今日のポイント7月4日

重要な日柄です。

 

● 日経225波動デイトレードポイント



http://asm303.com/r/stepmail/k……?no=256143

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+0円・・・22050円売り

● 日経平均は  21785円  26円安

東証1部の出来高は14億8,426万株、売買代金は2兆5,298億円

米国の対中制裁関税の発動を控え、上海株安が警戒され、

日経平均は一時、237円安まで売られました。

大引けは戻り切れないものの小幅安でした。

NYでドルは最近の上昇を受けた利益確定売りがでました。

ハイテク株が下げNTダウは24174.82ドルの  132.36ドル安

ナスダック、SP500も下げています

株式指数が前場に1%以上下げると後場から日銀が買っている指数連動ETFですが

ETFの総額は5月末で33兆3783億円でとなっており

過去1年間で39%増加したとのこと。

この分配金が7月10日前後にあり

ことしは4000億円前後の売り圧力があると言います。

日経は5月21日高値 23050円から4.3%押しがあって

変化日としていた5月30日を底に上昇してきましたから

この波動でこのまま23050円を引値で上抜けてくれば

日経買いとなりますが

6月12日、13日と抜けずに引けて

時間が経過してきました。

日経買いの条件とすれば 直近で抜き返すことが必要となりますが

難しくなってきています。

逆に5月30日安値22018円を割り込んで引けると

下落波動に転換します・・・・・・

と書いていましたが

5月30日安値22018円を割り込んで引けました。

あとは目先反発があったとしてもどこまで下がるかです。

先週外人が売り転換したことも書きました。

一旦は下がりそうな日経・・・

一旦下げるならこの程度では済まないと思います・・・・・

とも書きました。

どこまであるかと書きましたが

均衡表雲の下限は21595円です。

少なくとも雲の下限までは意識されるのではないかと書きました。

そして先日は想定の雲の下限を割りこみ

一時21574円まであり、引けはもどして

雲の下限をキープ。

ここまでは想定の通りですが

ここからです。

変化日7月5日が近づいています

(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)

反発となるか

または下落に加速がつくのか

重要な日柄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です