今日のオープニングトレード6月29日 外人がまた

タイムトレード225

sigma (先日再公開)

ともに昨日もキチンと取れてます。

日経225波動デイトレードポイント&上記システム詳細

https://1lejend.com/stepmail/k……?no=256143

::::::::::::::::::::::::::::::::::

日経225オープ二ングトレード

● 今日のトレードシステムサインは

NEW   寄り付き  サインなし

DREAM    売り  利確 190円幅   ロスカット140円幅

● 日経225波動デイトレードポイント



https://1lejend.com/stepmail/k……?no=256143

22200円買い

ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。

前日の結果

+20円・・・22240円売り

● 日経平均は  22270円 1円安

東証1部の出来高は14億40万株、売買代金は2兆3,501億円

米国株反落で売られたが、22,000円を割り込まず

底堅さからの買い戻しが入り、前日終値水準まで戻しました。

ソニーが年初来高値を更新しています。

一時は凋落の老舗が完全復活しています。

昨日発表の

投資主体別売買動向では

2018年6月第3週 2018/6 week3  ( 6/18 – 6/22 )

海外投資家は日本株現物を

先週までの小幅買い越しから

4306億の売り越しと

大幅売り転換しています。

また先物は(日経)海外投資家は

1597億円の売り越し

前週の大幅買い越し4241億円から

こちらも

大幅売り転換です。

5月月間では海外投資家は現物株を

7412億円売り越しとなっていますので

6月からは若干買い越しに転じていましたが

売り転換です。

米第1・四半期のGDP確報値は、

年率換算で前期比2.0%増と改定値の2.2%増から下方改定されました。

個人消費が約5年ぶりの弱い伸びで在庫投資も予想より軟調。

減税政策で第2・四半期に入ってから経済活動は勢いを取り戻しているようですが

貿易摩擦の影響が次には出てきます。

NYダウはさすがに反発してます

ニューヨーク原油先物市場WTIは3日続伸で

73.45ドル。2014年11月以来の高値です。

ゴールドマンは米10年債利回りを今年末時点で3.25%と予想していましたが

昨年11月に2.36%だった頃から鉄板トレードとして米10年債を売り推薦していました。

10年債利回りは見事に5月に3.12%に到達したことで

売っていれば大きな利益となりました。

現在10年債は2.85%前後ですが

水準が適正になったので今度は売り手じまいと言っています。

つまりゴールドマンはこれ以上目先は米金利が上がらない

ドルも上昇余地が小さいとみているということでしょう。

日経は5月21日高値 23050円から4.3%押しがあって

変化日としていた5月30日を底に上昇してきましたから

この波動でこのまま23050円を引値で上抜けてくれば

日経買いとなりますが

6月12日、13日と抜けずに引けて

時間が経過してきました。

日経買いの条件とすれば 直近で抜き返すことが必要となりますが

難しくなってきています。

逆に5月30日安値22018円を割り込んで引けると

下落波動に転換します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です