問題等で少し上げ幅は縮まりました。

日経平均は

2月27日の戻り高値22502円から

3月5日の安値20937円までの

半値戻し波動は21719円

3月6日には高値21551円までで

半値戻しの21719円で

叩かれましたが

昨日12日はようやく

半値戻し21719円を越えてきました。

次は2月27日高値 22502円を越えてこれるかです。

アメリカ株式相場は下落しています。

週末発表された雇用統計を好感して上昇して始まりましたが

輸入関税を巡る不透明感が重くのしかかっています。

米消費者物価指数の発表も見たいと様子見姿勢です。

1月第1週の4851億円の日本株大幅買い越しから

大幅売り越し転換している外人ですが

2月も

外人の日本株売りは継続しています

2月の外人の売買動向は現物株で

1兆1424億円の大幅売り越しです。

そして

現物株と先物を合わせると

1月第2週からで

約7兆円売り越しとなっています。

約4.9兆円積みあがっている

先物の売り越しを買戻しに動くのか、

2013年以降買い越した現物株15兆円のポジションの売りが続くのか

アメリカ市場の動きに左右されます。

2月の外人の売買動向は

1兆1424億円の大幅売り越し

その分個人が

1兆2482億円

買い越しています。

外人売り場面で買っている

個人投資家

個人は6週連続で日本株を買い越し、

外人が6446億円売り越した週は

7458億円の買い越しで

ブラックマンデーのあった1987年10月3週の 6505億円を上回り

過去最大の買い越しとなっています。

6週連続の買い越し累計買越額は1兆3000億円越えです。

外人と個人はいつも反対の動きをします。

2018年末までのアメリカ10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
(すでに下落しました)

今度は

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

しかし、

抵抗ラインの2.94%を突破したことで

今週中に10年債利回りが3%を試す可能性はあると見られています。

アメリカ10年債3%水準は2013年以来となります。

日本株は変化日から下落

引き続き調整場面です。

日本株のバリューは割安で

配当利回り=10年国債利回りとなる水準まで

株式が上昇するとすれば

日経3万円から4万円の計算が成り立ちますが

日本株のショートに着手したという

世界最大のヘッジファンドブリッジウォーター・アソシエーツは

イタリアの銀行など欧州大手企業株の空売りポジションも2兆3400億円積み上げています。

不安材料としては

下記にずっと書いているように

外人が大幅売り越しに転じていることと

(過去の例でいうと外人が大幅売り越しに転じると日経は下げるのですが

昨年秋以降下げずにようやく下げました)

円高懸念が浮上していることです。

日本企業の来期の会社計画の対ドル前提レートが

105円程度なら、微増益にとどまる可能性もあり

●堅調な経済指標が続き地合いは好調で

さらに上値を試す展開が予想されます。

しかし、急激な円高でその前提が崩れれば

調整は少し深くなるかもしれません。●

これ以上の金融緩和はあり得ない日銀は

ドル安に対して打つ手がありません。

日銀が年内に緩和縮小に向けて動き出した場合

円高に一気に動くリスクは高まります。

今年の注目はFRB,ECBが舵を切った緩和縮小に

日銀がいつついて行くかです。

逆に言うと

それまでは市場のコンセンサスは

「市場は強い」・・・でした。

しかし、ここしばらくの相場では

日銀の金融緩和、米国金利高が

ドル高、円安に繋がらない動きになっています。

現物株の

2013年の年間外人買い越し額は

15兆3766億円という大きな金額で

アベノミクス第一幕を牽引しましたが

2014年は1兆902億円の買い越し

2015年は1215億円の買い越しと

買い越し額は激減しています。

そしてアメリカだけの売買動向をみれば

2013年の大幅買い越しから

14年、15年とも大幅売り越しに転じていました。

そして

2016年に日本株を3兆6887億円売り越した外人でしたが

2017年 年間トータルでは現物2市場(東証名証)で

7532億円の

買い越し基調に戻っています。

2018年は

1月第1週の4851億円の大幅買い越しから

大幅売り越し転換しています。

個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。

変化日 2月28日、3月14日

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

●今日の日経先物

日経先物は  21575円

上限 21630円、21700円
下限 21480円、21400円

というスタンスで見ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225

3月13日

21930
21800
21750
21700
21630
21550
21480
21400

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かな仲間となる

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
伊藤

【公式メディア】

◆routeway公式LINE@登録↓ (登録者限定で特別情報公開中)

http://asm303.com/r/c/CQTM/D2hg/WJhFg/

◆ ブログ
http://asm303.com/r/c/CQTV/D2hg/WJhFg/

◆ HP
http://asm303.com/r/c/CQTZ/D2hg/WJhFg/

◆ メルマガ
新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/CQT2/D2hg/WJhFg/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント、3月9日、大幅売り越し

アービトラージシステムを

無料ダウンロードで

こちらから試してみて下さい。

http://asm303.com/r/c/CUfK/DVi1/8y9gO/

「億リ人」そして

「億リ人」になれなかった

「出億れ人」

億り人から普通の人に戻った

「戻り人」

今度は

「上がり人」
  ↓
http://asm303.com/r/c/CUfB/DVi1/8y9gO/

仮想通貨は終わっていない
  ↓
http://asm303.com/r/c/CUfB/DVi1/8y9gO/

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/CUfM/DVi1/8y9gO/

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

寄付き 買い

+250円で利確  -180円でロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

21280円買い

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

-40円・・・・21380円買い

● 日経平均は 21368円 115円高

東証1部の出来高は12億2,576万株、売買代金は2兆5,017億円

米大統領報道官が輸入関税について、

カナダとメキシコに例外措置を設ける可能性があると発言

しかし、中国の1-2月の対米貿易黒字35%増など

アメリカに強硬姿勢をとらせる材料も懸念されました。

トランプ米大統領はカナダとメキシコへの適用を除外し

鉄鋼とアルミニウムに輸入関税を課す文書に署名しました。

同盟国に関しても国家安全保障に基づき除外する可能性は残しています。

ECB理事会では

必要なら債券買い入れ規模を拡大するとの従来の方針を撤回しました。

量的緩和の解除に向買っていますが

必要なら9月以降も2兆5500億ユーロの債券買い入れプログラム延長もあり得るとも言っています。

さてメジャーSQを迎えます。

そして、日銀会合、黒田総裁の話、米雇用統計

先月は米雇用統計からNYダウの暴落が始まりましたから

特に今回は注目されています。

1月第1週の4851億円の日本株大幅買い越しから

大幅売り越し転換している外人ですが

2月に入っても

外人の日本株売りは継続しています

2018年2月第4週 2018/2 week4 ( 2/26 – 3/2 )も

3484億円の売り越しとなっています。

2月の外人の売買動向は

1兆1424億円の大幅売り越し

その分個人が

1兆2482億円

買い越しています。

外人売り場面で買っている

個人投資家

個人は6週連続で日本株を買い越し、

外人が6446億円売り越した週は

7458億円の買い越しで

ブラックマンデーのあった1987年10月3週の 6505億円を上回り

過去最大の買い越しとなっています。

6週連続の買い越し累計買越額は1兆3000億円越えです。

外人と個人はいつも反対の動きをします。

日経平均は3月5日に

変化日としていた2月14日の直近安値

20950円を一時割り込み

20937円まで突っ込みましたが

ここから2番底として反発するのか

再び安値を探りに来るのか

分かれ目です。

一旦反発して付けた

2月27日の戻り高値22502円から

3月5日の安値20937円までの

半値戻し波動は21719円

これに対して

3月6日は高値21551円までありました。

小さな波動の21719円を越えて行けば

3月5日の安値20937円を

2番底として反発する可能性が高まります

一方

21719円で叩かれれば

安値模索に入る可能性が高まる

分かれ目です。

2018年末までのアメリカ10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
(すでに下落しました)

今度は

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

しかし、

抵抗ラインの2.94%を突破したことで

今週中に10年債利回りが3%を試す可能性はあると見られています。

アメリカ10年債3%水準は2013年以来となります。

日本株は変化日から下落

引き続き調整場面です。

日本株のバリューは割安で

配当利回り=10年国債利回りとなる水準まで

株式が上昇するとすれば

日経3万円から4万円の計算が成り立ちますが

日本株のショートに着手したという

世界最大のヘッジファンドブリッジウォーター・アソシエーツは

イタリアの銀行など欧州大手企業株の空売りポジションも2兆3400億円積み上げています。

不安材料としては

下記にずっと書いているように

外人が大幅売り越しに転じていることと

(過去の例でいうと外人が大幅売り越しに転じると日経は下げるのですが

昨年秋以降下げずにようやく下げました)

円高懸念が浮上していることです。

日本企業の来期の会社計画の対ドル前提レートが

105円程度なら、微増益にとどまる可能性もあり

●堅調な経済指標が続き地合いは好調で

さらに上値を試す展開が予想されます。

しかし、急激な円高でその前提が崩れれば

調整は少し深くなるかもしれません。●

これ以上の金融緩和はあり得ない日銀は

ドル安に対して打つ手がありません。

日銀が年内に緩和縮小に向けて動き出した場合

円高に一気に動くリスクは高まります。

今年の注目はFRB,ECBが舵を切った緩和縮小に

日銀がいつついて行くかです。

逆に言うと

それまでは市場のコンセンサスは

「市場は強い」・・・でした。

しかし、ここしばらくの相場では

日銀の金融緩和、米国金利高が

ドル高、円安に繋がらない動きになっています。

現物株の

2013年の年間外人買い越し額は

15兆3766億円という大きな金額で

アベノミクス第一幕を牽引しましたが

2014年は1兆902億円の買い越し

2015年は1215億円の買い越しと

買い越し額は激減しています。

そしてアメリカだけの売買動向をみれば

2013年の大幅買い越しから

14年、15年とも大幅売り越しに転じていました。

そして

2016年に日本株を3兆6887億円売り越した外人でしたが

2017年 年間トータルでは現物2市場(東証名証)で

7532億円の

買い越し基調に戻っています。

2018年は

1月第1週の4851億円の大幅買い越しから

大幅売り越し転換しています。

個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。

変化日 2月28日、3月14日

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

●今日の日経先物

日経先物は  21460円

上限 21550円、21700円
下限 21280円、21220円

というスタンスで見ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225

3月9日

21700
21630
21550
21430
21380
21280
21220

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かな仲間となる

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント、3月8日、去年までの上げ相場が

アービトラージシステムを

無料ダウンロードで

ここから試してみて下さい。

http://asm303.com/r/c/CUnr/DVoA/3RyPG/

賢い投資家の仮想通貨との付き合い方
     ↓

http://asm303.com/r/c/CUnI/DVoA/3RyPG/

ハイパーインフレに備える
     ↓

http://asm303.com/r/c/CUnz/DVoA/3RyPG/

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/CUnL/DVoA/3RyPG/

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

寄付き 買い

+250円で利確  -180円でロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

21380円買い

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+0円・・・・21500円売り…21490円まで

● 日経平均は21252円 165円安

東証1部の出来高は14億6,744万株、売買代金は2兆7,361億円

トランプ大統領が打ち出した関税に反対していた国家経済会議委員長が

辞任する等、貿易戦争進展にたいする警戒が続いています。

トランプ米大統領は中国に対しての

鉄鋼とアルミニウム輸入関税措置を承認するため

週内にも大統領告示に署名するようです。

EUはトランプ米大統領が鉄鋼とアルミニウムの

輸入関税賦課を強行すれば欧州側は「強い」対応を取ると警告しています。

貿易戦争の可能性で米経済の先行きが不透明になってきましたので

年内に3回と見られていた

アメリカの利上げが何回行われるのか見極めが難しくなってきています。

日経平均は3月5日に

変化日としていた2月14日の直近安値

20950円を一時割り込み

20937円まで突っ込みましたが

ここから2番底として反発するのか

再び安値を探りに来るのか

分かれ目です。

一旦反発して付けた

2月27日の戻り高値22502円から

3月5日の安値20937円までの

半値戻し波動は21719円

これに対して

3月6日は高値21551円までありました。

小さな波動の21719円を越えて行けば

3月5日の安値20937円を

2番底として反発する可能性が高まります

一方

21719円で叩かれれば

安値模索に入る可能性が高まる

分かれ目です。

【公式メディア】

◆routeway公式LINE@登録↓ (登録者限定で特別情報公開中)

http://asm303.com/r/c/CUna/DVoA/3RyPG/

◆ ブログ
http://asm303.com/r/c/CUnv/DVoA/3RyPG/

◆ HP
http://asm303.com/r/c/CUnp/DVoA/3RyPG/

◆ メルマガ
新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/CUnk/DVoA/3RyPG/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント3月6日、二番底は

アービトラージシステムを

無料ダウンロードで

試してみて下さい。

http://asm303.com/r/c/CNzY/DMzw/8y9gO/

起動後1クリックのシステム立ち上げのみで
1人当たり年間2,400万円の収益を
完全保証するシステムの日本上陸キャンペーン
  ↓
http://asm303.com/r/c/CNzT/DMzw/8y9gO/

中国の富裕層発「ProfitGeyser」が
Wintech with All Asia監修で日本初上陸
       ↓
http://asm303.com/r/c/CNzT/DMzw/8y9gO/

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/CNz4/DMzw/8y9gO/

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

寄付き 買い

+250円で利確  -180円でロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

21300円買い

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+20円・・・21000円買い

+0円・・・・21200円売り

● 日経平均は21042円 139円安

東証1部の出来高は15億1,045万株、売買代金は2兆7,617億円

貿易戦争へのリスクが警戒され、日経は一時 21000円割れまでありました。

2月14日の安値20950円を割り込み

20937円まであって引けは

21000円台で終わっています。

米国の輸入関税による貿易量減少懸念で鉄鋼株や非鉄株、海運株

半導体関連、素材産業、不動産株まで売られました。

トランプ大統領が先週

鉄鋼輸入品に対し25%、アルミニウム製品に10%

関税を課す方針を翌週に発表すると表明していましたが

ライアン米下院議長が関税を賦課する計画に反対を表明し、

この計画を進めないようホワイトハウスに強く求めていると述べたことから

貿易戦争の懸念が後退しNYダウとドルは上昇しました。

ただトランプ大統領は、計画を取り下げる意向はないと明言しています。

変化日としていた2月14日の直近安値

20950円を一時割り込みましたが

ここから2番底として反発するのか

再び安値を探りに来るのか

分かれ目です。

2018年末までのアメリカ10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
(すでに下落しました)

今度は

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

しかし、

抵抗ラインの2.94%を突破したことで

今週中に10年債利回りが3%を試す可能性はあると見られています。

アメリカ10年債3%水準は2013年以来となります。

日本株は変化日から下落

引き続き調整場面です。

外人売りは

衰えていません

2018年2月第3週 2018/2 week3 ( 2/19 – 2/23 )

の主体別売買動向では

外人が日本株現物(東証、名証)を

1132億円の売り越していて

1月第1週の4851億円の日本株大幅買い越しから

大幅売り越し転換している外人ですが

大幅売り越し転換した後の

現物株売りは

1兆円を軽く超えてきました。

不安材料として書いていましたが

外人が大幅売り越しになれば

やはり下げてきます。

1月第1週の4851億円の日本株大幅買い越しから

大幅売り越し転換している外人ですが

大幅売り越し転換した後の

現物株売りは

1兆円越えとなっていますが

2月に入っても

外人の日本株売りは継続しています

2018年2月第1週 2018/2 week1 ( 2/5 – 2/9 )の外人の

日本株(2市場現物)売りはなんと

6446億円となっています。

そして第2週は

362億円の売り越しと

勢いは治まったように見えますが

2018年2月第3週 2018/2 week3 ( 2/19 – 2/23 )

の主体別売買動向では

外人が日本株現物(東証、名証)を

1132億円の売り越し

この動きは注視しておかないといけないです。

一方この外人売り場面で買っているのは

個人投資家です。

個人は5週連続で日本株を買い越し、

2月第3週の買越額は815億円。

外人が6446億円売り越した週は

7458億円とブラックマンデーのあった1987年10月3週の 6505億円を上回り

過去最大の買い越しとなっています。

5週連続の買い越し累計買越額は1兆円越えです。

外人と個人はいつも反対の動きをします。

どちらの結果が正しいか。

日本株のバリューは割安で

配当利回り=10年国債利回りとなる水準まで

株式が上昇するとすれば

日経3万円から4万円の計算が成り立ちますが

日本株のショートに着手したという

世界最大のヘッジファンドブリッジウォーター・アソシエーツは

イタリアの銀行など欧州大手企業株の空売りポジションも2兆3400億円積み上げています。

不安材料としては

下記にずっと書いているように

外人が大幅売り越しに転じていることと

(過去の例でいうと外人が大幅売り越しに転じると日経は下げるのですが

昨年秋以降下げずにようやく下げました)

円高懸念が浮上していることです。

日本企業の来期の会社計画の対ドル前提レートが

105円程度なら、微増益にとどまる可能性もあり

●堅調な経済指標が続き地合いは好調で

さらに上値を試す展開が予想されます。

しかし、急激な円高でその前提が崩れれば

調整は少し深くなるかもしれません。●

これ以上の金融緩和はあり得ない日銀は

ドル安に対して打つ手がありません。

日銀が年内に緩和縮小に向けて動き出した場合

円高に一気に動くリスクは高まります。

今年の注目はFRB,ECBが舵を切った緩和縮小に

日銀がいつついて行くかです。

逆に言うと

それまでは市場のコンセンサスは

「市場は強い」・・・でした。

しかし、ここしばらくの相場では

日銀の金融緩和、米国金利高が

ドル高、円安に繋がらない動きになっています。

現物株の

2013年の年間外人買い越し額は

15兆3766億円という大きな金額で

アベノミクス第一幕を牽引しましたが

2014年は1兆902億円の買い越し

2015年は1215億円の買い越しと

買い越し額は激減しています。

そしてアメリカだけの売買動向をみれば

2013年の大幅買い越しから

14年、15年とも大幅売り越しに転じていました。

そして

2016年に日本株を3兆6887億円売り越した外人でしたが

2017年 年間トータルでは現物2市場(東証名証)で

7532億円の

買い越し基調に戻っています。

2018年は

1月第1週の4851億円の大幅買い越しから

大幅売り越し転換しています。

個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。

変化日 2月28日、3月14日

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

●今日の日経先物

日経先物は  21420円

上限 21480円、21630円
下限 21300円、21100円

というスタンスで見ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225

3月6日

21630
21480
21450
21380
21300
21180
21100

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かな仲間となる

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
伊藤

【公式メディア】

◆routeway公式LINE@登録↓ (登録者限定で特別情報公開中)

http://asm303.com/r/c/CNzq/DMzw/8y9gO/

◆ ブログ
http://asm303.com/r/c/CNzD/DMzw/8y9gO/

◆ HP
http://asm303.com/r/c/CNzO/DMzw/8y9gO/

◆ メルマガ
新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/CNzE/DMzw/8y9gO/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント3月5日、どこまで下げれば買いか

アービトラージシステムを

お試し無料ダウンロード

http://asm303.com/r/c/CN4y/DMwJ/84Uvq/

タダでもらえる仮想通貨

上場確定ICO

エアドロップ無料配布中

貰ってから

http://asm303.com/r/c/CN4Q/DMwJ/84Uvq/

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/CN4c/DMwJ/84Uvq/

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

寄付き 買い

+250円で利確  -180円でロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

21000円買い

21200円売り

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+0円・・・21370円売り

● 日経平均は21181円 542円安

東証1部の出来高は16億100万株、売買代金は3兆253億円

トランプ米大統領が鉄鋼とアルミの輸入制限発動方針を表明し

貿易戦争突入の不安感から東証は全面安となりました。

日経平均は一時21088円(635円安)まで下落しました。

変化日としていた2月14日の直近安値

20950円を割り込のか

2番底として反発するのかの分かれ目です。

黒田日銀総裁が2%の物価目標の達成を前提に

2019年度頃に出口を検討するのは間違いないと発言したことで

新発10年物国債利回りは一時0.08%と約1カ月ぶり水準に急騰し

ドル円105円台前半と1年ぶりの水準となりました。

2018年末までのアメリカ10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
(すでに下落しました)

今度は

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

しかし、

抵抗ラインの2.94%を突破したことで

今週中に10年債利回りが3%を試す可能性はあると見られています。

アメリカ10年債3%水準は2013年以来となります。

日本株は変化日から下落に加速がついていて

引き続き調整場面です。

外人売りは

衰えていません

2018年2月第3週 2018/2 week3 ( 2/19 – 2/23 )

の主体別売買動向では

外人が日本株現物(東証、名証)を

1132億円の売り越していて

1月第1週の4851億円の日本株大幅買い越しから

大幅売り越し転換している外人ですが

大幅売り越し転換した後の

現物株売りは

1兆円を軽く超えてきました。

不安材料として書いていましたが

外人が大幅売り越しになれば

やはり下げてきます。

1月第1週の4851億円の日本株大幅買い越しから

大幅売り越し転換している外人ですが

大幅売り越し転換した後の

現物株売りは

1兆円越えとなっていますが

2月に入っても

外人の日本株売りは継続しています

2018年2月第1週 2018/2 week1 ( 2/5 – 2/9 )の外人の

日本株(2市場現物)売りはなんと

6446億円となっています。

そして第2週は

362億円の売り越しと

勢いは治まったように見えますが

2018年2月第3週 2018/2 week3 ( 2/19 – 2/23 )

の主体別売買動向では

外人が日本株現物(東証、名証)を

1132億円の売り越し

この動きは注視しておかないといけないです。

一方この外人売り場面で買っているのは

個人投資家です。

個人は5週連続で日本株を買い越し、

2月第3週の買越額は815億円。

外人が6446億円売り越した週は

7458億円とブラックマンデーのあった1987年10月3週の 6505億円を上回り

過去最大の買い越しとなっています。

5週連続の買い越し累計買越額は1兆円越えです。

外人と個人はいつも反対の動きをします。

どちらの結果が正しいか。

日本株のバリューは割安で

配当利回り=10年国債利回りとなる水準まで

株式が上昇するとすれば

日経3万円から4万円の計算が成り立ちますが

日本株のショートに着手したという

世界最大のヘッジファンドブリッジウォーター・アソシエーツは

イタリアの銀行など欧州大手企業株の空売りポジションも2兆3400億円積み上げています。

不安材料としては

下記にずっと書いているように

外人が大幅売り越しに転じていることと

(過去の例でいうと外人が大幅売り越しに転じると日経は下げるのですが

昨年秋以降下げずにようやく下げました)

円高懸念が浮上していることです。

日本企業の来期の会社計画の対ドル前提レートが

105円程度なら、微増益にとどまる可能性もあり

●堅調な経済指標が続き地合いは好調で

さらに上値を試す展開が予想されます。

しかし、急激な円高でその前提が崩れれば

調整は少し深くなるかもしれません。●

これ以上の金融緩和はあり得ない日銀は

ドル安に対して打つ手がありません。

日銀が年内に緩和縮小に向けて動き出した場合

円高に一気に動くリスクは高まります。

今年の注目はFRB,ECBが舵を切った緩和縮小に

日銀がいつついて行くかです。

逆に言うと

それまでは市場のコンセンサスは

「市場は強い」・・・でした。

しかし、ここしばらくの相場では

日銀の金融緩和、米国金利高が

ドル高、円安に繋がらない動きになっています。

現物株の

2013年の年間外人買い越し額は

15兆3766億円という大きな金額で

アベノミクス第一幕を牽引しましたが

2014年は1兆902億円の買い越し

2015年は1215億円の買い越しと

買い越し額は激減しています。

そしてアメリカだけの売買動向をみれば

2013年の大幅買い越しから

14年、15年とも大幅売り越しに転じていました。

そして

2016年に日本株を3兆6887億円売り越した外人でしたが

2017年 年間トータルでは現物2市場(東証名証)で

7532億円の

買い越し基調に戻っています。

2018年は

1月第1週の4851億円の大幅買い越しから

大幅売り越し転換しています。

個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。

変化日 2月28日、3月14日

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

●今日の日経先物

日経先物は  21125円

上限 21200円、21380円
下限 21000円、20900円

というスタンスで見ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225

3月5日

21450
21380
21280
21180
21050
21000
20900

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かな仲間となる

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
伊藤

【公式メディア】

◆routeway公式LINE@登録↓ (登録者限定で特別情報公開中)

http://asm303.com/r/c/CN4G/DMwJ/84Uvq/

◆ ブログ
http://asm303.com/r/c/CN4u/DMwJ/84Uvq/

◆ HP
http://asm303.com/r/c/CN4H/DMwJ/84Uvq/

◆ メルマガ
新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/CN41/DMwJ/84Uvq/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント3月1日、変化日跨ぎからの動き

アービトラージシステムを

お試し無料ダウンロード

http://asm303.com/r/c/CDLv/DBDu/84Uvq/

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/CDLk/DBDu/84Uvq/

草コインで

一発当てようという人が多いみたいですね。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

寄付き 買い

+250円で利確  -180円でロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

22000円売り

22100円売り

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

-40円・・・22270円売り、22330円売り

● 日経平均は22068円 321円安

東証1部の出来高は15億4,229万株、売買代金は2兆9,369億円

変化日に 日経平均は反落し安値引けとなりました。

パウエルFRB議長の議会証言が利上げに積極的と受け止められ

NYダウが反落しました。

また、日銀の国債買い入れオペ減額通知で

出口戦略を警戒されたことで円高に振れたこと

中国の2月の製造業購買担当者景気指数が50.3と1月の51.3から低下したこと

等が影響しました。

アメリカ2017年第4・四半期のGDP改定値は

年率換算で前期比2.5%増となりました。

17年通年のGDPは年率で2.3%増と、

前年の1.5%増から加速しています。

トランプ政権は経済成長を年率で3%としていますが

今年、3%に達すると

FRBは現在の見通しよりも利上げペースを上げる可能性があります。

金利上昇を巡る懸念が高まり

NYダウは25029.20ドル 380.83 ドル安

S&P500は

月間の下げ幅としては2016年1月以来の大きさとなりました。。

一昨日 27日に下記 書きました

;;;;;;;;;;;

しかし、日経は依然半値戻り水準22603円

(高値24129円から安値21078円までの)

まで戻っていません。

NYダウ26616ドル高値から安値23923ドルまでの半値は

25269ドル

これを上回ってきています。

昨日の引値は25709ドルです。

半値戻しを達成した後

ここからの動きが重要です。

簡単に調整がおわるのかということです。

:::::::::::::::

・・・・と書きましたが

まだ調整は終わっていないと言うことでしょう。

注目のパウエルFRB議長による初の議会証言は

FRBは段階的な利上げを実施する。

米経済およびインフレ加速の見通しの強まりで

今年の利上げ回数については

現在の予想である3回から増やす必要があるかどうか

検討する可能性がある。

と述べました。

これはFRBが一段とタカ派的になる可能性があると受け止められています。

つい数日前まで

金利上昇に対する投資家の懸念が後退し

経済成長を好感しながらも

インフレ率は緩やかに上昇し

インフレは急激に高まらない。

FRBが目標とする2%付近にとどまる。

と見ていたマーケットも反応して来ています。

日経平均は

変化日を跨ぎました。

次の変化日は
3月14日

2018年末までの10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
(すでに下落しました)

今度は

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

1月第1週の4851億円の日本株大幅買い越しから

大幅売り越し転換している外人ですが

大幅売り越し転換した後の

1月第5週までの現物株売りは

9563億円と

1兆円近い売り越しとなっていますが

2月に入っても

外人の日本株売りは継続しています

2018年2月第1週 2018/2 week1 ( 2/5 – 2/9 )の外人の

日本株(2市場現物)売りはなんと

6446億円となっています。

そして第2週は

362億円の売り越しと

勢いは治まったように見えますが

売り越し継続

前週の6446億円売り越しは大量です。

この動きは注視しておかないといけないです。

一方この外人売り場面で買っているのは

個人投資家です。

個人は4週連続で日本株を買い越し、

買越額は851億円。外人が6446億円売り越した週は

7458億円とブラックマンデーのあった1987年10月3週の 6505億円を上回り

過去最大の買い越しとなっています。

4週連続の買い越し累計買越額は1兆2859億円です。

外人と個人はいつも反対の動きをします。

どちらの結果が正しいか。

日本株のバリューは割安で

配当利回り=10年国債利回りとなる水準まで

株式が上昇するとすれば

日経3万円から4万円の計算が成り立ちますが

日本株のショートに着手したという

世界最大のヘッジファンドブリッジウォーター・アソシエーツは

イタリアの銀行など欧州大手企業株の空売りポジションも2兆3400億円積み上げています。

不安材料としては

下記にずっと書いているように

外人が大幅売り越しに転じていることと

(過去の例でいうと外人が大幅売り越しに転じると日経は下げるのですが

昨年秋以降下げずにようやく下げました)

円高懸念が浮上していることです。

日本企業の来期の会社計画の対ドル前提レートが

105円程度なら、微増益にとどまる可能性もあり

●堅調な経済指標が続き地合いは好調で

さらに上値を試す展開が予想されます。

しかし、急激な円高でその前提が崩れれば

調整は少し深くなるかもしれません。●

これ以上の金融緩和はあり得ない日銀は

ドル安に対して打つ手がありません。

日銀が年内に緩和縮小に向けて動き出した場合

円高に一気に動くリスクは高まります。

今年の注目はFRB,ECBが舵を切った緩和縮小に

日銀がいつついて行くかです。

逆に言うと

それまでは市場のコンセンサスは

「市場は強い」・・・でした。

しかし、ここしばらくの相場では

日銀の金融緩和、米国金利高が

ドル高、円安に繋がらない動きになっています。

現物株の

2013年の年間外人買い越し額は

15兆3766億円という大きな金額で

アベノミクス第一幕を牽引しましたが

2014年は1兆902億円の買い越し

2015年は1215億円の買い越しと

買い越し額は激減しています。

そしてアメリカだけの売買動向をみれば

2013年の大幅買い越しから

14年、15年とも大幅売り越しに転じていました。

そして

2016年に日本株を3兆6887億円売り越した外人でしたが

2017年 年間トータルでは現物2市場(東証名証)で

7532億円の

買い越し基調に戻っています。

2018年は

1月第1週の4851億円の大幅買い越しから

大幅売り越し転換しています。

個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。

変化日 2月28日、3月14日

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

●今日の日経先物

日経先物は  21910円

上限 22000円、22100円
下限 21800円、21750円

というスタンスで見ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225

3月1日

22100
22000
21930
21800
21750

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かな仲間となる

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

さいたま市中央区上落合2-3-2
MIO新都心
株式会社ルートウェイ
伊藤

【公式メディア】

◆routeway公式LINE@登録↓ (登録者限定で特別情報公開中)

http://asm303.com/r/c/CDLF/DBDu/84Uvq/

◆ ブログ
http://asm303.com/r/c/CDLX/DBDu/84Uvq/

◆ HP
http://asm303.com/r/c/CDLi/DBDu/84Uvq/

◆ メルマガ
新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/CDLd/DBDu/84Uvq/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日のオープニングトレード、ポイント2月27日、半値戻しをしても

こちらはアービトラージ

無料ツール

http://asm303.com/r/c/CquH/DKcn/ggivF/

◆routeway公式LINE@に登録されると

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

     ↓

http://asm303.com/r/c/Cqu1/DKcn/ggivF/
http://asm303.com/r/c/Cqu3/DKcn/ggivF/

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

寄付き 買い

+250円で利確  -180円でロスカット

● 日経225波動デイトレードポイント

22300円買い

22200円買い

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+ 0円・・・21930円買い

● 日経平均は22153円 260円高

東証1部の出来高は12億4,254万株、売買代金は2兆2,469億円

週末のNYダウが大幅続伸となり、

週明けの日経平均も続伸しました。

ドル円で円高となりましたが

NYダウの戻りに対して日経平均の戻りが遅いので

買われています。

しかし、日経は依然半値戻り水準22603円

(高値24129円から安値21078円までの)

まで戻っていません。

NYダウ26616ドル高値から安値23923ドルまでの半値は

25269ドル

これを上回ってきています。

昨日の引値は25709ドルです。

半値戻しを達成した後

ここからの動きが重要です。

簡単に調整がおわるのかということです。

先週一時2.95%に達した米国債利回りは

2.86%となっています。

金利の低下により、

金利上昇に対する投資家の懸念が後退して

経済成長に関心が向かっている状態ですが

インフレ率は緩やかに上昇し

インフレは急激に高まらない。

FRBが目標とする2%付近にとどまるとみられているようです。

利回り上昇には歯止めが掛かるとみられているようですが

どうなるかです。

このまま金利が上がらないとしたら

先週まで騒がれた金利上昇は一体何だったのかとなります。

今週はとにかく

27日のパウエルFRB新議長による議会証言が注目されます。

2018年末までの10年債利回りの基本シナリオを3.25%として

今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候があると言っていた

ゴールドマンですが、
(すでに下落しました)

今度は

2018年末までの10年債利回りが4.5%に達するような場合、

株価は20-25%下落するだろうと言っています。

その時は米経済は急激な減速となるが

景気後退には至らない。

引き続き本格的な弱気相場入りのリスクは小さいという見解です。

市場ではアメリカ10年債利回りが3.25%から3.5%までは

株式の上昇は持ちこたえられるだろうというコンセンサスです。

1月第1週の4851億円の日本株大幅買い越しから

大幅売り越し転換している外人ですが

大幅売り越し転換した後の

1月第5週までの現物株売りは

9563億円と

1兆円近い売り越しとなっていますが

2月に入っても

外人の日本株売りは継続しています

2018年2月第1週 2018/2 week1 ( 2/5 – 2/9 )の外人の

日本株(2市場現物)売りはなんと

6446億円となっています。

そして第2週は

362億円の売り越しと

勢いは治まったように見えますが

売り越し継続

前週の6446億円売り越しは大量です。

この動きは注視しておかないといけないです。

一方この外人売り場面で買っているのは

個人投資家です。

個人は4週連続で日本株を買い越し、

買越額は851億円。外人が6446億円売り越した週は

7458億円とブラックマンデーのあった1987年10月3週の 6505億円を上回り

過去最大の買い越しとなっています。

4週連続の買い越し累計買越額は1兆2859億円です。

外人と個人はいつも反対の動きをします。

どちらの結果が正しいか。

東証1部の出来高は13億4,948万株、売買代金は2兆5,902億円

米国株安が警戒され、

東京株式市場は下落しました。

NY市場は米国債利回りの低下を受けてNYダウとS&P500が3日ぶりに反発しています。

相変わらずドルは弱くドル円106円台の円高になっています。

NYダウ26616ドル高値から安値23923ドルまでの半値は

25269ドル

ザラバでは半値戻りを達成し引値ベースでも

ほぼ半値戻り水準を達成して叩かれています。

日経平均もビットコインも

直近高値から安値までの下げの

半値戻しができない状態です。

日本株のバリューは割安で

配当利回り=10年国債利回りとなる水準まで

株式が上昇するとすれば

日経3万円から4万円の計算が成り立ちますが

日本株のショートに着手したという

世界最大のヘッジファンドブリッジウォーター・アソシエーツは

イタリアの銀行など欧州大手企業株の空売りポジションも2兆3400億円積み上げています。

不安材料としては

下記にずっと書いているように

外人が大幅売り越しに転じていることと

(過去の例でいうと外人が大幅売り越しに転じると日経は下げるのですが

昨年秋以降下げずにようやく下げました)

円高懸念が浮上していることです。

日本企業の来期の会社計画の対ドル前提レートが

105円程度なら、微増益にとどまる可能性もあり

●堅調な経済指標が続き地合いは好調で

さらに上値を試す展開が予想されます。

しかし、急激な円高でその前提が崩れれば

調整は少し深くなるかもしれません。●

これ以上の金融緩和はあり得ない日銀は

ドル安に対して打つ手がありません。

日銀が年内に緩和縮小に向けて動き出した場合

円高に一気に動くリスクは高まります。

今年の注目はFRB,ECBが舵を切った緩和縮小に

日銀がいつついて行くかです。

逆に言うと

それまでは市場のコンセンサスは

「市場は強い」・・・でした。

しかし、ここしばらくの相場では

日銀の金融緩和、米国金利高が

ドル高、円安に繋がらない動きになっています。

現物株の

2013年の年間外人買い越し額は

15兆3766億円という大きな金額で

アベノミクス第一幕を牽引しましたが

2014年は1兆902億円の買い越し

2015年は1215億円の買い越しと

買い越し額は激減しています。

そしてアメリカだけの売買動向をみれば

2013年の大幅買い越しから

14年、15年とも大幅売り越しに転じていました。

そして

2016年に日本株を3兆6887億円売り越した外人でしたが

2017年 年間トータルでは現物2市場(東証名証)で

7532億円の

買い越し基調に戻っています。

2018年は

1月第1週の4851億円の大幅買い越しから

大幅売り越し転換しています。

個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。

変化日 2月28日、3月14日

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

●今日の日経先物

日経先物は  22415円

上限 22500円、22650円
下限 22300円、22200円

というスタンスで見ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225

2月27日

22800
22650
22500
22370
22200
22100
22000

本物、本質の手法だけを熱狂的に追求して

時間に縛られないトレードで

一緒に利益を上げていく

豊かな仲間となる

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

◆ ブログ
http://asm303.com/r/c/Cquw/DKcn/ggivF/

◆ HP
http://asm303.com/r/c/Cquj/DKcn/ggivF/

◆ メルマガ
新規登録またはアドレスの変更はこちらからお願いします
http://asm303.com/r/c/CquW/DKcn/ggivF/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

上場案件 ICO

高値から

半値八掛け二割引きの安値を付けて上昇してきた

ビットコインはまだ半値戻りを達成できていません。

今年の仮想通貨は

ICO一点張り

http://asm303.com/r/c/CT4i/D9lV/gq1u8/

ICOは、上場し、何倍、何十倍の価格をつける事でしょう

しかし、安易に、webなどで紹介された銘柄など

殆どが詐欺ですので、気をつけて下さいね。

また、皆んなが知り得るICO銘柄は、

あたり前ですが、儲けられる訳がありません。

真のICO銘柄は、特別な方にしか入らないのは事実です。

また、本物の銘柄で、人気のあるICO銘柄は、

クラウドセールで買おうとしても、一瞬でなくなり、

アクセスが混雑したまま、買えないのが現実です。

上場するICO案件でも

良い取引所に上場しなければ意味がありませんし

上場して取引が無ければ

これも意味がありません。

http://asm303.com/r/c/CT4i/D9lV/gq1u8/

カテゴリー: 未分類 | コメントする