日経225先物 デイトレード チャート 必勝法 12月26日 下値めどはここ


 




日経平均株価が1000円超下落




2017年9月15日以来1年3カ月ぶりの2万円割れ。




日足的には




19580円あたりまでの下げも想定される




波動です。




としていましたが




それを下回る下げとなっています




日経平均株価が直近高値から2割超下落していますが




主要株価指数が2割を超えて下落すると




いずれも弱気相場入りと言われています。




日経もTOPIXも




この弱気相場に入ったということです。




こういう時にこそ使えるのがこのシステム







先着120名




こちらから今すぐLINEに登録する↓




     ↓
https://line.me/R/ti/p/%40rgc0058y



















ドル円は110円の円高




アメリカクリスマス休暇の日本市場の引け味は悪く




今年年初から来年はバブル崩壊だと行っていましたが




既に今年のうちにバブル崩壊が始まったのかという感じです。




N波動的には19000円は下げの目標株価でした。




もしもアベノミクスからの上昇がバブルだとしたら




それが弾けるのは日経10000円割れですが




その半分が弾けたとしたら




16250円あたりでしょうか。




PERから行けば




いくら何でも売られすぎとなります。




下げる相場でも戻り、反発はあるので




それを捉えながら




その反発の強さを見て次の下げがあるとすれば




対応して行くスタンスです。




◆routeway公式LINE@




LINEに登録すると




2000万円を稼ぎ出した トレードシステムを無料プレゼント しています




・・・・・と言ったら、




「そんなものがあったら貧乏なトレーダーはいないはずだ」

とクレームが来たいわくつきのシステムを無料プレゼント




先着120名




こちらから今すぐLINEに登録する↓




     ↓

https://line.me/R/ti/p/%40rgc0058y




::::::::::::::::::::::::::::::::::




● 日経225波動デイトレードポイント




前日の結果




日経は19580円まで下げると書いてきましたが




CMEではその




とおりとなっていますが19250円まで突っ込みました




1時間足で下ひげを何度か付けて来ていて




オーバーシュートで一旦は戻すのか




戻りもなく下げが続くのか。




市場参加者が少ない中




一方的な展開も考慮しながら




ついて行くことになります。




戻り売りポイントを見るなら




19870円




19570円




と見ます。




としていましたが




戻り無しで




一方的な展開となりました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です