FXデイトレード プロ計画






FXトレード で勝つと決めてから1年経過 2018年10月にスタート





理由・・・・日経先物、アービトラージ、OP、株式投資をやってきたが、これらの投資は手堅く継続中。一方では爆発的な利益を上げる投資手法も身に付けたい。マーケットで最小資金から始めて 短期間で大きな利益を上げているトレーダーは例外なくFXトレードをやっている。それならFXを外すことはできない。今からでもFXをやろうと決めた





1、重要な経済指標の発表時間を避けて想定外の動きに巻き込まれないようにする



2、ポジションを翌日、翌週に持ち越さない。保有するリスクを避けてデイトレに徹する。1日のうちにポジションはクローズする



3、目先の動きに惑わされないでトレンドを取るため大きな時間軸に乗る。大きな時間軸4H足の方向に逆らわない



4、なるべく4H足の動き初めについて行く。今からトレンドが続きそうなところ。レンジを抜けたところ、レジスタンス、サポートが切り替わるところ



5、4H足の流れで1H足でも乗る。日足の波動にも注意、わかりやすい波動だけに乗る



6、目先の動きに惑わされないため、エントリーと同時にロスカット、利確ポイントを設定する。後は放置でも構わないつもりで、利確ポイント、ロスカットポイントを決めてから行く。しかし、時間帯や流れによっては利確ポイントは変更。



7、1日、1回か2回か0回のトレード。勝っても負けても1日2回以上トレードしない。堅いポイントだけ行く。数時間ごとにポイントをチェック、来そうな時だけ行く



8、4H足の波動で強い通貨、弱い通貨を見る。強い通貨を買って、弱い通貨を売れるポイントが来たら行く。



9、動く時間帯に動く通貨を行く。利確ポイントまで届かなくても、動く時間帯を過ぎたら利確。動かない時間帯に利確ポイントにこだわってポジションを持ち続けない



10、設定したロスカットポイントまで届かなくても4H足の方向が変化したら一旦ロスカット



11、玉追加、ロスカット、利確について決めたことを躊躇なくやる。決めたことをその通りに行ったかどうかだけに焦点を合わせる。



12、1回目のトレードで勝ったら終わる。1回目のトレードで決めたことを行わなかったら負けても終わる。



13、FXで勝った資金を溶かさないために、勝った資金を何に投資するのか、誰のために何の目的でやっているのかを常に意識する。目的のために無駄なトレード、無謀なトレード、優位性の無いトレードはするべきでないことを常に意識する。



14、マーケットで確実なのは何が起こるかわからないことだけ。ここまで伸びる、ここで止まると思ってもこだわらない。何が起きても対応できるシナリオでエントリーする。まずは、ここで利確、ロスカット予定。でもこうなったらこうする・・。エントリーしたら決めたことを行うことに意識する






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です