日経225先物トレード7月31日 夏休みまえに

◆routeway公式LINE@

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

今後メルマガからLINE配信に切り替えていきますので

今後も配信希望の方はこちらから登録下さい。

https://line.me/R/ti/p/%40rgc0058y

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

● 日経225波動デイトレードポイント

日経平均が短期的に

上下に動く可能性がありますので

ポイントをブレイクしたら短期で狙うか

短期の動きには手を出さないか

どちらかのスタンンスで見ます

予定通り

下と上にブレイクしたところを

取れました

 

下へのブレイク

 

上へのブレイク

 

前日の結果

-40円・・・22540円買い

確実に利益を取れるように

ロジックと詳細の説明を

こちらから確認してから使ってみて下さい

寄り付き前にシステムを確認するのがより確実に

10円、20円が取る方法です。



https://1lejend.com/stepmail/k……?no=256143

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

-40円・・・22540円買い

 

● 日経平均は 22544円 167円安

東証1部の出来高は14億78万株、売買代金は2兆2,899億円

先週末の米国株安と今日まで開催される

日銀金融政策決定会合を控え、反落となりました。

今回の会合は久しぶりに

内容によっては日経平均が短期的に

上下に動く可能性がありますので要注意です。

ニューヨーク市場では、日銀が金融政策決定会合で

政策修正に動くのではないかとの観測から円高方向の動き。

現実に政策変更はないでしょうが

日銀はこれまでになかった月に3度という

指定した利回りで金額に制限を設けずに国債を買い入れる

指し値オペを実施しています。

これも様々な思惑を呼んでいます。

NY株式市場は引きつづきハイテク株が下落しています。

FRBが8月1日までFOMC

2日にはイングランド銀行が金融政策委員会

8月3日発表の7月の米雇用統計と変化日8月7日に向けて

夏休みまえの材料目白押しです。

ドル円は嵐の前の静けさか

動きが止まっていますが

トルコリラ等新興国通貨のボラティリティは上昇しています。

引き続き

ドル安円高場面でも日経が不自然に戻していますが

2015年チャイナショック前夜に酷似している

現在の状況には引き続き注意です。

次の変化日は8月5日前後です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です