日経225 デイトレード 必勝ポイント 日銀どうする


● 日経225波動デイトレードポイント




前日の結果




FRBが30─31日のFOMCで、25ポイントの利下げに踏み切るとの見方ですが




ドルが2カ月ぶり高値近辺で




英国が合意無きEU離脱するリスクの高まりで




更にポンド安




2年4カ月ぶり安値を更新です。




波乱が波及するか。




緩和姿勢強化のFRB,ECBに対して




日本銀行は30日の金融政策決定会合後に政策運営方針を発表




打ち手はほとんどなく




政策金利のフォワードガイダンスの延長程度だろうと見られています




効果は疑問ですがそうなれば市場はどう評価するか




日経は




昨日 21650円を




起点に下値を固めて




前回高値21800円を超えられるかどうか




と見ます




としていましたが




下げからの下値切り上げで




ナイトセッションでは




21630円まで戻してきました。




21650円をきれいに抜ければ




ここからの動きで前回高値21800円




を目指しそうなチャート形です。




21600円買いポイントと見ます




と見ます




としていましたが




21650円を抜けて




21800円目標で上げましたが




21770円まででした




一方 下値は




21600円とはいかず




21630円まででした




    ↓
オプション戦略公開 こちらから登録できます
https://1lejend.com/stepmail/k……?no=481387











    ↓

オプション戦略公開 こちらから登録できます

https://1lejend.com/stepmail/k……?no=481387















::::::::::::::::::::::::::::::::::::




今日のポイント




NY株式市場は小幅安




トランプ大統領が中国が通商協議を巡り




1期目の任期が終わるまで時間稼ぎをしないよう警告したことで




2020年11月の米大統領選でトランプ大統領再選となれば、




貿易戦争はさらに厳しいと受け止められました。




米中貿易戦争で影響を受けるハイテク株が値下がり。




JPモルガンンは




FRBの金融緩和政策について




マーケットが行き過ぎている




もし思った以上の緩和が無ければ




マーケットが逆に反応するだろうと言っています。




日銀金融政策決定会合では




現行の長短金利操作イールドカーブ・コントロール付き




量的・質的金融緩和政策の継続を賛成多数で決定




注億の




政策金利のフォワードガイダンスは




当分の間、少なくとも2020年春頃まで、




現在の極めて低い長短金利の水準を維持することを想定していると変更なし。




FRB、ECBをはじめ世界の中央銀行が緩和政策に




舵を切る中




日銀に残されているカードはわずかで




しかも効果は疑問視されています。




物価上昇の勢いが失速する場合には




「ちゅうちょなく、追加的な金融緩和措置を講じる」




と言うのが精一杯でした。




日経は











これは どう検証しても利益にはなります。




なぜならアービトラージ 鞘取りとは そういうものだからです。




LINEに登録すると無料システム検証してみて下さい




こちらから今すぐLINEに登録する↓




     ↓
http://nav.cx/foX4EeF




YOU TUBE

こちらから登録ください




    ↓













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です