日経225先物トレード 8月20日 窮地に直面

◆routeway公式LINE@

限定で特別情報をお届けします。

無料情報です

今後メルマガからLINE配信に切り替えていきますので

今後も配信希望の方はこちらから登録下さい。

     ↓

http://asm303.com/r/c/YBDZ/OjsD/5zyLR/

::::::::::::::::::::::::::::::::::

● 日経225波動デイトレードポイント

SIGMAシステムとタイムトレード225を組み合わせて

エントリーのタイミングと

レジスタンスライン

サポートラインを明確にして

トレードに安心感

今日のトレードポイントは

 

目先のドル円の弱さに比較して

日経は戻りが大きいので

ドル円が戻らなければ

目先日経は下方向の可能性が強いと見えますが

前回話したように

22350円レジスタンスラインに4回目のチャレンジとなりました。

何度もチャレンジしているうちに抜けてくる可能性が高まるので

ここで反発狙いの売りを仕掛けるとしたら

小幅の利確

そしてサポートラインの22100円も決して固くないので

押し目買いも小幅狙い

22160円買い

22100円買い

22350円売り

22100円から22350円のレンジを

想定しつつもレンジを離れることも

考慮していくというスタンスで見ます。

前日の結果

22130円買い

21450円売り

としていましたが

日中は小幅の値動きで

売買ポイントまで

上下ともに届かずでした。

この手法では

寄り付き前にシステムを確認するのが

最善です。

ザラバチャートに張り付くのではなくて

あくまで寄り付き前の状況だけで

判断してトレード完結する手法ですから

相場を見ながらついて行く

相場を見てどうこうするということは

排除しています。

   ↓

http://225daytrade.com/archives/916

※注

SIGMAシステムの場合は

相場を見て追いかけることが可能です。

確実に利益を取れるように

ロジックと詳細の説明を

確認してから使って下さい

https://1lejend.com/stepmail/k……?no=256143

● 日経平均は 22270円 78円高

東証1部の出来高は11億1,629万株、売買代金は1兆8,455億円

米中通商協議が8月22・23日に開催と報じられ

米国株が反発したものの上海株への買いは続かなかったことで

日経平均は大幅上昇とはなりませんでした。

米中通商協議再開の報道と米国株の上昇を背景

ドル円は海外時間には一時111円12銭までドル高・円安が進んだものの

再び110円台半ばです。

今後米国の金利高と通貨高に直撃される新興国や企業は長期資金の借り換え等

かつて経験したような窮地に直面します。

2018年8月第2週 2018/8 week2 ( 8/6 – 8/10 )

の海外投資家の日本株売買動向は

347億売り越しです

2018年8月第1週 2018/8 week1 ( 7/30 – 8/3 )

の672億売り越しに続いています

6月末から買い越し基調に変化していましたが

2018年8月第1週 2018/8 week1 ( 7/30 – 8/3 )から

売り越しに転じました。

ECBによるマイナス金利脱却が2019年末以降に始まり

(ECB理事会では量的緩和を

今年9月以降は月間150億ユーロに縮小し、

年内に終了する方針を決定しました。)

日銀は長期国債を年間残高増加額を約80兆円を「めど」に

買い入れを行っていると言いつつ

既に増加額は48兆円しかありません。

緩和からの出口に向かう姿勢は

新興国からの資金引き揚げを招き、新興国通貨への逆風は続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です